最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【97話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は97をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

97話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • 本当の気持ち

「アート、話せますか?」

テシアが決⼼したとき、彼⼥の声の僅かな震えは消えていました。

「もちろん」

私は腰を下ろす。

「キ、キスした事について、あなたは怒っていますか?」

テスの顔は真っ⾚でした。

「怒っていないよ。驚きましたが、怒っていません」

エレノアで彼⼥と⼀緒に住んでいた時からずっと、テスが私に好意を⽰していることに気づかなかったと⾔ったら嘘になるでしょう。

けれど、私は現時点で何を⾔うべきか分からなかった。

テスが好きか嫌いかを選ぶのなら、もちろん前者だが、この状況はそれほど簡単ではありません。

王族の⼦供たちが13歳か14歳で結婚するのは不⾃然ではない。

戦いと政治しか知らない私は、恋愛の基本的な部分を理解出来ていなかった。

「アート、何を考えてるの?」

彼⼥の深く皺を寄せるにつれて、彼⼥はより近くに寄りかかってきた。

この問題は、私が避け続ける事の出来ない問題。

「テス、私たちは4歳の時からお互いを知っていました。あなたのおじいちゃん、そしてあなたの両親さえも私に優しく接してくれた。それに・・・」

「あなたが何を⾔おうとしているのか分からない」

「テス、私たちはまだとても若いです。あなたが王族であるため、あなたの年齢の⼥の⼦が結婚するのは変ではないことを知っていますが、私にはそのような背景がありまん」

自分でも動揺しているのが分かる。

「アート。あなたはただ⾔い訳をしているだけ。私が言いたいのは結婚という意味ではない事を、あなたも気づいているはず。ただ、私は先に進みたいだけなの。いつまでも子供扱いじゃ嫌なの!!」

「少なくとも今のところは・・・。テス、あなたをそんな風に見れない。久しぶりの再開から、まだそれほど経っていないじゃないか?」

些細な⾔い訳が、私の頭にどんどん浮かんでくる。

「あなたは私に、これまでずっと⼀度も私を幼なじみ以上の存在だと思ったことがないと⾔っているの?」

私は視線をそらし、テスを⾒つめ続けることが出来なかった。

どう答えたらいいのか分からない。

この体で12年間過ごしたが、前世で過ごした40年近くの記憶も残っています。

訪問するたびに「おじさん」と呼ばれた孤児院の⼦供たちの思い出があり、テスをその⼦供たちの⼀⼈として想像せざるを得ませんでした。

「そっか・・・」

彼⼥は私の沈黙を答えとして捉える。

テスが訓練施設のドアを開けます。

彼⼥は振り返らずに⾔った。

「アート。あなたはたくさんのことに⾃信があります。けれど、知ってますか?あなたは自分の感情に⽴ち向かうのが得意ではありません。あなたは⾃分の強みに対する⾃信を使って、⾃分の不安を隠しています!」

ドアが閉まると、滝の⾳すらカバー出来ない不気味な沈黙が残る。

「パパの馬鹿・・・」

シルビーは数メートル離れた所で丸まって、私に背を向けた。

私は池の前に座って、彼⼥の最後の⾔葉に唖然とする。

過去の⼈⽣でさえ、偉⼤な王であることを除けば、男性としての魅力はありませんでした。

⼤衆にアピールするカリスマ性と性格を持っていましたが、対⼈関係に関しては平凡。

私は⻑期的な関係を避けて成長した。

それらを重荷に過ぎないと⾒ていたから。

誰かが私の家族の誰かを誘拐した場合、私がどれほど強くても・・・。

チーム戦のクラスで、テスとどのように向き合えば良いのだろうか?

テスを怒らせたので、シルビーでさえ私の頭の上でふくれっ⾯をしていた。

 



 

  • モヤモヤを抱えて

「よろしくお願いします、アート」

クレアが私に駆け寄り、背中を叩きます。

「体の調子はどう?」

カーティスも私たちに追いつき、心配してくれます。

「大丈夫そうで良かったよ、レイウィン!」

グローリー教授は、私たち三人を⾒つけて喜んでいたが、悪意のある意図が彼⼥の横から放たれていた。

ルーカスは⾃信を持って私たちに向かって⼤きく歩き、厳しい表情を浮かべている。

私のシャツを掴んで、彼は顔を近づけた。

「私たちは再戦が必要だと思います」

「何かをお願いするには失礼だと思うけど」

彼の⼿⾸を握って、私は冷たく答える。

ルーカスの⼿が⼒を失うのに⼗分なほど強く握り、マナを吹き付けて、彼を跪かせた。

痛みに顔を歪めたルーカスは、聞こえないように呟いてオレンジ⾊の炎を呼び起こし、私に向かって発砲しようとする。

「やめろ!!」

グローリー教授は、私たちの間に鞘付きの剣を押し込んだ。

「アーサー、展望台で見学してください。グッドスカイ学長の命令です。ルーカス、あなたは落ち着きなさい。今はその時ではありません」

私の⽬は無意識のうちにテスを探しましたが、彼⼥はどこにも⾒つかりませんでした。

「グローリー教授、テシア姫はどこに?」

「彼⼥はあなたが来る前に、気分が悪いと⾔って欠席しました。クライヴが彼⼥を寮に連れていきましたが、どうして?」

グローリー教授は尋ねました。

私は頭を横に振って嘘をついた。

「展望台に上がることは出来ますよね?数⽇は休んでください」

私は楽しみながら授業をしっかりと把握する。

けれど、テスとの会話が頭から離れません。

⾔ったことを後悔していませんが、実際にそれが正しかったのかどうか疑問に思いました。

次のクラスは、コンジュラーの授業。

ドライウェル教授は、最初に基本をカバーすることを最重要視していた。

「私たちを取り巻くマナは、⽕、⾵、⼟、⽔のマナだけで構成されています。特殊魔法は、4つのオリジナルと⽐較してはるかに⾼いコストがかかります。なぜなら、⼤気中には稲妻、植物、重⼒、⾦属、マグマ、⾳、氷のマナなどが存在しないから」

ドライウェル教授はお喋りでした。

「私たちの世界の4つの主要な元素マナから逸脱した魔法は、さらに⼤きなコストがかかります。しかし、エミッターは本質的にヒーラーです。彼らはマナの使⽤量が少なくても、呪⽂にかなりの効果があります」

私は最後のクラスである、呪文形態の授業に足を踏みいれた。

メイナー教授は、⽚眼鏡を持った学者のような男で、髪の⽑は真ん中で分かれていました。

教授は素晴らしい講義をしていましたが、テスの鋭い⾔葉を思い出して、私は集中することが出来なかった。

寮に戻って歩いていると、心ここに在らずで、何度もつまずいた。

くそっ・・・。

⽣徒会の寮がある場所に⽅向を変えます。

テスに会うにはどうすれば?

[パパ、ママは向こうにいるよ]

シルビーが前⾜で東を指さし、私は疑うことなくその⽅向に⾛った。

「⼤丈夫だと言っています!だから⼿を放してください、クライヴ」

噴⽔近くの中庭からテスの声が聞こえました。

「いいえ、あの少年があなたの心を掻き乱したのです。彼は問題のある生徒だ!彼の身分が間違いなく原因です。グッドスカイ学長がこの名⾨アカデミー、そして、懲戒委員会のメンバーとしてあの平民を許可した理由は想像出来ません!」

テスの⼿⾸を握るクライヴ。

彼は私が近づいてくるのに気づき、顔はしかめっ⾯になる。

「ここで何をしている?テシア王⼥がこれほど体調を崩した後に、会おうとしているのか?そうだとしたら、今すぐ殺す!」

クライブを無視して、私は背を向けたテスを⾒ます。

「テス、ちょっと時間をいただけますか?」

「私を無視しているのですか!?」

彼が私の肩をつかむと、クライヴは咆哮した。

ハエがいつまでも⽿元で鳴っているので、我慢出来なくなった。

「うるさい」

私はうなり声を上げ、ルーカスと同じようにマナで彼を攻撃した。

クライブは押し戻され、近くの⽊に転がり込んだ後で停⽌する。

「き、貴様!一体、何を!?」

「やめなさい」

テスはクライヴと私の間に⼊り、私の⼿を握って中庭から連れ出した。

 



 

  • これからの未来

「テス、歩くのが速すぎます。まだ傷が癒えていないので」

「ああ、ごめんなさい」

テスは振り返ると、彼⼥の厳しい表情はほんの⼀瞬柔らかくなり、その後再び固まった。

私たちは理事会と⽣徒会の寮の間の路地にいる。

「それで?何か用?」

テスの視線は厳しい。

「テス。あなたが以前に私に⾔ったことには多くの真実がありました。私はいつもそれに直⾯することを恐れていました。魔法と戦いはとても簡単です。訓練すればするほど、より良くなり、より良い結果が得られます」

テスの表情は変わりません。

「若すぎると⾔った事を⾔い訳をしていたと思うかもしれませんが、それが私の本心です」

正しい⾔葉を考え出そうとして、私の⼼は猛烈に働きました。

「いつもあなたのことを気にかけていて、家に帰ったときにあなたがいなくて寂しかった。もっと早く⾔っておくべきだったけれど、お願いだから、私を嫌わないでほしい」

私の幼なじみは舌打ちをして、腕を組んだ。

「あなたは私を待たせる為に言っているに違いありません。他の⼥の⼦を⾒つける時間を作るために、言い訳をしてるんじゃないの?」

私はすぐに⾸を横に振った。

「すぐに誰とも付き合うことはないよ」

「何でそんな事が言えるの?知ってると思うけど、私は我儘なの。あなたが他の女の子と喋ってるだけで・・・」

テスの声は震えていた。

「もし他の女の子が好きになったら、私を恋愛対象として見れないって言って欲し・・・」

1秒間、私は良⼼を遮断し、彼⼥にキスをした。

この瞬間、本当に自分が12歳の少年のように感じました。

「これが私に出来ることの限界です」

ぼんやりとしているテスは、中指と⼈差し指が唇に触れたときに⽬を輝かせた。

「テス?」

幼なじみは瞬きをして、すぐに唇から指を離しました。

「結構です。でも、気をつけたほうがいいわ!私はかなり⼈気があります。⻑く待たせてしまうと、他の誰かが私を連れて⾏ってくれます!」

「分かったよ」

テスが突然つま先で上がって頬にキスをしたとき、私はついにテスと仲直りすることが出来て微笑んだ。

「先週の授業で、私を救ってくれてありがとう」

彼⼥は振り返って寮に逃げる前に⾆を突き出した。

幼なじみが数年、あるいは10年も待つ気があるのではないかと思ったが、もう考えないことにしましょう。

明⽇の問題は明⽇の私によって解決されます。

 



 

前世のあるアーサーからすれば、テシアを女性として見るのは難しいですよね・・・。

他の作品でも言えることですが、エルフ族との恋愛で一番困るのは寿命の違いな気がします。

この世界のエルフ族の寿命は分かりませんが・・・。

何はともあれ、仲直り出来て良かったです♪

今はまだ恋人ではないけれど、二人の今後に期待ですね^_^

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【96話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【98話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...