最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【83話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は83をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...



 

83話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • グッドスカイ

「グッドスカイ学長!直接お会いできて光栄です」

イライジャは⼒強いお辞儀をします。

「⼊ってください、グッドスカイ学長。イライジャ、そこにいると邪魔だよ」

私は机から椅⼦を引き出し、監督がソファに座れるように動いた。

「私の事は 『シンシア』と呼ぶように」

シンシアはソファに座り、丸くなっているシルビーを見つけます。

「あなたのマナビーストは、私たちが最後に会った時から⾒た⽬が⼤きく変わったのね。興味深いわ」

シンシアはシルビーを抱きしめようとしましたが、彼⼥はアーサーの頭の上に飛び乗りました。

「ははは、以前と同じように恥ずかしがり屋です」

「うーん・・・不思議ね。あなたの中は⾵と地の属性マナしか感じないわね」

私はシンシアの質問に答えるために、ブレスレットの効果を説明した。

「なるほど・・・。本当は私の⼩さな弟⼦としてあなたを誇⽰して回ることを望んでいましたが、デュアルエレメンタルオーグメンターでも十分に稀な存在よ。期待しているわ」

彼⼥は柔らかい声で言います。

「今は厄介な貴族に目を付けられているので」

「ええ、冒険者ノートと冒険者ルーカス・ワイクスの間の事件に関する報告を読みました。私は彼の家族に対してある程度の権限を持っていますが、彼らは裏で何をしてくるか分かりません」

「⼤丈夫、緊急の問題だとは思いません。彼はついでで、いつか終わらせようと思っているので。私はあなたに別の事をお願いしたいのです」

「話してください」

「より⾼いレベルのマナ理論の授業を受講したいです」

「うーん・・・それほど難しいことではありませんが、アーサーは、この学園に参加して仲間と仲良くなる予定だったのでは?」

「通常の授業に加えて、これらの追加の授業を受講しても問題ありません。早くマナ操作について学びたくて」

「よろしい。上位クラスの魔術師を観察する許可も与えます」

 



 

  • アーサーとテシアの関係

「分かりました・・・。それで僕には何をして欲しいのですか?」

「アーサー、私はがっかりしました!あなたの成長の為にしたかっただけなのに!」

シンシアは本当に気分を害したかのように、誇張して胸の上に⼿を置いた。

けれど、それが演技だと言うことは丸わかりです。

「⽣徒会に参加しろなんて、馬鹿げた事は言わないですよね?」

「冷静なアーサー・レイウィンがそこまで拒むとは思いませんでした。エラリス王女は特別な相手だと思っていましたが?」

「待ってください、それはどういう意味だ、アート?」

シンシアは私に話しても良いかどうかを目線で訴えてきたので、頭を縦に振った。

「あなたの親友は、私たちの素敵な⽣徒会会⻑の幼なじみです」

彼女の表情は、まるで10代の若者がゴシップを話しているかのようになりました。

イライジャの顔には、ショックから裏切り、嫉妬まで、さまざまな感情が混ざり合っているのが⾒えた。

「どうやって?いつ?何で?」

混乱するイライジャを無視して、私はシンシアに尋ねます。

「けれど、どうやって知ったのですか?」

「ははは、ビリオン・エラリスは私の古い知⼈です。私は彼に興奮して、私の学園が数年以内に才能のある四⼤精霊の魔道⼠を受け取るだろうと自慢しました。けれど、テシアが私に最初に言ったセリフを知っていますか?」

彼女が笑いを抑えようとしているのが分かるが、そのセリフは分かりません。

「アーサー・レイウィンはいつこの学校に通い始めるのですか?」

シンシアはテスの声真似をして言います。

「あなたの最初の師匠が私では無いことに、私は幾分裏切られたように感じます」

彼⼥はふくれっ⾯になる。

イライジャはまるで人生が終わったかのように、何も話さなかった。

「テシアはあなたを⾮常に⾼く評価しています、アーサー。彼⼥が私の下で訓練を続けることが出来る理由は。アーサー、あなたに追いつきたいという彼⼥の願望のためでしょう」

そんな事とは知らずに、さっきテスに酷いことを言ってしまった。

「すぐに彼⼥と仲直りするでしょう?彼⼥が訓練している間、弟⼦が落ち込んでいるのを⾒たくありません」

シンシアは続ける前に私に優しく微笑んだ。



 

  • 懲戒委員会

「私があなたに望んでいるのは、⽣徒会に参加することではなく。今年から始まる委員会の一員になることです。懲戒委員会へ」

「え〜とさっきのお願いは忘れてください。図書館の本で勉強します」

「マナ理論に関する本は、下級⽣にはアクセス出来ません」

彼⼥は冷静に私の計画に反論した。

「より広い基準で選ばれる⽣徒会のメンバーとは異なり、懲戒委員会は厳密に強さに基づいています。責任は⽣徒会ほどではなく、懲戒委員会に入る事はあなたの為にもなると思うわ」

「懲戒委員会のメンバーは⼒に基づいていると仰いましたが・・・」

「ルーカス・ワイクスは、懲戒委員会には参加しません」

あまり仕事を増やすと、自主訓練の時間が・・・。

そう言えば、場所はどうしようか?

シンシアは私の⼼を読んだかのように、最後の追い込みをかけた。

「侵⼊を⼼配する必要のないプライベートトレーニング施設へのアクセスも提供しますよ」

全体的に考えてみると、アーサーへの不利益は特に見つかりません。

「分かったよ、懲戒委員会の⼀員になることに同意します」

アーサーがそう言うことを予想していたのか、シンシアは既に準備は終わっていると言います。

前世の経験を足しても、彼らには敵わないな・・・。

「問題が解決したので、私は休暇を取ります!私の愛するテシアと出来るだけ早く仲直りしてください」

グッドスカイ学長が去るとすぐに、イライジャが私をじっと⾒下ろす。

彼の表情は悪魔の表情に似ています。

「説明を」

グッドスカイ学長との交渉も無事に終わり、後はテシアとの仲直りですね。

グッドスカイは思っていたよりも、ユーモアのある女性として描かれていて意外です。

案の定、イライジャにもバレてしまう事に・・・汗。

彼もクールなキャラで女子生徒から人気が出そうな気もしますが、アーサーが横にいると霞んでしまいますよね( ;  ; )

果たしてアーサーは彼の質問から逃げ切る事が出来るのでしょうか?

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【82話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は82話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【84話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は84話...

 

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...