最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【89話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は89をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

89話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • エミリー・ワッケン

次の授業に向かっている間、私はイライラしていた。

ガイスト教授を圧倒的に倒せると思っていた。

しかし、風と土の属性だけでは簡単に倒すことは出来ませんでした。

生まれた時から多くの才能があるにも関わらず、今の私は大陸の頂点には至っていない。

周囲の生徒たちと自分を比べるのではなく、もっと上を目指す必要がある。

その為にも、早く上級生の授業を学ぶ必要がありました。

次の授業、アーティファクトの基礎講座はかなり興味があります。

アーティファクトは以前の世界には存在しなかったもの。

教室に入ると、中は実験室のような雰囲気。

ビーカー、コンテナ、さまざまな種類の鉱⽯、さまざまなガジェットが部屋を埋め尽くしている。

この授業には知り合いがいないので少し安⼼しました。

私の座る席に見知らぬ女子生徒が近づいてきた。

「あ、あの・・・この席は空いていますか?違っていたら、私はどこかに移動します!」

なぜパニックになっているのか分からないが、私は笑わずにはいられませんでした。

「いいえ、大丈夫ですよ。良かったら座ってください」

私は歓迎の笑顔でそう⾔いました。

その少⼥は控えめに⾔っても普通だった。

厚い丸い眼鏡と⽬の下のそばかす、癖毛のようなポニーテールの少女。

テスやキャサリンのような、誰もが夢中になる⼥の⼦と⽐べると、彼⼥はかなり素朴でした。

「ありがとう・・・」

彼⼥は頭を下に向けて呟いた。

「・・・ミリー」

「何だって?」

私は彼⼥の言葉を聞くために、もう一度尋ねる。

「エミリー!私の名前はエミリー・ワッツケンです!私と友達になってください!」

予想以上に大きな声が出たのか、彼女自身が唖然としています。

「もちろん。私の名前はアーサー・レイウィンです」

握手をすると、彼女の手は荒れていて少し驚いてしまった。

「ああああ!ごめんなさい!嫌な気分になりましたよね?」

「そんなことないよ。僕だって、ほら?」

自分の手のひらをエミリーに見せます。

「うわ・・・そうだよね!たくさん練習しなきゃいけないものね!懲戒委員会にいるのも不思議ではないわ。本当に感⼼します!私はアーティファクトが⼤好きなので、たくさんのガジェットをいじってしまうの」

エミリーの両親は研究者で、彼女も幼い頃から様々な発明をしたと言います。

王族の発表に使用されたディスプレイにも、彼女の案が採用されていた。

「君のような天才と話せる事を名誉だと思わなければいけないな」

私は笑いながら、偽りの忠誠で頭を下げます。

「ああ、やめてください。それに、あなたもかなり有名ですよね!」

アーサーがガイスト教授を圧倒したという噂は既に広まっていた。

15分前に起きた出来事だが、この学園でのニュースは一瞬で広まるそうだ。

その後もエミリーと話をするが、彼女の知性が非常に高いため、私は同年代の他の子供たちよりも楽しく話せた。

 



 

  • 授業の途中で

教室のドアが開き、馴染みのある顔が⾒えた。

ギデオンは教授として教壇に立つと、すぐに私とエミリーの方を向く。

「おお!アーサーじゃないか。あなたが私の授業にいるとは思わなかった!」

彼は微笑んで、後ろに⼤きな⽂字で⾃分の名前を書いた。

ギデオンは1時間半の間、彼がどれほど注⽬に値するかについて話をしました。

私を含め、殆どの学⽣は半分眠っていましたが、エミリーはギデオンの話に目を輝かせています。

彼⼥のような天才でさえ、アーティファクトの分野でギデオンは尊敬されているのだと思った。

そんな中、突然窓からフクロウが⾶び込んで肩に着地した。

「グッドスカイ学長があなたを呼んでいるようだ!」

ギデオンは私に近づき、肩を揉みました。

 



 

  • 学長からの依頼

フクロウは私の肩から⾶び降りて右に向かって⾶んでいき、私たちに追いかけるように⾝振りで⽰しました。

案内された場所に向かいドアを開けると、フクロウが再び肩に腰を下ろした。

「アビエが個⼈的にあなたをここに案内してくれたようですね。彼が⾒知らぬ⼈をこれほど気に入っているのを⾒たことがありません」

「学長、僕に何か用事でしょうか?」

フクロウであるアビエは私の肩を離れ、シンシアの後ろの窓の棚に腰掛けている間、私は彼⼥の机の前に座った。

「はい。ガイスト教授の授業での「模擬戦」について」

私が説明をしようとすると、シンシアは既にキャシルンから詳細を聞いていると言います。

そして、ガイスト教授は既に解任されたようです。

「キャサリンが⼊って来たとき、彼⼥は少し怒った表情でした。彼女のあんな表情を見たのは初めてだったので驚いたわ。ホホホ!」

グッドスカイ学長は、そっと笑いながら⼝を⼿で覆った。

「そうなんですか?お姫様も感情を表せるとは思っていませんでした」

私もニヤリと笑いました。

「あなたはかなりの女たらしね、アーサー。両⽅の王⼥の⼼を盗むと問題になりますよ!次の内戦はあなたが原因かもしれないわね?ハハハ!」

彼⼥は、この状況を非常に楽しんでいるように見えました。

私は話題を変えて、どうして呼び出されたのか尋ねた。

「アーサー、あなたがガイスト教授の代わりに教えることについてどう思いますか?」

彼⼥は私の表情を観察する。

「冗談ですよね?」

「いいえ、私はかなり真⾯⽬です、アーサー」

「そんなことが許されるのですか?私は学校の初⽇を終えていない学⽣です。私は学⽣と教授になることが出来るのですか?他の授業はどうなるのですか?」

「スケジュールはそれほど変わりません。1つの授業を教えるだけ」

彼女はこれを引き受けてくれるなら、更に融通を利かせてくれると言った。

⽴ち上がって、グッドスカイ学長は私の肩に優しく⼿を置いた。

「選択はあなた次第です」

 



 

どんどん女性キャラが増えています。

今までの女性の中で一番アーサーと話が合うようですね。

テシアの知らない間に、ライバルが増えていきます。

グッドスカイはこの光景を見て面白がっていますが笑。

アーサーの授業は分かりやすそうですね^_^

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【88話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は88話...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【90話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...