最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【93話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は93をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

93話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • side グローリー教授

⼿遅れです!畜⽣!テシア姫に何が起こった?

なぜ彼⼥は突然倒れたの?

彼⼥のマナコアに何か問題が?

なぜ今なの?

カーティス王⼦の攻撃がテシア王⼥に向かったとき、私は恐怖に陥った。

無防備な状態で、彼⼥は⽣きてる?

もし生きていたとしても、一生不自由な体で生きていかなければいけません。

震える体を必死に動かす。

結果はどうなりましたか?

解雇で終わるなら良いです。

これが内戦のきっかけになるのではと、私は⼼配していました。

⼤陸のこの重要な時期に、カーティスの攻撃が王⼥を飲み込んだとき、私は恐怖で叫んだ。

テシアが既に意識を失っていることは攻撃を解放した後で、彼が気付いたとき、ショックの表情がグレイダーの顔を横切った。

しかし、攻撃を⽌める⽅法はありません。

数時間のように⾒えた後、ビームはゆっくりと消え、私が⾒たものは、私が想像した最悪のシナリオよりもさらに衝撃でした。

信じられない光景に、私は困惑します。

「アア、アーサー・レイウィン?」

彼はどうやって辿り着いたのですか?

ほんの少し前まで、彼はインフェルノの檻の中に閉じ込められていました。

瞬間移動?

そんな事が可能でしたか?

いいえ・・・、いいえいいえ・・・、いいえ・・・それは不可能です。

私は⼗分に近づくとすぐにトーチから⾶び降り、アーサーとテシア王女に急いで向かいます。

アーサーの状態が悪かった。

彼の服のほとんどは崩壊し、左腕に奇妙な包帯が巻かれていました。

至る箇所から⾎が流れていて、肋⾻が⾒える近くに深い裂け⽬が⾒えます。

アーサーは王⼥を抱きしめていた。

彼はマナのほとんどを彼⼥を守るために使っていた。

そのおかげで、彼⼥はほとんど無傷でした。

幸いなことに、王⼥は⼤丈夫でしたが、アーサーはすぐに治療する必要がありました。

しかし、彼らを助けようとすると、アーサーの⼩さな絆が私の前に立ちはだかります。

「Grr・・・」

普段なら可愛いキツネに見えるが、そのキツネから放出される威圧感に私は凍りついた。

それは主⼈とテシア王⼥を保護しているように見えた。

「⼤丈夫です、私は助けようとしているだけです」

ゆっくりと近づこうとしましたが、その唸り声は⼤きくなりました。

戦闘の混乱の中でも怯まないトーチが、私のシャツをくちばしで握りしめて背中に隠れています。

「き、教授!!私は・・・。テシア王⼥が突然失神するとは思わなくて」

カーティスは私に駆け寄り、彼の顔は恐怖で⻘ざめていた。

「⼤丈夫、分かっているから。⽅法は分からないが、アーサーがなんとか王女を守った。しかし、彼の絆が近づけさせてくれません」

アーサーはすぐに治療する必要がありました。

なぜ彼の絆は主⼈の命を危険に晒そうと?

何を守ろうとしているのですか?

「誰かグッドスカイ学長を呼んで!」

私は吠えた。

すぐに上から、緑のフクロウが舞い上がり、アーサーの絆の前に着陸した。

「キュ!」

「フー」

「キュキュ〜」

「フート!」

「か、彼らはコミュニケーションを取っているのですか?」

グレイダー王⼦は混乱した。

「そう思いますか?」

私にも信じられない光景だ。

異なる種のマナ・ビーストは互いに通信出来るの?

⽩いキツネと緑のフクロウの「話」を⾒ていると、数分後、グッドスカイ学長が慌てて到着しました。

「なんて事・・・」

彼⼥が⼆⼈に駆け寄ると、今回はアーサーの絆は彼⼥を⽌めようとしません。

「グッドスカイ学長・・・」

彼⼥に何が起こったのかを話す機会が来る前に、彼⼥は私を⽌めました。

「後で何が起こったのか聞きます。二人を診療所に連れて⾏くことが最優先です。私が彼らを連れて⾏きます。ギルドホールに連絡して、トップヒーラーを要請します」

 



 

  • 目が覚めると

「うぐっ!うぅ・・・、ごほっ!」

私は体全体に広がる灼熱の痛みで⽬覚めた。

刺すような痛みから灼熱の痛み、そして引き裂くような痛みが全⾝に広がる。

悲鳴を上げる⼒もない。

数分後、体が苦しんでいることに少し慣れてきました。

シルビーが私の隣で寝ているのを⾒るために、私は弱々しく頭を向けました。

「アーサー、気分はどう?」

グッドスカイ学長の声がベッドの向こう側から聞こえてきました。

「これが気分良さそうに見えます?」

「⽪⾁を込めて答える意志があれば⼤丈夫だと思います」と彼⼥は笑った。

「テシアはどう?」

「テシアはあなたよりもはるかに良い状態よ」

彼⼥はため息を吐いた。

「・・・テシアの体はビーストの意志を処理することが出来ませんよね?」

「どうやって知ったの?」

グッドスカイ学長が驚いている。

「少なくとも今のところ、テシアがビーストの意志を持っていることを誰にも知らないようにしてください。出来れば私がテシアの同化を⼿伝いますが、彼⼥はあなたに任せます」

本当はもっと聞きたいのだろうが、彼女はそのまま部屋を退出した。

ドアを開ける前に。

「テシアを救ってくれてありがとう」

その言葉を聞いて、私は眠りに落ちた。

次に⽬を覚ましたのは、シルビーが頬を舐めている時。

「パパ、気分が良くなりましたか?」

「そうだね、少しだけ」

「ハニー!アートが⽬を覚ました!」

左から父の声が聞こえた。

痛みを無視すれば、頭を回すのは簡単です。

「⺟さん、いつここに?」

「⼤丈夫ですか?グッドスカイ学長は何が起こったのか教えてくれませんでした。学校の初⽇にどうしてそんなにひどい怪我をしたの!?」

妹はベッドの向こう側から前かがみになりました。

「お兄ちゃん!⼤丈夫ですか?痛い?」

エレナーが私の体に触れようとした時、私の目は恐怖で広がりましたが、寸前で母が彼女を止めてくれました。

「早速ケンカでもしたのか、息⼦?」

⽗はにやにや笑っていた。

「誰が一番強いか知らせようと思って」

私はニヤリと笑い、父を笑わせた。

母は真剣に受け止めて、誰とケンカしたか問いただしてきました。

「彼は冗談を⾔っているだけです、レイウィン夫⼈」

ドアから⼊って来たのは、テスを含むエラリス⼀家全員とグッドスカイ学長だった。

「こ、これは・・・」

⺟が⼝を覆って息を呑み、⽗は驚いて⼀歩後退した。

テシアの⽗でエレノワールの元王であるアルドゥイン・エラリスは、「ようやくあなた方とお会いする事が出来ました」と、唖然とした⽗の⼿を握りました。

「私たちはいつもアーサーの両親に会いたいと思っていました。直接会得てとても嬉しいです」

エレノワールの元⼥王で⺟親であるメリアルは、私の⺟を抱きしめました。

メリアルはそれからエレナーの元に向かい、彼⼥の頭をそっと撫でた。

「あなたはアーサーの妹ですね。とても愛らしいわ!」

サピンの王と⼥王に接した以上に、父は緊張していた。

「初めまして。私はヴィリオン・エラリス。私はあなたの息⼦の元教師です」

彼は⽗の⼿を握りしめながら⽣意気な笑みを浮かべてくれました。

「こここ、こんにちは!私の名前はテシア・エラリスです。お会いできて光栄です!いつもお世話になっています!私はアーサーの幼なじみです。彼が私について話したかどうかは分かりませんが、お会い出来て嬉しいです!!」

テシアのお辞儀は90度の⾓度になり、彼⼥の声は尊敬とパニックの混合物でした。

背中を戻すと、彼女の顔は真っ赤です。

両親は少し驚いたが、⺟は恥ずかしそうな笑顔で私を⾒て、テスに近づいた。

「なるほど。今まで⾒た中で⼀番可愛い⼥の⼦じゃないですか。息⼦と仲良くしてください。ご存知かもしれませんが、彼はトラブルに巻き込まれるタイプなので、あなたが助けてくれると助かります。現在そして将来、彼の隣にあなたのような⼈がいることを願っています」

⺟はテスの髪を撫でながらウインクした。

母が何を喋ったか分かりませんが、テスの表情は更に赤くなっていきます。

「はは、はいい!!」

彼女は激しく頷いた。

エレナーが膨れっ面をしていると、⺟とメリアルの両⽅が笑い声を上げました。

おそらく、⺟がテスが今まで⾒た中で最も可愛い⼥の⼦だと⾔ったからでしょう。

「気分はどうだ、小僧?」

ヴィリオンはベッドの端に座り、眠っているシルビーを撫でる。

テスも⼼配そうな表情で私に近づいてきました。

「へへ・・・今なら、あなたを倒すことが出来ます、おじいちゃん」

「ごめんなさい、アート。私がいなかったら・・・」

私は彼⼥の言葉を途中で⽌めて、指で彼⼥の眉間をそっと突く。

「眉をひそめないでください、テス。ますますブサイクになるよ」

腕の⼒が無いので、すぐに腕はベッドに戻る。

「おじいちゃん、テスのマナコアを⾒ましたか?順調ですか?」

「幸いなことに、テシアの体はあなたが最初に統合したときよりもビーストコアとはるかに互換性があるようです。ところで・・・、どうやってエルダーウッドの守護者のビーストコアを拾うことが出来ましたか?」

彼は前かがみになり、静かな声で尋ねました。

「もちろん、倒してゲットしたよ」

私は笑いながら言った。

「冗談を⾔うな・・・、いや・・・冗談ですよね?あなたはSクラスのマナビーストを殺したと私に⾔っていますか?」

ヴィリオンの普段から厳しい顔が、どんどん近づいてきます。

「近すぎます、おじいちゃん。あなたが最後に食べた匂いがします。・・・待ってください。私はどれくらいの間眠っていましたか?」

「あなたが失神してから少し経ちました」

「はあ・・・皆勤賞が・・・」

私の冗談にテシアはくすくす笑いながら、ベッドの端に座りました。

 



 

  • 初めての・・・

「私はアーサー・レイウィンの親友です!私たちは兄弟のようなもので!私が彼を訪ねることが出来ないなら、誰が出来ますか!?本当です!!」

遠くから知り合いの声が響き渡る。

グッドスカイ学長もこれも聞いて、警備員に彼を通過させるよう合図した。

「アーサー!⼤丈夫!?」

イライジャは私しか見えないようで、部屋の他の⼈々に全く気づかなかった。

「遅いよ。お土産の一つもないのかい?」

彼は誇張されたため息を吐き出す。

「はぁ・・・そんな話ができれば⼤丈夫だね」

イライジャが落ち着いて周囲を見回すと、私の友⼈の顔は安堵から恐怖へと歪んでいった。

「ふふ、ははは・・・ははは!!」

面白くて笑いが⽌まらなかった。

「おじいちゃん、エラリス夫妻。親友のイライジャです」

「お、お会いできて嬉しいです!失礼な事を申し訳ありません!」

イライジャはすぐにお辞儀をしました。

皆が知り合った後、両親は部屋の反対側でテスの両親とお喋りを続けました。

「お兄ちゃん。私と彼⼥のどちらが綺麗ですか?」

エレナーはテスを指さして、真剣に尋ねました。

「君たちは⼆⼈とも、僕よりブサイクかな?」

私はどうしようもなく肩をすくめたが、すぐに後悔した。

「わぁ!痛い!」

⼆⼈が腕の⽪膚を摘んだ。

「テス、私が⾔ったように、イライジャは私の親友です。仲良くしてください」

「申し訳ありませんが、正式に⾃⼰紹介したことはありません。アーサーの親友のテシア・エラリスです」

彼⼥は⼿を突き出し、イライジャが握⼿を受け⼊れる。

「アーサーの親友のイライジャです。はじめまして」

彼らがお互いを睨みつけたとき、⽕花が彼らの間を⾶んだ。

妹がくすくす笑う。

⻑い間⽬を開けていて疲れたので、瞼が重くなり始めました。

グッドスカイ学長がこれに気づきます。

「さあ、アーサーはもう少し休憩をとるべきだと思うわ。彼の命は危険に晒されていないけれど、今はとても疲れているはずよ」

「また来るわね」

母はそう言って退出します。

「⼗分な休息をとってください」

テスの両親は、私の腕にそっと触れて、短い別れを告げました。

「すぐに追いつくよ、小僧」

ヴィリオンは髪を波⽴たせ、私を怯ませた。

テスとイライジャは⼀緒に部屋を出た。

「はぁ・・・」

まだぐっすり眠っているシルビーを⾒た。

⽬を閉じようとすると、ドアがきしむ⾳を⽴てて開いた。

「何か忘れ物、テス?」

「ねえアーサー・・・」

彼⼥は私の隣に到着し、ドアをちらっと⾒返した。

「うーん?」

「本当に体を動かすことが出来ないと言ったわよね?」

彼⼥が少しそわそわしています。

「たぶん、頭を回して腕を少しだけ持ち上げることしか出来ないけど、どうして?」

彼⼥に頭を向けると、テスの顔が私の顔からほんの数センチ離れていることに気づき、驚いて⽬を⼤きく⾒開いた。

彼⼥は今まで⾒たことのない表情で私を⾒つめ、やがて⽬を閉じて唇を近づけた。

私の上にある彼⼥の唇の柔らかく暖かい感覚は私を驚かせましたが、私の体は反応出来ません。

代わりに、私は彼⼥の左⽬の外側に、今まで気づかなかった⼩さなほくろを⾒つけた。

それから彼⼥はすぐに頭を向けて部屋を退出し、私はぼんやりとその光景を見ることしか出来なかった。

 



 

今回のお話は長かったですが、ニヤニヤしちゃいます笑

テシアが可愛すぎて、他のヒロインが霞んでしまいます・・・。

ついにキスをした二人ですが、アーサーは前世で恋愛経験があるのでしょうか?

次回は二人の心情が分かると思うので、楽しみです^_^

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【92話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【94話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...