最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【95話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は95をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

95話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 復学

「アート・・・ゆっくりで大丈夫だから」

イライジャは私をバックアップしてくれた。

怪我をしてから、そして最後に歩いてからちょうど⼀週間が経過した。

起き上がる事は出来るが、まだ万全の体調ではない。

「キュウ・・・」

シルビーは⼼配そうな顔で私を⾒ました。

私は実践魔法の教授として最初の日を迎えたが、現在の状態ではそれほど熱⼼に教える事は出来ません。

ゆっくり歩くことに慣れた後、私はイライジャのサポートを断り、夜明けのバラードを杖として使用した。

「⼀⼈で⼤丈夫?今⽇は授業のフォローをしようか?」

「⼤丈夫だよ」

転ばないという⾃信はないが、イライジャを常に側に置いておきたくなかった。

教室の前に到着しても、彼が私を⼀⼈で⾏かせることを躊躇っていることを私は知っていました。

「アーサー。お⼿伝いさせてください」

私は頭を振り返って、キャサリンが友⼈のグループから離れて私に向かってくるのを⾒ました。

私に返答する機会を与えずに、彼⼥は私の体を支えた。

「えっと。うん、ありがとう」

イライジャに別れを告げて、私たちは部屋に入った。

 



 

  • 新しい教授

「新しい教授が今⽇来ると聞きました!」

「本当?私はグローリー教授が好きだったけどね」

「ガイスト教授よりも優れているはずだよね?」

「今度はもっと危険な変⼈かもしれない」

「ねえ?彼ってガイストを倒した懲戒委員会の役員じゃない?」

「なぜ彼は⾜を引きずっているのですか?」

私が⼊ってすぐに、学⽣たちが私について話す声が聞こえた。

「もう大丈夫、キャサリン王⼥。ありがとう」

「階段を上るのに助けが必要よ・・・」

彼⼥の無表情な顔は、彼⼥の声と⼀致しなかった。

私は⾸を横に振って、彼⼥に先に⾏くように言った。

そのまま私は部屋の中央に向かう。

「ふぅ・・・」

⾒上げると、不思議な表情のフェイリスを発見した。

キャサリンも同様の顔をしています。

生徒たちもこの異変に気づき、クラスメイト間の会話は減少した。

「私の名前を知っている⼈がどれだけいるかは分かりませんが、少なくとも私が誰であるかはほとんどの⼈が知っていると思います。私は懲戒委員会のメンバーであり、アーサー・レイウィンです。そしてあなた達の新しい教授です。仲良くしましょう」

私は頭の中でカウントダウンし、皆がいつ噴⽕するかを予測した。

ほぼ正確に教室を埋め尽くした学⽣たちは、冗談をやめて自分の席に戻るように叫び、不信感と怒りで⽴ち上がった。

グローリー教授、又は、グッドスカイ学長が私が事前に教えることをクラスに知らせれば、こんな事にはならなかったでしょう。

「えーと・・・。グッドスカイ学長が私をこのクラスの教授に任命したと⾔ったら、皆さんは私を信じますか?」

「冗談はやめろ!」

「黙れ!」

懲戒委員会のメンバーを⾒ると、キャサリンもフェイリスも困惑した表情をしている。

「年⽼いた教授を倒したからといって、⽣意気過ぎるぞ!キャサリン王⼥とフェイリスが彼を疲れさせなければ、お前如きが勝てる訳がない!」

一人の2年生が⾶び降りて、⼤きな⾳を⽴ててステージに着陸した。

フェイリスは⽴ち上がって、男を⽌める準備が出来ていましたが、私は彼に向かって⾸を横に振った。

⽣徒の半数は少し緊張していて、残りの半数は男を応援していました。

近づいてくる男に視線を戻し、⼀⾔。

「座れ」

突然⼤量のマナが殺到し、男は一瞬で表情を青褪めた。

部屋は死ぬほど静かになりました。

「グッドスカイ学長は私を証明する公式⽂書をくれなかったが、好むと好まざるに関わらず、私はこのクラスを教えるつもりだ」

私は男をまたいで静かな部屋の反対側に向かった。

「これに異議がある⼈がいたら、私のかわいいキツネと戦えますが、彼⼥はあなた達全員を叩きのめす事が出来ます」

私はシルビーをすくい上げて全体を見回した。

「去りたい⼈がいれば、私は⽌めません。しかし、少しでも興味があるのなら、気軽に滞在してください」

私はドアを指して数秒待ったが、誰も部屋から出ていきません。

「さあ皆さん、席に戻ってレッスンを始めましょう」

男が戻っている間、私はゆっくりとステージの中央に戻った。

「これは実践魔法のクラスなので、実践的な質問をします。周囲の空気の中でマナを利⽤する最良の⽅法は何でしょう?」

ほぼ瞬時に、ポニーテールの女性が手を上げた。

「⼤気中に⾃然に形成されたマナをマナコアに吸収し、呪⽂やテクニックを唱えるときに使⽤するために凝縮して精製することが出来ます」

「正解です。それでは、魔術師のマナコアの⾊は、魔術師の⼒のレベルを測定する本当に正確な⽅法でしょうか?」

キャサリンが悩んでいる表情を見て、私はニッコリ笑います。

「それが今⽇の宿題になります。皆さん、ステージに降りてください!左にコンジュラー、右にオーグメンター」

 



 

  • アーサー教授の授業

最終的には全員がスタジアムに降りてきた。

「この演習では、すべての⼈に自分と親和性の最も基本的な呪⽂を開始してもらいたいです」

オーグメンターは全員、拳を握りしめた状態で集中し始めました。

数秒後、それぞれの要素が拳を包み込むと、彼らの呪⽂が⾒えるようになります。

フェイリスとキャサリンが呪⽂を形成するのにかかった時間は、他の誰よりも遥かに速かった。

呪⽂におけるオーグメンターとコンジュラーの唯⼀の違いは、オーグメンターの要素が拳を囲み、コンジュラーの要素が⼿のひらの前に集まっていること。

「では、オーグメンターは⽬の前で呪⽂を発動してほしい。コンジュラー、⼿に持った呪⽂を吸収してほしい」

私は無邪気な笑顔を⾒せた。

数秒後、彼らは私が冗談を⾔っていないことに気づき、⼀⼈ずつ、彼らの性質に⾮常に異質な概念で彼らの試みを始めた。

約10分間苦労した後、ほとんどの⼈は諦めて私を⾮難した。

フェイリスとキャサリンでさえ疑いの表情を浮かべていた。

「これは馬鹿げている。⻑距離の呪⽂を唱えることが出来るのは⾼レベルのオーグメンターだけであることは誰もが知っている!」

オーグメンターの学⽣の⼀⼈が怒鳴った。

「そうだ!準備した呪⽂を吸収する意味は何だ?」

エルフの学⽣が泣き⾔を⾔う。

私は⽣徒たちから離れて、ステージの反対側に向かう。

⽣徒たちを追い越す前に、私の⼿の周りに突⾵を発⽣させる。

それが⾦属の壁に達するまでに、空気の弾丸は放散した。

学⽣の⼀⼈は、「⼤したものですが、ほとんどのオーグメンターは、オレンジ⾊の段階に達するとそれを⾏うことが出来ます」と反論した。

「確かに、これを⾏うのは難しいことではありませんが・・・」

私はもう⼀⽅の腕を上げ、⼿のひらから直接圧縮空気の弾丸を発射しました。

攻撃が後ろの壁にもう⼀度当たると、今度は壁が圧⼒で陥没し、⼩さなクレーターを形成した。

「オレンジ⾊の段階でこれを⾏うオーグメンターを⾒たことがありますか?」

同じ呪⽂の衝撃に驚いた⽣徒たちは、私と壁の間で頭を前後に動かした。

「コンジュラーが発動する呪⽂を吸収出来るとどうなるかを正確に⽰すことは出来ませんが、私を信じてください」

私は台に戻ってよろめき、シルビーを掴みます。

「今⽇は以上です。質問に対する答えを考え出し、私があなたに⾔ったことを練習してみてください。また明⽇ね」

外に出ると、中の⽣徒たちが興奮して噴⽕するのが聞こえた。

「どうしたんだ、シルブ?」

私はシルビーを⼿放して尋ねました。

「悪くなかったけど、私ならもっと上手く出来ます」と彼⼥は明るく答えた。

 



 

今回はアーサー教授の初めての授業です。

年下の教授という事で、生徒たちは怒りますが、一瞬で黙らせましたね笑

アーサーの授業は革新的な内容だと思うので、人気がありそうです♪

残念ながら、今回はテスの登場はありませんでした・・・。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【94話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【96話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...