最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【94話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は94をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

94話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • side テシア・エラリス

私は彼にキスをしました・・・、私は彼にキ、キスをしました!

部屋を出て、顔の温度が急激に上がるのを感じた。

あれが私の初めてのキ、キスでした!

彼も初めてだったろうか?

私はちゃんとする事が出来た?

彼にキスした時、私の顔は変に⾒えませんでしたよね?

ホールに⽴ち寄り、窓に映った⾃分の姿を⾒た。

窓の真正⾯に⽴って、アートにもう⼀度キスをするふりをして、⾃分がどのように⾒えるかを確認しました。

「あああ!!いやぁあああ!」

恥ずかくなって窓に頭をぶつけて、私は彼にどれほど奇妙に⾒えたに違いないかという考えに叫んでしまう。

額を接着したまま窓越しに外を眺めて、指で唇に触れた。

アートの唇は柔らかかった。

とても傷ついた後なので少し荒れていました、けれど良かった。

「・・・」

反射する自分の顔が倒錯したにやにや笑いを⾒せていることに気づきました。

ああ、神様、私は変態になりつつあります。

強引過ぎたかな?

彼が今の私を見たら幻滅するかな?

「うーん!」

全ては順調だった。

けれど、台無しにしてしまったのでは?

今度会った時、彼が私を無視したらどうしよう?

⽬の隅に涙が出始めたとき、胸がドキドキした。

アートが私を無視した場合、私はそれに耐えることが出来ない。

彼の部屋に戻って、全部冗談だったふりをするべき?

私は⾃分が部屋に戻って、笑って彼を指さしているのを想像しました。

「引っかかったわね!ははは!本当に単純なのだから!」

私は馬鹿ですか?

いいえ!あなたは正しいことをしました、テス!

アートに任せていたら物事は進まない!

彼は⼀緒にいるたびに私を⼦供のように扱います。

だから良かったのです!

「うん!」

私は⾃分を励ますために拳を上げましたが、それでも彼が私を好きではないという考えに⼤きなため息を吐きました。

愚かなアートが私を無視することを選択した場合、私は彼よりも優れた⼈を⾒つけることが出来ます!

彼は平均よりもほんの少し⾒栄えが良いだけ!

彼は魔法の⾯で平凡よりわずかに優れているだけ!

「はぁ・・・」

何を考えているの、私は?

アーサー以外の男性と付き合う⾃分を想像することは出来ません。

確かに、何年にもわたって、私に近づこうとした貴族がいましたが、彼らはアーサーの魅力に一つも勝てません。

「眉をひそめないでください、テス。ますますブサイクになるよ」

私は彼を真似て、嘲るような⼝調で⾔いました。

もう!

理由もなく私の⼼を⿎動させます!

そうよ!テス、あなたが彼を気に⼊らなくて、誰が彼を気にするの?

あなたは才能のある魔道⼠です!

かなり頭が良くて男性からも⼈気がありますよね?

自惚れているようには聞こえますが、あなたは⾒栄えの悪い⼥の⼦ではありませんよね?

アーサーはあなたを捕まえなければ、誰とも付き合えない人です!

彼と話すために必死に言い訳を探している自分にも気づいています。

⾔い訳はたくさんあります!

彼のお母様は個⼈的に私に彼を⾒守るように頼みました、ええ!

それと、ビーストコアの同化!

彼が私にビーストコアをくれたので、彼に⼿伝ってくれるよう頼むことが出来ます!

「はあ・・・」

寮に戻る前に、アーサーの部屋がどこにあったかを最後に振り返った。

 



 

  • 私の恋愛経験

テスにキ、キスをした・・・。

13歳の⼥の⼦、テシア・エラリスにキスをした。

これは犯罪ではありませんか?

私は犯罪者でしたか?

いいえ、落ち着かなければなりません。

私は12歳の少年の体の中にいます。

なぜ私はこんなに罪悪感を感じたのですか?

それと、私からではないですよね?

彼⼥から私にキスをした!

私は犠牲者です!

彼⼥が去ったドアをぼんやりと⾒つめていると、揺れる⼿が唇に届き、彼⼥の唇の柔らかくしっとりとした感触を思い出さずにはいられなかった。

私は横になり、呆然として⼝に触れました。

これは違います。

はい、肉体は12歳でしたが、前世と今世を合わせた精神年齢で50歳近くです!

テスは娘がいたら娘と同じくらいの年齢。

チクショウ!

これは全て、この呪われた体のせいだ!

現在、私の体にある荒れ狂うホルモン!

罪悪感を感じたのは、実際に嬉しかったから。

テスが私にキスしたとき、気持ちが良かった。

私は呻き声を上げ、半分は痛みから、残りの半分はテスと私の間で何が起こるかを考えることからでした。

彼⼥が告⽩したような訳ではありません。

デートすべき?

ダメダメダメ。

私たちの年齢の⼦供たちは、デートが何であったかさえ知っていましたか?

過去の⼈⽣で12歳だった時を振り返って考えました。

私が12歳の時、私の⼈⽣は訓練だけで満たされていました。

孤児院で育ち、デュエリストを育てるためだけの研究所に送られたので、私はデートの経験がありません。

はぁ・・・、テスが嫌いという訳ではありません。

実際に彼⼥の事はとても好きでした。

彼⼥はある意味でまだ幼いが、それを⾔い訳にすべきではありませんよね?

「どう思う、シルブ?」

私は眠っている絆を突いた。

テスが私にキスしたとき、彼⼥が⽬を覚まさなかったのには驚いた。

絆の⽿と⾜で遊んでいると、呼吸が彼⼥と同期し始め、すぐに眠りに落ちました。

 



 

  • 母さんの回復魔法

過去数⽇間で、私の体が回復している間にかなりの⼈々が私を訪ねてきました。

カーティスがやって来て、私が⼤丈夫かどうか尋ねました。

クレアも⽴ち寄って私をチェックし、最新の委員会会議を教えてくれたので、戻ったときに完全に迷⼦になることはありません。

驚いたことに、キャサリンは兄とではなく⼀⼈でやって来ました。

彼⼥は私に⼤丈夫かと尋ね、彼⼥は⼼配そうな表情をしていた。

カーティスは私に何か質問したかったように⾒えましたが、私の状態のために彼は控えました。

果物のかごを⼿に、グローリー教授も訪ねてきました。

「ルーカスはかなり荒れています。けれど、彼のせいにすることはできません。あなたは突然姿を消し、現れました。数百メートル離れたところに瞬時に」

彼⼥は話を続ける前に⼀時停⽌した。

「と、とにかくどうやったの?あんな術は⾒たことがない。グッドスカイ学長でさえ出来ないわ。瞬間移動は神話の中の存在出し、あなたは12歳です」

私は教授と目線の高さを合わせる。

「才能の⽋如や⼀連の不幸な運によって成⻑が⽌まることはありません。そうは⾔っても、誰もが⾃分⾃⾝に残したい秘密が1つか2つあると思います」

その言葉にグローリー教授は混乱し、応答する⼿段がありませんでした。

グッドスカイ学長が⼀度訪れた。

私が教えるはずのクラスに何が起こっているのか尋ねたところ。

今のところ、グローリー教授は私が良くなるまで、代わりに追加のクラスを受講することを志願したと⾔われました。

彼⼥は⻑く滞在せず、主にテスの様⼦を知らせてくれました。

「彼⼥の同化が続くにつれて、彼⼥はますます安定している」

「彼女を見てくれてありがとう、学長」

私は彼⼥に笑顔を与えた。

「私に感謝しないでください、アーサー。彼⼥は私の貴重な弟⼦です。思い出した、私はいくつかの仕事で数⽇間アカデミーを離れます。私が戻るまでテシアの同化を見てあげて欲しいのですが?」

「え、ええ。大丈夫です」

彼女に本当に⽤事があるかどうかは分かりませんが、間違いなくテスに会う⾔い訳を作ってくれました。

シルビアの意志が私の筋⾁や⾻に同化したおかげで、私の体の回復率は速くなりました。

濃い⻩⾊の段階から抜け出す⼨前でしたが、⻩⾊に点灯するまでにはもう少し時間がかかります。

明⽇から診療所を出て通常の学校⽣活を再開する予定でした。

「調子はどうだ?息子よ」

⽗は、私が以前より良く⾒えるかに気がつくと、⼤きな笑みを浮かべました。

「ねえ、お⽗さん」

しばらく沈黙した後、私は彼に私を悩ませていた何かを尋ねました。

「ねえ、お⽗さん。どうしてお⺟さんは魔法を使わないの?私が⼩さい頃に⼩さな傷を癒してくれたんだけど、それだけだった。エミッターの素晴らしさを教えてくれたのを覚えているよ」

「あなたのお⺟さんは・・・、⼼にたくさんの傷を抱えている」

深いため息を吐きながら、彼は続けました。

「あなたはこれを知るのに⼗分成熟していると思いますが、⾟抱強く待ってください。彼⼥は準備が出来たら教えてくれるので、彼⼥が直接あなたに話すのを待ってください」

「分かった。みんな元気?」

「ああ、⺟さんは友達と混ざり合うのに忙しい。しかし、エレナーは・・・」

彼は⾃分⾃⾝に笑う。

「たぶん俺たちはお前を育てるのが簡単すぎたのかもしれないが、時々エレナーをどうしたらいいのか分からないことがある」

以前にはなかったいくつかの皺に気づきます。

「少しだけ距離を空けてください。彼⼥からやってくるでしょう」

⽗の腕を弱く撫でたら、体が痙攣するのを感じたので、体の位置を変えました。

「息⼦よ、ゆっくり休め」

彼はそのまま部屋を退出した。

私は⺟がトラウマを抱えすぎて⾃分の⼒を使えなくなったのではないかと思いました。

「キュ?」

シルビーは私に何を考えているのかと尋ね、私はただ⾸を横に振った。

「何でもないよ、シルブ」

 



 

テシアの心境が可愛いですね^_^

小さな頃から一途に思い続ける彼女の思いが報われると嬉しいですね♪

次に会ったときの二人の会話が気になります!

そしてアーサーのお母さん、アリス。

彼女が回復魔法を使えないのは、アーサーが崖から落ちたのが原因?

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【93話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【95話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...