最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【96話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は96をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

96話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 王女との会話

外のベンチに座って深呼吸をした。

授業が少し早すぎたのに気づき、ほとんどの⽣徒はまだ教室にいる。

「この席は空いていますか?」

私は頭を向けて、キャサリン王⼥が前かがみになっているのを⾒た。

「どうぞ」

彼⼥は慎重にハンカチをベンチの上に置き、その上に座る。

「兄から何が起こったのか聞きました・・・、ごめんなさい」

私はシルビーに⽬を向け続けましたが、柔らかい笑い声で応えた。

「どうして君が謝るの?それが君の兄のせいであったとしても、まぁ違いますが、彼はすでに謝ってくれました」

「いいえ・・・、私の家族はあなたに多くの謝罪をしなければいけません。セバスチャンと私の⽗についてです・・・」

私は初めて、キャサリンのいつも無表情な顔が赤らんでいるのを見て、彼⼥がパニックに陥っている事に気づく。

「お姫様、あなたの表情に違いが⾒られたのはこれが初めてだと思います。いい変化ですね」

彼⼥がさらに明るく顔を⾚らめ、体を私から遠ざけると、私はニヤリと笑った。

「・・・お願い。アーサー、私をからかわないで。あなたがこのような⼈とは思っていなかった」

キャサリンはそっぽを向いたまま⾔った。

「え?私がどんな⼈だと思っていたの?」

好奇⼼で頭を傾けます。

「うーん、オークションイベントで初めてお会いしたとき、あなたがかなり大人びていることに気づきました・・・」

彼⼥は振り返らずに呟いた。

「あなたはわずか8歳のときに、⼈々を観察するが能力があったのですか?」

⼈の態度を読むことは、⼤⼈が何年にも渡って身につける能力でした。

「はい・・・。王国の唯⼀の王⼥であるため、その能力をかなり早く習得することになりました。⽗と兄の両⽅がかなり個性的なので、⺟と私だけが時々普通の⼈であるように感じました」

キャサリン王⼥は振り返って私に向かいました。

「そう?お兄さんに異常なことは何も⾒つかりませんでしたけど。彼はかなりカリスマ的でしたし」

オークションハウスで、初めてカーティスに会った時を思い出しました。

それと⽐べると、彼はかなり成熟していた。

「はい、彼はあなたに謝罪することが出来たので、ずっと良くなりました。かなり大人になりましたよ」

彼⼥はため息をついた。

「最初にあなたに会ったとき、あなたは他の⼈とはとても違うことにすぐに気づきました。何て言えばいいのか?私はあなたにとても興味をそそられました・・・」

「はは・・・。そうですか?ずっと顔が反応したり変わったりしなかったので、逆だと思いました」

4年前の出来事を思い出しながら、ふんわりと笑う。

「お詫びします。顔の筋⾁を上⼿に使うのが苦⼿なので」

⼒強く表情を変えようと、頬を指で上下に押している姿を可愛いと思った。

「顔が硬いので、マスクをしていると思い始めました」

微笑むと、彼⼥が私の顔を⾒つめているのを感じ、少しぎこちなく感じた。

「・・・練習します」

彼⼥の表情が少し決⼼している事に気づいた。

「ぷふふ!感情を押し下げないで、あなたの気持ちに応じてあなたの顔を思い通りに動かしてください。あなたが悲しいと感じるとき、あなたの顔は⾃然と眉をひそめる。あなたが幸せなとき、あなたの顔は⾃然に笑顔になりたいでしょう。こんな風に!」

醜いしかめっ⾯から明るい笑顔に切り替わると、顔の表情が誇張されすぎて、キャサリンはいきなり顔をそむけました。

おっと!やり過ぎましたか?

 



 

  • side キャサリン

弱点は⾒せられませんでした。

私は⺟以外の王室で唯⼀の女性として、守る義務がありました。

男性が私の好意を得るために私を訪ねてきたとき、彼らが私に対して使⽤できる弱点を⾒せませんでした。

それが私の戦い。

私は⼼を読むことが出来ませんでしたが、全ての男性が下⼼を持っていたのを⾒るのは難しくありませんでした。

王室の⾎統、優れた能⼒、そして外⾒・・・。

⼈々が⾃分たちの⽣活を楽にするだろうと信じていたのは、私が望んでいた⾃由を奪った束縛。

それでも、目の前の同年代の男の⼦は、遥かに才能があり、人々から求められていた。

私も彼のようになりたい。

彼が私とそんなに違うのは何故?

彼はどうして自由に見えるの?

色んな表情を浮かべるアーサーを見て、私は思わず笑ってしまった。

笑った後すぐに⼝を覆い、笑顔を隠そうとすると。

「ほら!そんなに難しくなかった!」

彼の誇張された笑顔は優しくなり、私を慰めてくれた。

「実践魔法の代わりに、このようなことを教えるべきですよね?」

「思い出しました。あなたが⽰した⾵の弾丸の呪⽂は、コンジュラーの呪⽂のように⾒えました。どうやったのですか?なぜあなたが召喚⼠に吸収させようとしたのかについても興味があります。私はそれをしている召喚⼠を聞いたことがありません」

私の⼼を満たした質問について興奮した⼦供のようになり、私自身を当惑させました。

「ああ!それであなたは私のところに来たのですか?」

彼は私から⾝を乗り出し、ショックを受けていた。

「い、いいえ!もちろん違います!それは私の意図ではありません!」

違います!

私に迫ってきた彼らと一緒にはなりたくなかった。

彼がベンチに座っているのを⾒て・・・、なぜ私は彼の隣に座るように頼んだのだろうか?

⼿が彼の腕に少し触れていることに気づいて、すぐに引き戻しました。

「冗談ですよ、お姫様。しかし、私があなたに教えても良いのかどうか。あなたにそのような利点を与えることは私にとってあまり公平ではないでしょう?」

彼は私に⼩さなウインクをくれたので、突然胸が重く感じました。

何で?

「あなたが正しいと思います。あなたが割り当てた宿題の答えを聞くのは不公平ですよね」

「うーん・・・まあ、仲間の懲戒委員会のメンバーに少しポイントを与えることは出来ます。⾒ててください」

彼の左⼿を取り巻く柔らかい⾵が渦巻くにつれて輝き始めました。

⼿⾸を軽くはじくと、⼩さな突⾵を前⽅に向けて発射する。

「オーグメンターの宿題についてのヒントです。コンジュラーに割り当てたものについては、後ろ向きに考えてください」

「今から始めます。顔の表情についてもっとレッスンが必要な場合は教えてください」

彼は笑顔を浮かべて、ゆっくりとベンチから立ち去った。

ベンチは私だけが座るには⼤きすぎるように⾒えて、少し空っぽに感じずにはいられませんでした。

 



 

  • トレーニングルーム

「クラスの初⽇に怪我をしたと聞きました。⼤丈夫ですか?」

エミリーが心配そうに尋ねました。

授業中だったので、ギデオンがチョークを彼女に飛ばし、質問した。

エミリーは質問に完璧に答えていた。

私たちは少しの間メモを交換し、何が起こったのかについて、お互いにメモを書く事にした。

授業が終わり、私たちは昼⾷を取りに⾏きました。

もっと肉を取れと言うシルビーと会話していると、エミリーが変な表情を浮かべていました。

「あなたの絆が何を⾔っているのか理解出来るのですか?」

「すべての絆が出来るんじゃ?」

私は尋ねた。

「いいえ、聞いた事がありません。実際には、彼らは感情をある程度理解できますが、⼝頭では理解できません」

シルビーを詳しく⾒ると、彼⼥は⽬を細めました。

「絆が不満を感じただけさ」

「そうですよね」

彼⼥は肩をすくめた。

その時、イライジャからグッドスカイ学長が呼んでると言われた。

私は食事を終えた後、彼とエミリーを残して、席を立った。

グッドスカイ学長は、病室にいる間にプライベートトレーニングルームがどこにあるかを教えてくれたことを思い出した。

その場所はマナ密度が⾼く、訓練が容易になるそうだ。

受付の女性クロエに案内されて、私は目的の場所に到着した。

部屋の中を⾒ると、薄暗いホールに⽐べて明るい。

シルビーを抱きしめているテスは、⽩いトレーニングローブを着ていました。

「こ、こんにちは」

テスが頭を下げて、そう⾔った。

「ねえ、テス」

私は彼⼥にぎこちない笑顔を与えた。

「は、始めましょうか?」

テスは、恥ずかしそうにローブを脱ぎ始める。

「ま、待って、何?何から始めるの?」

彼⼥の裸の肩を⾒たとき、私は慌てて後退りした。

「同化!おじいちゃんは、素肌の方が上手く出来るって言ってた!」

胸がガーゼで覆われていることに気づいて、彼⼥の顔は真っ⾚でした。

ああそうだ・・・同化・・・。

待って、今何て?

おかしなおじいちゃん、孫娘に何をさせているの!?

「あ、あなたは同化のために服を脱ぐ必要はない、馬鹿げてる!彼はあなたをいじったんだ!」

私は⼿で⽬を覆った。

落ち着いて、アーサー。

彼⼥はたった13歳です。

このように彼⼥を⾒ることは犯罪です!

「う、うるさい!どうしたらいいの・・・」

彼⼥の隣に跪いて、私は⼿のひらを彼⼥の暖かくて薄い背中に置きました。

4つの要素すべてを使⽤して、マナを制御して彼⼥の体全体に広げる。

エルダーウッドガーディアンのビーストの意志から来るマナを打ち消す。

テスの不規則な呼吸はすぐに落ち着き、彼⼥が安堵から喘ぎ始めたとき、痛みからくる震えは消えました。

ローブを彼⼥の体にそっと持ち上げながら、私は池に歩いて⾏き、冷たい⽔で顔を洗った。

落ち着く必要があります。

テスは私の隣に座って、私を⾒つめました。

彼⼥は何かを⾔いたいかのように、顔を⾚らめている。

少しためらった後、彼⼥はしっかりとした声で私に話しかけました。

「アート、少し話せますか?」

 



 

キャサリン王女も魅力的ですよね♪

二人が話しているのをテシアが見たら、絶対に勘違いしますよね汗。

アーサーが最終的に誰を選ぶか分かりませんが、次回のテシアとの会話で進展することを願っています^_^

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【95話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【97話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...