最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【92話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は92をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

92話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • vsルーカス

グローリー教授の合図で、私たち3⼈は前に⾶び出しました。

テス、クライブ、ルーカスは、すぐに散開します。

テスはカーティスと、クライヴはクレア。

まっすぐ前に、ルーカスが静かに私を待っているのを⾒ました。

彼は嘲笑うかのような表情を浮かべている。

その表情は、私たちを裏切った時と同じ。

テスはカーティスより実力は上でしょう。

クレアとクライブは分かりません。

ルーカスは決して弱くはない。

彼のマナ保有量は私よりも大きかったが、それは彼が私よりも強いという訳ではない。

「ルーカスに対して⼀⼈で⼤丈夫か?」

カーティスがテスに向かってダッシュしたとき、私はカーティスが叫ぶのを聞いた。

クレアは、少し⼼配して振り返ります。

ルーカスは、距離を伸ばすために後ろ向きにダッシュしながら静かに呪⽂を唱え始めた。

グローリー教授の鋭い⽬が私を観察しているのを感じます。

私は深呼吸をして、他の全てを遮断した。

これはルーカスと私の戦い。

ルーカスは叫び声を上げた。

「インフェルノの檻!」

火のマナで生まれたドームが私たちを包みます。

にやにや笑いながら、彼は指をパチンと鳴らして「アクティベート」と発声した。

⽕の弾丸があらゆる方向から私に向かって発射される。

冒険者時代に体と戦闘のテクニックを訓練していなかったら、全てを躱すことは難しかったでしょう。

ルーカスに近づく機会さえなく、私は全ての弾丸を躱してブロックすることを余儀なくされた。

インフェルノの檻。

絶え間ない⽕の⽟と炎の流れが私を閉じ込めていた上に、ドームの中の熱が私を疲れさせていました。

⽕属性マナ、又は、⽔属性マナがなければ、対抗することは難しいでしょう。

⽕属性マナを使⽤して体を⽕の影響を受けにくくする。

⽔属性マナを使⽤して体を直接冷却する。

「猿、もっと⾛り回れ。お前みたいな雑魚が俺と対戦出来ることに感謝するんだな。この授業は時間の無駄だと思っていたが、なぜ俺がここに連れてこられたのかが分かったよ。それはお前を押しつぶすためだ」

ルーカスの醜い笑顔に、私は怒りで顔を歪める。

「⼤丈夫ですか、パパ?」

シルビーの⼼配そうな声は、私が今どれほどイライラしているかを感じたから。

ええ、私は元気ですシルブ。私のことは⼼配しないでください。他のみんなは大丈夫?

「ママはカーティスに勝ち、クレアはあの真⾯⽬そうな男に勝っている」

何か異常が起こったら教えてください。

私は戦いに焦点を戻しました。

炎の弾丸を躱すのは簡単でしたが、ルーカスに近づくことが出来ません。

ルーカスのマナ容量は?維持時間は?

落ちついて、アーサー。

どうすれば風を上手く制御出来る?

土は?

私は⾃分の⾵と⼟の要素を理解していないことに不満を募らせる。

今回の戦いは、試して理解するのに良いタイミングでした。

私には何が欠けている?

 



 

  • side グローリー教授

ルーカス・・・、彼は私が聞いていたよりも優れています。

「インフェルノの檻」は習得するのがかなり難しい呪⽂。

それを逆⾛しながら唱えることが出来る能力。

世界は広い。

彼のようなハーフエルフもそうだが、テシア王女は更なる強さを持っている。

彼らがここを卒業するまでにどれほど強くなるかを想像して、私は背中を震わせた。

しかし、あの少年、アーサー・・・。

彼は⼀体何だったの?

ルーカス・ワイクスはエルフの⾎統。

テシア・エラリスは、王室の純粋なエルフの⾎統。

しかし、アーサーは?

彼がルーカスと対峙するために野原を駆け抜けるとすぐに、私は冷たい汗を感じた。

風と土の両方が自然と彼の周りに引き寄せられていた。

周囲のマナと完全に調和しており、まるでマナが彼の⼿⾜の単なる延⻑であるかのようでした。

現在、インフェルノの檻はアーサーとルーカスの両⽅を⼤きな⽕のドームに包み込んでいた。

私はカーティスとテシアに視線を向ける。

予想通り、カーティスは苦戦していました。

エルフの王⼥が学長と⼀緒に練習しているのを⼀度⾒たことがある。

彼⼥は、魔法と近接戦闘の両⽅の混合スタイルなので、顕著な弱点はありません。

⼀⽅、クレアとクライブの戦い。

クライヴは、信じられないほど速いペースで⽮を放つことができる⻑距離オーグメンター。

通常、彼はほとんどのオーグメンターに対して有利ですが、クレアは彼にとって相性の悪い相手でした。

クレアの戦闘スタイルは、カスピアンを模倣していました。

⼆重の要素で、彼⼥はレイピアから⾵と⽕の槍を作ります。

いずれ彼女はカスピアンを超えることが出来るでしょう。

私は最も激しい戦いに注意を向けました。

それは間違いなくアーサーとルーカス。

殆どの生徒は彼らの戦いに注目していた。

「あれ?」

アーサーはあらゆる方向からの炎を容易に躱しています。

彼はこの状況で何をしようとしているのか?

「トーチ!少し下に⾶んで!」

アーサーの周りでは、ルーカスの炎が到達する前に完全に消⽕しています。

「まさか・・・」

彼を観察し続けると、自然と笑顔になります。

「この状況で空気を操作する⽅法を今学ぼうとしているなんて・・・」

空気の操作は、遥かに難しい。

要素の構成要素を分解し、それを直接操作しようとすることは、偉大な魔法使いにしか出来ないこと。

しかも、それは完全に穏やかで平和な環境で瞑想している間だけ。

実践で行うことは不可能とされている。

この⼩さな獣は、戦いの最中にまったく新しい技術を取り⼊れようとしているのだろうか?

私の⼿は、この学校の権⼒の頂点になる可能性のある魔術師の成長を⽬撃できる事に興奮して震えました。

いや、この⼤陸の頂点になるアーサー・レイウィンの成長を!!

「GROOOOAAAAAARR!」

その⾳に⽬を向けると、テシア王⼥とグレイダー王⼦の戦いが最⾼潮に達したようです。

「あなたは私にこれを発動させました、エラリス王⼥!気をつけてください!第1ステージ!王の怒り!」

グレイダー王⼦の体が光る。

⽬に⾒える変化量は⼈によって異なりましたが、グレイダー王⼦の変化は⽬に⾒えて明⽩でした。

彼の真っ⾚な髪と眉⽑の両⽅が⻑くなり、彼が咆哮するにつれて、彼の拡張された⽝⻭が⾒えるようになります。

ブドウの⽊の上に⽴っていたテシア王⼥に視線を移すと、彼⼥の顔は不⾃然に⻘⽩く⾒えました。

彼⼥がダメージを受けたようには⾒えません。

「これは私の最も強⼒な攻撃です。これを受けることが出来れば、私は敗北を認めます!障壁の準備を!」

グレイダー王⼦が息を吹きかけると、⼝の前にかなりの量のマナが集まった。

それは凝縮された土属性マナのビーム。

少し⼼配になり、もう⼀度テシアを⾒ました。

 



 

  • 王女の危機

イライラする!

⾃分の周りの空気分⼦を操作しようとし続けるが、とても難しい。

成功率は低いが、私は何かを掴める気がした。

炎が私を襲うと、シルビーの⼼配そうな声が聞こえました。

[ママに何か問題があります!彼⼥は強⼒な攻撃に⾒舞われるでしょう、そして彼⼥は何もしていません!これは本当にマズイです!パパ、助けに行きますか?]

くそっ!

シルビーからの絶望感が感じられ、不安になりました。

「止めろ!!」

グローリー教授の叫び声を聞いた瞬間、彼⼥がテスとカーティスのいる場所に全速⼒で進んだことに気づきました。

[パパ!彼⼥は間に合いません!!]

[ドラゴンの意志、第1ステージ]

世界の時間と空間の外に⾃分⾃⾝を移動するこの能⼒には限界がありました。

「時間がない」と⾃分に⾔い聞かせる。

インフェルノの檻によって作られたドームを突破する。

私はトーチの上で凍った教授の横を通り過ぎた。

テスがすでに気を失い、グレイダーによって解放された⼤規模な攻撃が彼⼥に迫っていた。

シルビーは正しかった。

もしグローリー教授に任せていたら、彼⼥は間に合わなかっただろう。

⼤切な友達が死ぬのを想像して、私は恐怖で顔を歪める。

スピードを上げると、エネルギーがなくなり視⼒がぼやけてきました。

ほとんど限界です。

あと少し・・・。

カーティスとテスが戦っているエリアに向かって最後のダッシュをし、テスを抱きしめて、残った⼩さなマナで私たちの周りに障壁を作りました。

はぁ・・・。

これは痛いだろうなぁ・・・。

私は第1ステージをリリースし、世界が元の⾊に戻ったとき、背中にひどく焼けるような痛みを感じました。

悲鳴を上げる前に視⼒が衰え、気絶する前に最後に聞こえたのは、ギアが作動する甲⾼い⾳。

 



 

こんなに早くルーカスとの再戦が行われるとは思いませんでした!

彼は裏切り者ですが、能力は決して低くありません。

二つの元素を封印しているアーサーは苦戦しますね。

そしてテシアですが、何か過去でトラウマってありましたっけ?

それとも別の原因?

授業初日から密度の濃い1日をアーサーは過ごしていますね汗。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【91話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【93話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...