最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【88話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は88をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...



 

88話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • SIDE ガイスト教授

「キャサリン・グレイダー。私の授業にあなたが参加してくれる事を光栄に思います。

私はわざとらしいお辞儀をした。

「この模擬戦の結果がどうであっても、気にしないでください」

キャサリンは無表情のまま頷き、小指に嵌められた指輪から杖を取り出した。

「素晴らしい!では始めましょう!」

私は手を叩き、青い炎を生み出す。

私が炎を放つ前に、キャサリンは2つの氷の槍を生み出した。

「撃て」

氷の槍が届く前に、私の炎によって溶けていきます。

「氷の槍」と彼⼥は再び呟き、今度は2つではなく5つの槍がキャサリンの周囲に生まれた。

「撃て」

「ははは!素晴らしい!王族の姫は違いますね!」

私はニヤリと笑った。

1年生でこのレベルの魔法を使える学生は殆どいないでしょう。

「壊れて」

その言葉で氷の槍は粉々になります。

「ちっ!」

更なる呪文を唱えている彼女自身を狙う。

彼女は集中していたのか、気づいていてなのかは分からないが、呪文を唱え続けた。

「氷⻯巻!」

呪⽂を終えると、私の攻撃が目の前まで接近していることに気づき、キャサリンは動揺する。

(馬鹿!なぜ彼⼥は最後の呪⽂を終わらせようとする代わりに⾝を守らなかった?)

途中で呪文をキャンセルしたが、上手く制御出来なかった。

(ちくしょう!やっちまった!)

王⼥はどうなっただろうか?

(くそ〜・・・、エルフを⾺⿅にした後、やめるべきだった)

私の視界を遮っていた竜巻が解けた後、すぐに王女の様子を確認する。

目の前には3人目の懲戒委員会のメンバー、アーサー・レイウィンがいた。

彼は王女を片手で抱き寄せ、もう一方の手を前に伸ばしている。

彼の目に・・・、私は震えが止まらなかった。

王女の冷たい視線よりも遥かに鋭い。

「模擬戦はここまでで良いでしょう?」

氷のような冷たい表情で、アーサーは私に尋ねます。

「お姫様のことを⼼配してくれてありがとうございます。ですが、全部コントロールしていたので、あなたが介入する必要はありませんでしたよ」

初⽇から、⽣徒全員の前で信頼を失うことは出来ません。

「制御下にある?」

アーサーの表情は少しひきつり、私は彼の苛⽴ちを感じることが出来た。

このプレッシャーを感じたのは私だけなのだろうか?

AAクラスのマナビーストも、これほどのプレッシャーを発散しないでしょう。

「ええ。このアカデミーの教授である私が、実際に私の学⽣の1⼈を危害にさらすと思いますか?」

証拠はありませんでした!

今回はちょっとした間違いです。

 



 

  • 彼女の代わりに

この恩知らずは、呪文をすべて管理下に置いていると本気で言っているのか?

明らかに制御出来ていなかったが、証拠は何処にもありません。

「なるほど・・・でしたら、僕に「模擬戦」の代わりをさせてください」

「ははは・・・まあ、あなたが言うのなら。私は最後の呪⽂で王⼥を少し怖がらせてしまったようです。学⽣の何⼈かは誤解してしまいそうですね」

この状況でも、教授は自分の立場を守ろうと言い訳をしています。

実際、生徒の殆どはその言葉を鵜呑みにしていました。

「⼤丈夫?一人で席に戻れるかい?」

「は、はい・・・。本当にごめんなさい」

初めて、キャサリンの表情に変化が⾒られました。

彼⼥が席に戻るために背を向けた時、⽩い肌が明るく紅潮していました。

「では教授、よろしくお願いします」

私は剣を取り出す。

教授は薄いイエローのベテランオーグメンター、油断は出来ない。

彼は警告なしで私に接近し、剣を勢いよく振り下ろした。

剣には青い炎が付与されており、触れれば致命傷は免れないでしょう。

私は⾵と⼟のマナしか使えない状況なので、⾃分の資産をどのように活⽤して敵を打ち負かすかを考えなければなりません。

本来ならこちらも青い炎を使い相殺すれば簡単なのですが、今はその選択肢はありません。

ガイスト教授の攻撃は続き、私の限界をテストしようとしているかのように、攻撃は激しくなりました。

私が彼の攻撃を簡単に受け流したり回避したりするたびに、彼の攻撃は⼀段と強くなります。

私は彼の攻撃を受ける時に呪⽂を使⽤していません。

マナ強化と純粋な剣技だけ。

「懲戒委員会は、かわして逃げ続けるネズミだけで構成されているのかい?」

ガイスト教授は⼤声で⾔った。

「尊敬する教授がいないのに、私が攻撃する必要は本当にありますか?」

悪気の無い顔で反論する。

彼は答えなかった、代わりに彼の表情は怒りで歪んでいる。

数人の学生は、これが単なる模擬戦ではないことに気づき、別の教授を呼びに行こうか迷っていた。

「炎の柱」

地面から発射された炎を、私は即座に回避した。

「追い詰められたネズミは怖いですよ、教授」

私は一瞬で距離を縮め、ニヤリと笑った。

風のマナを込めた剣の攻撃に、ガイスト教授は防戦一方だ。

気づけば彼はアリーナの端に到達していた。

この茶番を終わらせる時が来ました。

私は彼が次の⼀歩を踏み出そうとしていた地⾯の表⾯を凹ませて、彼のバランスを失わせた。

その一瞬を狙って。

[嵐]

私のマナを注⼊した剣から⽣成された数⼗の⾵が⾶び出しました。

攻撃の速度が上がるにつれて、私の攻撃は最⾼潮に達し、刃はほとんど⾒えなくなる。

「わぁぁあ!!」

膨⼤な量の攻撃に圧倒され、ガイスト教授はアリーナから転げ落ちました。

魔法を遮断するアリーナのバリアは、私の攻撃で粉々に壊れます。

ガイスト教授の顔は青褪め、膝は震え、立ち上がることが出来ないようです。

 



 

  • デコピン

剣を次元リングに戻して、教授を⾒下ろします。

「ご指導ありがとうございます」

まるで合図のようにベルが鳴り、私は部屋から出た。

「・・・ア、アーサー」

後ろから柔らかな声が聞こえた。

キャサリンが私に向かって⾛っていて、フェイリスがその後ろを追いかけていました。

私はまだ少し動揺している彼女に⽬を向ける。

「バカじゃないの?」

私は彼⼥にそう⾔って、額を軽くデコピンした。

「攻撃することに集中するのではなく、⾃分を守ることを選んだなら、あんな危険にさらされることはなかっただろう。頑固にならず、物事をもっと慎重に考えてください」

次の授業に⾏く前に、私は彼⼥に遊び⼼のある笑いを浮かべる。

フェイリスがパニックに陥り、彼⼥を慰める⽅法を考えている間、キャサリンは呆然とした表情を浮かべていた。

「ああ〜お腹いっぱい!パパ、授業はどうだった?」

シルビーは私の頭の上で寛ぎ、私の髪をめちゃくちゃにした。

「少しだけ楽しかったよ」

 



 

またアーサーに恋をする女性が増えましたね。

しかも王族。

テシアがこれを知ったら、更に彼女は怒るでしょう。

それにしても、アーサーは強過ぎますね!

彼を教えられる教授はいるのでしょうか?

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【87話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は87話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【89話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...