最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【85話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は85をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...



 

85話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 魔法を唱えたのは?

ブドウの⽊がジャックを完全に包むのにほんの数秒しかかかりませんでした。

ブドウの木は更にジャックを締め付け、彼の顔を醜い紫の⾊合いに変えます。

ほとんどの⼈が混乱していましたが、チャールズだけは何が起こっているのかを正確に知っているようで、彼はすぐ騒ぎの中心から逃げ出した。

イライジャも驚き、魔法を発動した人物を探しますが見当たりません。

私は静かに腕を上げ、⼿のひらをブドウの⽊に置きました。

[Torrent]

私はジャックを窒息させていたブドウの⽊から解放したが、その過程で、彼の服も細かく切り刻まれ、裸のまま彼は倒れました。

食堂から逃げ出そうとするチャールズに、私は懲戒委員のナイフに風のマナを込めて投げます。

制服にナイフが刺さり壁に固定されたチャールズは、逃げ出すことに失敗しました。

「一体、何だ!?」

チャールズを放置して、私はそのまま食堂を出ます。

「ママだ!」

シルビーが私の頭の上から⾶び上がった。

シルビーが⼤声で話しているのを無視して、無数の星に照らされた夜空を⾒上げます。

「私が呪⽂を中断しなければ、彼を殺すつもりだったでしょう?」

数メートル離れたところで、馴染みのある声が反応しました。

「あなたが中断するつもりだったのは分かってた」

「それなのに、今朝のあなたは私を止めたよね?」

私はニヤリと笑った。

「・・・」

彼⼥の沈黙によって、私はすでに彼⼥がどんな問題を抱えているか想像することが出来た。

「ええと・・・」

私はぎこちなく咳をする。

私たちの間の沈黙は永遠のように感じました。

彼⼥はちらっと私を⾒上げて、背中の後ろで⼿をいじりながら顔を⾒せた。

「「ごめんなさ・・・、痛ぁ!!」」

同時に謝罪しようとして、お互いに頭突きをしてしまった。

ズキズキする頭をこすりながら、私は笑わずにはいられなかった。

「頭蓋⾻のひび割れが聞こえたと思ったよ」

「うるさい」

幼なじみの顔が⾒えるようにしゃがんだ。

「テス。泣いてるの?」

からかい過ぎただろうか?

「痛いからよ・・・」

そう言って、彼女は視線を逸らします。

「そんなに痛かった?」

頭が彼⼥に当たった場所を優しく撫でながら、声を和らげます。

「ええ!とても痛かった!」

彼⼥は私の⼿を叩き、私の胸に顔を埋め、泣きだした。

「私はあなたが私を憎んでいると思った・・・」

彼女が何を言っているのか分からない。

「君に腹を立てる事はあるかもしれないけど、憎むなんてことはあり得ないよ」

「私もあなたに憎まれたくない!!」

「ごめんね。そんな⾵に君を怒らせるべきではなかった」

私は突然、テスを他⼈のように扱っていないことに気づいた。

家族やイライジャを除いて、ほとんどの⼈に腹を⽴てる理由は感じませんが、私が本心から言えるのはテスだけでしょう。

アーサーの輪郭だけを⾒たイライジャは、私に向かって⾛ってきた。

テスがまだ私と抱き合っていることに気づき、非常に気まずかった。

「僕は先に寮に戻っているね・・・」

転びそうになりながらも、彼は去って行きました。

「はは。テス、もう⼿を離した方が良いと思う」

彼⼥の顔が真っ⾚になるのを⾒て私は微笑んだ。

「え・・・ええ、そうね」

幼なじみが変わっていない事に、そっと笑わずにはいられません。

「少し散歩しない?」

シルビーが彼⼥の腕の中に⾶び込んだ。

「久しぶりです、ママ!」

 



 

  • SIDE:テシア

彼はあんな歩き方だったかしら?

落ち着きながらも、少し遊び心のある目・・・、あんな眼差しだった?

なぜ私は彼に惹かれるのだろうか?

彼は単なる男友達!

かなり才能があり、かなり礼儀正しく、少し⾒栄えの良い男の⼦。以上!

無意識のうちにため息を吐きました。

「大丈夫?」

彼が⼼配して私を⾒ます。

彼の優しい声が私の背⾻を下って⾏く。

「い、いいえ!大丈夫よ、はは!!」

顔が再び⾚くなるのを感じたので、気を散らすものとしてシルビーを撫でました。

最後に会ってから4年近く経ちました。

私たちはここ数年、何をしていたかについて話し始めました。

冒険家としての彼の時間は本当にエキサイティングでしたが、彼がずっとジャスミンという名前の⼥の⼦と⼀緒にいたことに少しがっかり。

「ぷふ!!」

「な、何よ!?」

「話をしている間、君が⾒せてくれる様々な表情を楽しんでいるだけ」

私は彼の⽬をちらりと⾒て、再び⾚くなった。

なんて馬鹿げているのでしょう。

話し続けると、少し緊張が弱まりました。

おじいちゃんとのトレーニングについて少し話しましたが、シンシアおばあちゃんが私の先⽣だった頃にもっと焦点を当てました。

「君は彼⼥を 『おばあちゃん』と呼んでいるのですか?」

「私が唯⼀の弟⼦で、⼦供がいなかったので、彼⼥にそう呼ぶように⾔われたの」

「なるほどね・・・」

私は、植物属性の魔法を改善するのがいかに難しいかについて説明しました。

エルフの間でさえ、植物の魔法が得意な⼈はほとんどいません。

「それで、君は植物と⾵の⼆重の専⾨家になったんだね?やっぱり凄いな、テスは」

色々な⼈物から褒められることは多いけれど、彼からの褒め⾔葉が一番嬉しい!!

「グッドスカイ学長が君に教えているのは理に叶っているよね」

寮の前に着くと、⽴ち⽌まる時間が欲しかった。

なぜ寮は⾷堂の近くに建てられているの?学校の反対側にあるべきよ・・・。

「⼆⼈とも寝ないとね。明⽇は⼤事な⽇だしね」

彼が私の頭を撫でる。

私を⼦供のように扱っているように感じさせなければ、私はそれをもっと楽しんでいたでしょう。

「そうだね。懲戒委員会のメンバーおめでとう、アート」

「ありがとう」

彼が寮に向かい始めて、私は彼の背中を⾒つめた。

「忘れるところだった!!」

彼は私の⼿を取り、ポケットから私の⼿のひらに何かを置きました。

「多分役に立つと思うから!」

彼は私の⼿を離して、寮に戻る前に私に遊び⼼のあるウインクをくれました。

彼は私に彼に感謝する機会さえ与えなかった。

「不思議な色・・・」

やがて私はその正体に気づく。

「こ、これって・・・!」



 

  • 月の女神

「パパ、機嫌が良いね。ママと仲直りしたから?」

シルビーが私をからかう。

「シルビー、彼女をママって呼ぶのは止めなさい」

夜も遅いので、眠っているかもしれないイライジャを起こさないように扉を開けます。

しかし、彼が⾜を組んで⽬を充血して座っているのを⾒て、私は叫びそうになった。

「えーと・・・、まだ起きていたんだね・・・」

私はぎこちなく⼿を振った。

「ええ、私は起きていました」

彼はあごを使って私のベッドを指さし、私に座るように合図した。

「はぁ・・・」

質問の弾幕に、私はため息をついた。

質問が終わったのは朝のほぼ4時。

シルビーが数時間前に眠りに落ちていた間、私たち2⼈は⾁体的にも精神的にも疲れていました。

「君が彼⼥を抱きしめたなんて信じられない・・・」

「私は彼⼥が5歳の時から彼⼥を知ってる。それくらいの挨拶は変じゃないよ」

「君が去った後、植物魔法を使うことができたのは彼⼥だけだから、何⼈かの学⽣は生徒会長の仕業だと疑ってた。学⽣が彼⼥を何て呼んでるか知ってる?」

「へ〜、何て呼んでるの?」

「一つ目は、アンタッチャブル・プリンセス」

「アンタッチャブル?何で?彼⼥は誰よりも強いから?」

私の質問を無視して、彼は⾔った。

「二つ目、⽉の⼥神」

「え?なぜ⽉の⼥神?」

「彼⼥は⽉のようだからさ、アート。⽉はとても近くに⾒えるので掴むことが出来ると錯覚しますが、いくら試しても決して触れません。しかし、君は⽉に触れました!⽉を抱きしめました!」

そう叫んで、イライジャはベッドに戻った。

「もう寝よう」

「起きろ!」

懲戒委員会のメンバーとしての地位を表す肩紐を締め終えて、私はイライジャを叩き起こした。

「ぐえっ!!」

イライジャがすぐに目を覚まします。

「こんな風に起こされるのが嫌いな理由が分かったよ・・・」

「私は先に出発するので、急いで準備をしてください。また後で」

講堂内の⼩さな待合室で懲戒委員会の他のメンバー全員と正式に会うことになっ
ていたので、彼らがどんな⼈なのか少しワクワクした。

予想通り、魔法を唱えたのはテシアでしたね♪

もう少し時間がかかると思っていましたが、二人が仲直りしてくれて本当に良かったです。

普段の学校生活では感情を出さない彼女が、どう変化していくのか楽しみですね。

テシアの嫉妬を期待しています笑。

イライジャは入学初日から災難ですね汗。

次回の懲戒委員会のメンバー登場も楽しみです^_^

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【84話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は84話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【86話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は86話...

 

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...