最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【87話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は87をまとめました。

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...



 

87話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • オーグメンターとコンジュラー

「ねえ、彼は懲戒役員の⼀⼈じゃない?名前はアーサーだったよね?」

「1年生なのに、彼はどのようにして懲戒委員会に⼊ることが出来たのでしょうか?コネ?」

「バカ。たとえ彼がコネを持っていたとしても、懲戒委員会のメンバーは強い必要があると聞いています」

「彼はちょっと可愛いよね」

「ええ、彼は完全に私のタイプです」

「彼の頭上にいる⽩いキツネはとても愛らしいです!」

教室の後ろに座っている私の耳に、絶え間ない囁き声が聞こえてうんざりします。

イライジャは皮肉な笑いを浮かべながら楽しんでいました。

しばらくすると、一人の教授が教室に入ってきました。

「私の名前はアビウス。皆さんにお会いできて光栄です」

授業が始まると、イライジャは眼鏡を調整し、すぐに新しいノートとペンを取り出しました。

私はただ前かがみになり、あごを⼿に置く。

彼の議題は、オーグメンターとコンジュラーについて。

世間ではコンジュラーはオーグメンターよりも優れていると言われています。

けれど、アビウス教授はマナステージがシルバーに到達すると、コンジュラーの有利生は皆無に等しいと説明した。

シンシア学長の理念は、二つの能力者の差別を無くす事だと、彼は言いました。

「互いの長所を吸収して更なる強さを得ることが、真の強者となり得るのです」

イライジャは、教授が説明したことをほぼ⼀⾔⼀句書き留めた。

巨⼤な鐘が鳴ったので、教授は議論を締めくくり、私たちは次の授業の準備をしました。

「じゃあ昼食で会いましょう」

次は別々の授業だったので、私とイライジャは一度解散した。

次の授業に向かう途中で、マナビーストを従えている学生が多いことに気づく。

けれど、それらは全てランクの低いマナビーストだった。

 



 

  • キャサリン・グレイダー

次の授業に到着すると、部屋のレイアウトが⾮常に異なっていることに気づきました。

ミニチュアのアリーナのような形をしており、中央はバリアフィールドに包まれて、座席の列がその周りを囲っています。

私は適当な場所に座る。

「パパ、お腹が空いた」とシルビーは私の上で不平を⾔った。

「僕もさ。何かを捕まえに行って来たらどう?」

シルビーはうなずいて、驚くスピードで⾛り去りました。

⾷べ物に関しては、彼女は驚くほど速かった。

数分後、多くの学⽣が部屋を埋め始めました。

ほとんどが1年生でしたが、2年生の姿も見えます。

「ここに座ってもいいですか?」

私は頭を向けて、側に⽴っている懲戒委員会の制服を着たキャサリンを⾒つけました。

「ええ、どうぞ」

隣の席に置いていたバッグを、彼⼥が座れるように移動する。

彼⼥の表情は変わりませんが、少しお辞儀をして、着席する前にスカートを洗練された⽅法で慎重にまっすぐにしました。

その後、フェイリスも私の空いている隣の席に座る。

「少し遅いですが、おはようございます!」

皆の注意を引くために、鎧を着た男が手を叩きます。

教授というよりは下級の冒険家のように⾒えましたが、マナコアレベルを調べると、薄⻩⾊のステージであることに驚きました。

「私の名前はガイストです。ようこそ、紳⼠淑⼥。そして懲戒委員役員を歓迎します」

彼の授業は実践を学ぶ事でした。

「私を含め、誰もが新しく形成された懲戒委員会がどのようなレベルの能⼒を持っているかについて興味を持っていると思います」

目の前の教授がこの授業で、懲戒委員会のメンバーを馬鹿にしようとする魂胆に気づきました。

キャサリンの表情でさえ、無表情な顔でイライラしているのが分かります。

「ふむ!そうですね。ガイスト教授がそう主張するなら、私が持っている能⼒を実証します」

フェイリスは席から⽴ち上がって右⼿を上げる。

誇らしげな彼の表情に、私はため息を吐く。

「ハハ!フェイリスと言ったかな?ではステージに降りてきなさい」

フェイリスは⾃分の席からバトルアリーナに優雅に⾶び降りました。

「うーん、私の推測が正しければ、あなたは⽔を専⾨とする淡いオレンジのコンジュラーですよね?15歳にしてはかなり良いです」

教授はあごをこすり、フェイリスを観察した。

フェイリスは⾮常に礼儀正しいように見えるが、彼はステージが上の教授に勝てる自信があるように見えた。

「公平を期すために、今回の模擬戦では⻑距離攻撃のみを使⽤します」

教授は両手剣を外し、ステージの外に置いた。

「フェイリスは負けるでしょう」

キャサリンは静かに⾔った。

「本当に?どうやって分かるの?」

私にとってはただの直感でしたが、キャサリンは私が⾒えなかった何かを⾒たようでした。

しかし、彼⼥は何も言いませんでした。

 



 

  • 模擬戦

「始めましょう!」

フェイリスが杖を取り出して呪⽂の準備をしている間、教授はニヤリと笑った。

「⽔蛇!」

⽔の流れがフェイリスの周りを⼀周し、すぐに巨⼤なヘビの形に。

「⽕の⽟」

低レベルの呪⽂はガイスト教授の⼿のひらで形成されましたが、通常の⾚みがかったオレンジ⾊ではなく、薄暗い⻘色に輝いていました。

オーグメンターである教授が⽕の性質の背後にある理論を理解していることに私は驚く。

⻘い⽕の⽟が⽔の壁にぶつかり、教授の呪⽂がフェイリスの防御をくぐり抜けた。

フェイリスは⽕の⽟に対して無防備であることに気づき、顔が⻘ざめたが、ダメージを最⼩限に抑えるために別の⽔層を形成する。

何とか火の玉を防ぐが、彼はそのまま尻もちをつく。

一瞬で決着がついた。

「降伏しますか?」

ガイスト教授は、2つの⻘い⽕の⽟をジャグリングしながら、⼤きな笑みを浮かべました。

「は、はい・・・。私は認めます」

フェイリスは、恥ずかしそうに頭を下げました。

⽣徒たちは皆、懲戒委員会が大したことがないと呟き、実際に保護する能⼒を持っているかどうか疑問を抱く。

「あなたはよくやった、フェイリス」

私は彼の背中を軽く叩いた。

ガイスト教授はこの場で私たちをばかにして何をしたいのだろうか?

自身の力を誇示したいだけ?

「他に誰かいませんか?」

彼はキャサリンと私を⾒ながら尋ねる。

私は⼿を挙げようとするが、キャサリンの方が早かった。

「よく見ていてください」と彼⼥はアリーナに軽く⾶び降りる直前に⾔った。

オーグメンターとコンジュラー、どちらの力も得ようとするアーサーの考えは正しいようです。

学園ではコンジュラーの力を学びたいと考えるアーサー。

卒業までに、彼はどれだけレベルアップ出来るのでしょうか?

そして模擬戦。

ガイスト教授は薄黄色のステージで、ステージで見ればアーサーよりも上です。

マナステージが全てではありませんので、キャサリンには期待しましょう!!

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【86話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は86話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【88話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は88話...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...