最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【98話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は98をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

98話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • side テシア

私は部屋に着くとベッドに⾶び込み、両⼿で真っ赤な顔を覆っていました。

シーツを前後に転がしながら、喜びの叫び声を出さずにはいられません。

「へへへへへ・・・」

変態みたいに笑ってしまう。

しかし・・・しかし、アートがついに私にキスをしました。

彼が私にキスをした!!

「へへへへへ・・・」

落ち着くことができず、転がりながら⽑布に⾝を包む。

彼がキスをするイメージが私の頭を満たし、ニヤニヤ笑いが止まらない。

私からキスした時とは違う感じ。

なかなか説明出来ませんでしたが、間違いなく気持ち良かった。

「これに慣れることが出来たら・・・」

唇をそっと触りながら、声を出して呟く。

私たちの結婚がどのようになるか想像し始めました。

⼦供たちはどのように⾒えるのだろうか?

アーサーはかっこよくて、私も醜くありません。

⼤丈夫よね?

でも、⼦供を産むためには・・・。

想像すると、⽿から蒸気が出ているのが感じられました。

家庭教師から⾚ちゃんがどのように⽣まれるかを知りましたが・・・、ははははは早すぎます!

それに加えて・・・。

アーサーはしばらく時間をほしいと言ってました。

それが何を意味するのだろうか?

別の⼥の⼦が彼を好きになって、彼がその女の子を選んだ場合はどうなりますか?

結局のところ、私はただの暴⼒的で⽢やかされた少⼥。

なぜ彼が私を選んでくれると思えるのでしょうか?

考えれば考えるほど自信がなくなります。

だ、⼤丈夫ですテス。

私たちはまだ若い。

時間がかかっても、やがては上手くいくと思いますよね?

もー!!

落胆するのをやめて、寝ましょう、テス!

 



 

  • 目覚めの良い朝

いつもはシルビーの叫び声で⽬を覚ますことが出来たが、今⽇は⿐を噛まれることで⽬が覚めました。

「おはよう!」

眠っているルームメイトを叩き起こす。

「うわぁ!何?えっ!?どうしたの?」

突然の衝撃でイライジャはパニックになりました。

「おはようと⾔っただけ」

私は肩をすくめ、懲戒委員会の制服を着ます。

「何か良いことが起こりましたか?あなたは少し幸せすぎます。何となく不安だ」

「考えすぎだよ、イライジャ」

軽く笑いました。

「変なの・・・」

イライジャはそのまま二度寝した。

周りに誰もいないことを確認して、私は建物から⾶び降りる。

調⼦が万全とは⾔えませんが、昨⽇に比べれば格段に良くなったでしょう。

テスの同化も手伝わなければいけませんし。

昨⽇、彼⼥にキスしたなんて信じられません。

振り返ってみると、過去の⼈⽣でも、キスをしたことはありませんでした。

私は恋に落ちることに興味がなかった。

むしろ、愛を恐れていた。

この世界で最も学んだのは、魔法でも戦闘でもありません。

この⼈⽣が私の無慈悲な⼼を開いてくれた。

今回は護らなければいけない⼈がいるので、過去の⾃分よりも強くなければならない。

気がつけば、懲戒委員会の部屋に辿り着いていた。

この部屋はトレーニングルームとしても使⽤できます。

ドアを開けると、カーティスとセオドア・マクスウェルが模擬戦を行っていた。

横から決闘を眺めていたクレアが私に⼿を振る。

クレアの隣に座って、カーティスとセオドアの決闘を⾒ます。

火のオーグメンター、カーティスと重力魔法を操るセオドアの戦いは拮抗していた。

ヒートアップする彼らを見て、クレアはカイに決闘をやめさせるようにお願いします。

彼が放つ細い⾦属の弦がセオドアとカーティスに向かって⾶び出し、彼らの間に⾦属フェンスが形成される。

彼のスキルの属性を理解することが出来なかった。

「アーサー、私に興味を持ちましたか?」

「何をしたのか少し興味があります。⾦属を操作したり、⾳を使って⾦属の弦を制御したりしているようには⾒えませんでした」

「⾔っておきますが、これ以上詮索したら、あなたを殺さなければなりません」

「それは脅迫?」

会話が悪化していることに気づき、クレアが止めに入る。

その後、キャサリンが部屋に入ってきた。

フェイリスはドラドレアと何かについて議論している。

⼿を上げてキャサリンに⼿を振るが、⽬が合うとすぐに、彼⼥は別の⽅向に頭を逸らした。

「全員座ってください」

クレアの指示で私たちは円卓に座る。

「これは出席者全員との最初の会議であり、私たちが任務を開始する最初の⽇です」

クレアは真剣な声で発表しました。

その後は、上級生と下級生で役割を分担していく。

各メンバーのバッジには、それぞれの色で光る発信機のような機能がありました。

「議題はすべて終わったので、後は自由にして下さい」

最初のクラスが始まる前に、1時間弱の睡眠を取れそうでう。

下の階にはソファがいくつかあります。

 



 

  • vs セオドア

ソファに向かうと、ドラドレアからスパーリングをしようと提案される。

しかし、彼女は手加減の出来る相手ではないと判断し、セオドアが代わりを引き受けた。

その光景にクレアはため息を吐く。

「アーサーは怪我をしているので、1分間だけ。今度はバリアをアクティブにして、壁にひびが入らないようにしています」

シルビーが⼤丈夫かと尋ねたので、私はうなずいた。

怪我をするかもしれませんが、セオドアとも決闘したかったのでワクワクします。

コンジュラーと戦うことは、何かを学ぶのに役⽴つかもしれませんから。

「始める前に⾔いたいことはありますか?」

セオドアがそう尋ねる。

「私が勝ったらテオと呼んでもいいですか?」

まだ痛む体を伸ばしながら、私はニヤニヤ笑った。

予想通り、彼は怒りで顔が歪んでいます。

「構いませんが、私が勝った場合。あなたの学校⽣活の残りの間、私の⼿先になりなさい」

「決闘は1分間、どちらかが最初のヒットを獲得するまで続くことを忘れないでください」

クレアが開始の合図を鳴らした。

セオドアは熱狂的な雄⽜のように突撃してくる。

⾵属性マナを使⽤して、距離を保ちながらアリーナの周りを走ります。

セオドアの重⼒魔法は、軽視するものではありません。

彼が重⼒操作をどこまで使⽤出来るかを測定するために、色んな距離で土の破⽚を撃ちました。

セオドアは私がしていることを理解出来ていません。

「⾛り続けさせてあげると思いますか?」

セオドアは周囲の重⼒を減らし、速度を⼤幅に上げた。

私は笑顔で計画を実⾏に移しました。

⾵を包み込んで⾜元に凝縮し、セオドアを驚かせる速さで彼に向かう。

【ドラフトステップ】

瞬時に彼の胸元まで接近し、私に注意を向ける。

事前に気づかれないように放った岩は重力を失い、頭上から激突する。

重⼒の増加による岩の重さは、セオドアを一瞬で気絶に追いやった。

「そこまで!」

「いい決闘でした、テオ」

私は彼に近づき、相⼿の肩を軽くたたいた後、部屋を退出した。

昼寝をするベンチを探しに⾏きましょう。

 



 

テシアとアーサーの子供、メチャクチャ強そうですね^_^

とんでもないサラブレッドが誕生しそうです♪

けれど、それはまだまだ先のお話でしょう。

他にも魅力的な女性は大勢いますので、今後の展開も楽しみです!

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【97話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【99話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...