最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【90話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は90をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

90話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 学長の提案

学長の提案を考える。

彼⼥が私を教授として雇うことにはメリットがあるとは思えない。

権力の誇示を強調するだけではないのだろうか?

けれど、実践訓練を教える事自体は興味がある。

簡単ではないかもしれないが、私自身の地位向上にも役立つ筈。

何よりも、あの授業で目立たずに行動することは不可能でしょう。

自分のスキルを誰かに教えるつもりはないが、目立たず行動することは諦めよう。

「・・・どうですかアーサー?」

グッドスカイ学長が⼼配そうな表情で私を⾒ている事に気づき、私は思いを馳せた。

「そうですね。僕に務まるか分かりませんが、教授にはなってみたいですね」

「あなたなら素晴らしい仕事をしてくれると信じているわ」

シンシアはそう言って微笑んだ。

ガイスト教授は今年から雇った先生で、今学期の彼の担当授業はさっきの授業だけらしい。

アーサーはその一つの授業の代替となる。

「署名する前に、最後にもう1つ質問があります」

アーサーは⽂書の最後の段落を読みながら述べました。

「なんでしょうか?」

「懲戒委員会に所属している間、⽣徒を傷つけてはいけないのは矛盾していませんか?」

「いい質問ね。「⽣徒を傷つけない」というルールは教室の中での事。ある程度の⼒を使うなど、他の⽣徒の安全のためである限りは大丈夫です。授業外については、あなたの判断を信頼します」

私は納得して⽂書に署ました。

「アーサー、あなたに期待しています。そう考えているのは、私だけではないでしょう」

彼⼥は私に昼⾷を⾷べに⾏くように勧める前に、肩を軽く叩きました。

 



 

  • SIDE グッドスカイ学長

「ふぅ・・・。彼と交渉することは、王室に対処することよりも緊張します。彼に対するあなたの⾒解はどうですか、アビエル?」

絆は私が差し出した腕に優しく着地し、彼の知的な⽬は何を⾔うべきか考えました。

「アーサー・レイウィンを⼦供として⾒ないでください。精神的な鋭敏さであろうと感情的な成熟であろうと、彼には⽬に⾒える以上のものがあります」

「何があなたをそこまで言わせるのですか?」

「彼のビースト。あの⽩いキツネの本当の姿はドラゴンの姿でしょう・・・」

私は驚愕した。

「え!?どうしてそんな事が分かるの?」

「それは私たちが同じ種類だからです。ドラゴン種は少ないかもしれませんが、ワイバーンもドラゴンの⼦孫です」

「彼のビーストはあなたよりも強⼒だと⾔っているのですか?」

「いいえ、彼女はまだ成熟していません。しかし、彼⼥が成⻑すると、私の⼒は彼⼥に匹敵することすら出来ないでしょう」

アビエルより強いビーストを私には想像出来ません。

「彼を決して敵に回さないで下さい。信頼と敬意を持って扱われるならば、彼は最⼤の同盟国になります、しかし裏切られるならば、彼はこの⼤陸の死の原因になり得るでしょう」

そう警告して、アビエルは⾶び去りました。

数時間前に起こったことを思い出しながら、私は席に寄りかかって、ズキズキする頭を抑えました。

「グッドスカイ学長、アーサー・レイウィンという名前の少年を私のクラスから外してください!」

教授の⼀⼈が突然入ってきた。

「ガイスト教授、あなたは動揺しているように⾒えます。何が問題なのですか?」

彼の突然の侵⼊に私はびっくりしました。

「あの少年は、教授である私を尊敬していません。妙な噂があなたの耳に届くと思いますが、それらは全てデタラメです!!」

彼の顔は絶望と怒りに満ちていた。

その後、ドアから2回の活発なノックが鳴りました。

「⼊ってください」

「突然の訪問をお詫びします、学長」

キャサリンは私に⼩さなお辞儀をしてから、顔⾊の悪い教授の隣を歩いた。

「どうしたんだい、キャサリン?」

「ガイスト教授は解雇される必要があると思います」

彼⼥は無表情のまま⾔った。

ガイスト教授は激昂し、キャサリンの腕を掴む。

「汚い手で触らないで下さい」

彼⼥の表情は変わらず、何故かガイスト教授を⾒下ろしているように見えた。

「教授、私もすぐに⼿を離すことを提案します、どんな場合でも、それはあなたに有利にはなりません」

彼は慌ててキャサリンの腕を放した。

キャサリンは授業での一件を説明する。

フェイリスを完全に屈服させた事、そして、アーサーがいなければ自分が怪我をしていた事を。

「それは誤解だったと⾔っています。私は単に、クラスの皆に懲戒委員会のレベルを⽰したかったのです」

「もしそうだとしたら、あなたがアーサーをクラスから除外する理由にはならないでしょう」

私は⼤騒ぎが何であるかを確認するために秘書に⽬を向けた。

「トリシア、この事件に関してガイスト教授のクラスから情報を集めてください」

キャサリン王⼥は私に近づきました。

「あなたが問題を公平に処理すると信じていますが、アーサーがいなかったら、あなたはこの教授の倫理的事件ではなく、学⽣の怪我事件を扱っていたでしょう。私の怪我事件を」

そう言って彼⼥は振り返り、驚いているガイスト教授を完全に無視した。

私が受けた証⾔を思い出すと、アーサーはガイスト教授を完全に圧倒したようです。

ガイスト教授の性格は決して良いものではありませんでしたが、彼のスキルは基本的なマナ操作クラスを教えるのに⼗分すぎるほどでした。

淡い⻩⾊のオーグメンターでありながら、彼は12歳の⼦供に完全に敗北した。

私はアーサーのコアレベルを測定しなかったことを後悔しため息をついた。

彼にはこれ以上何があるのだろうか?

私が尋ねたら、彼は私に教えてくれますか?

 



 

  • 上級生の授業

「アート!こっち!」

イライジャが⾷堂で私に⼿を振っているのを発見する。

彼の横には女の子が座っていました。

「彼女はシャーロットです!シャーロット、彼は私の親友でルームメイトのアーサー・レイウィンです」

「こんにちはアーサー、あなたのことをたくさん聞いたわ」

彼⼥は髪をいじりながら色っぽい笑顔を⾒せる。

「え〜と・・・、光栄だね」

私はイライジャに注意を向ける前に無愛想に答えた。

突然私の横に座り、シルビーに触れようとするシャーロット。

私はその手首を掴み、シルビーに触れないように注意した。

その後、お互いの受けた授業の内容を聞いている途中。

イライジャは私が授業を担当するという話を聞いて、口に含んでいた食べ物を吹き出した。

正面に座っていた私とシャーロットに顔面に直撃する。

その後、シャーロットと一緒に買い物に行く予定のイライジャは私も一緒にと誘う。

午後からは上位のクラスがあるから断ると、シャーロットはぎこちない笑顔を浮かべて「予定がある事を思い出したから、また今度」と話して席を立ちました。

イライジャは少しがっかりしたように⾒えます。

ああ、イライジャ・・・。

寄りかかって、彼は真剣な声で私に尋ねました。

「それで、シャーロットについてどう思いましたか?彼⼥はかわいいですよね!?彼女は僕に気があると思わないか?」

ああ、イライジャ・・・。

「君なら上⼿くやれると思うよ、相棒」

午後からの計画がなくなったイライジャは図書館に行き、私は授業へと向かった。

授業にはカーティス・グレイダー、クレア・ブレイドハートも一緒だ。

「またお会いできて嬉しい、アーサー!」

クレアは、明るく笑いながら私の⾸に腕をまわしました。

⼩さなグループの学⽣の間を歩いていたのは、幼なじみのテシア・エラリスと、学⽣の副会長であるクライヴ・グレイブス。

テスは私に気づき、挨拶しようとしていることが分かったが、年上の⼥性の腕が私の⾸に巻いていることに気づいたので、彼⼥は私を睨みつけた。

なぜ彼⼥が怒ったのか気づかなかったクライヴは、テスの視線の先にいる私を睨みつける。

「こんにちは、テシア姫!」

腕を外さずに、クレアは微笑んでテスに⼿を振った。

「ええ」

テスが私たちを通り過ぎた後、クレアはこっそりと私に尋ねる。

「うーん、今⽇は機嫌が悪いのかな?」

それはあなたのせいです!

クレアが私の⾸から腕を外したとき、私はグループの後ろにいる誰かを発見した。

それが誰であるかを認識するとすぐに、私の顔は怒りで燃え始めました。

ルーカス・ワイクス。

 



 

グッドスカイ学長の絆は意思を交わすことが出来るのですね、かなり珍しいと思います。

シルビーがどこまで成長出来るのか楽しみですね♪

そして、イライジャ・・・。

彼が気になる女性をアーサーに会わせてはいけませんね泣。

上級生の授業にルーカスと遭遇。

ムカつく相手ですが、実力はありますからね。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【89話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【91話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...