最強の王様、二度目の人生は何をする?

最強の王様、二度目の人生は何をする?【99話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は99をまとめました。

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 



 

私は史上最強の「王」である。

数多の敵を退け、数々の功績を残した歴代最高の覇王だ。

しかし、ある朝目覚めた私は奇妙な違和感を覚える。

手足が短い、視界が極端に低い、見知らぬ男女が私を「アーサー」と呼び、微笑みながら覗き込む。

そう…私は無力な赤子に転生してしまったのだ!

最強の王様がいたいけな赤ちゃんに転生する、痛快冒険ファンタジー‼

  • 登場人物

アーサー・レイウィン:主人公。前世では国王だったが老衰で新たな人生を迎える。キシラス・アカデミーに入学する。

シルビー:龍「シルビア」の子供。アーサーのマナ・ビースト。

テシア・エラリス:エルフ。エレノア王国の王女。キシラス・アカデミーの生徒会長。

イライジャ・ナイト:Aクラスのコンジュラー。専門分野は大地。アーサーのルームメイト

リリア・ヘルステア:ヘルステア家の長女。アーサーの指導で学園に入学出来た。生徒会の書記を務めている。

ルーカス・ワイクス:Aクラスのコンジュラー。プライドが高く、口が悪い。

  • 用語

アドベンチャラー:冒険家の事。

オーグメンター:マナによって、巨大な力と守りと機敏さを備え身体を強化する戦士

コンジュラー:マナを外の世界へ放ち、思いのままに環境に合わせることができる魔術師。

エミッター:重病人を治療できる数少ない魔術師。

マナコアの色:黒→赤→オレンジ→イエロー→シルバー→白の順に優れている。それぞれの色は3段階(濃い、普通、淡い)に分かれて、淡いほど純度が高い。

キシラス・アカデミー:魔術師の学校。

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...

 




 

99話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

  • アーサー教授の宿題

「宿題をしてきましたか?」

私はマナ操作の基礎クラスでほとんど眠っていたので、かなり気分が良くなりました。

フェイリスが自信たっぷりに答える。

「マナコアは、メイジのパワーレベルを簡単かつ正確に測定するための優れた⽅法です」

「それは確かに魔術師の⼒を測る簡単な⽅法ですが、正解にはほど遠いです。キャサリン王⼥、2メートルの身長で筋⾁でいっぱいの敵を⾒たら、どう思いますか?」

フェイリスの隣に座っていたお姫様に視線を向ける。

「敵には強い⼒があると判断します」

「正解です。マナコアをより⾼いステージに洗練することは重要ですが、それが対戦相⼿のレベルを測定するために使⽤する唯⼀の要因である場合は、敗北の準備をしていることになります」

何⼈かの⽣徒がメモを書き始める。

「質問!!」

「はい、マートルさん」

「対戦相⼿のマナコアを感知しようとすることが、対戦相⼿のレベルを正確に測定する⽅法ではない場合、私たちはどうすればいいのでしょうか?」

「対戦相⼿があなたよりも強いと思い込んでください。マナコアステージを測定することは、あなたの好奇⼼を満⾜させるために使⽤されるべきですが、それ以上のものはありません。常に相手の方が実力が上と判断すれば、あなたは慢心で負けることはないでしょう」

私は1分間⼀時停⽌した。

「要するに、⼈⽣はそれほど単純ではないので、マナコアの⾊で相⼿を倒せるかどうかを判断しないでください。常に相⼿があなたより強いと思い込んで頑張ってください」

講師というよりは、精神論のような説明。

「さて、次の宿題です。2つの⾵の呪⽂で、私が最後に何をしたかを理解している⼈はいますか?」

沈黙が部屋を満たします。

「最初に、オーグメンターの答えを少しお見せします」

紙を⼩さなボールにくしゃくしゃにして、マナを吹き込んで遠くに飛ばします。

しわくちゃの紙のボールを約15メートル離れたところに吹き⾶ばすことが出来ました。

⼀部の⽣徒の顔は理解し、他の⽣徒は驚いています。

フェイリスが地⾯の紙のボールをぼんやりと⾒つめている間、キャサリン王⼥は猛烈にノートに⾛り書きしています。

「私がやったことを多くの⼈が理解しているようだったので、誰かが残りの⼈に教えてくれませんか?」

散らかった紙⽚を拾いながら聞いてみる。

「マナを⼩さな点に集中させ、圧縮して撃ち出すことと関係がありますよね?」

巨⼤な槍を持った臆病な少⼥が、静かな⼝調で回答する。

「正解です。オーグメンターは、⻑距離の呪⽂を唱えようとすると、呪⽂が⼤幅に弱まります。最初は慣れにくいですが、マナをうまくコントロールできると⼤いに役⽴ちます。今度はコンジュラーの番です」

私はもう⼀度しわくちゃの紙を拾いました。

「⽬を閉じて想像してみてください」

⽣徒たちはお互いを⾒て混乱しましたが、それでも目を閉じました。

私はコンジュラーがマナを取り込むことで、身体強化に繋がることを説明した。

彼らが⽬を開けて、私が今⾔ったことについて熟考している間、クラスは沈黙に包まれている。

説明が終わると、全員がステージに降りてきて練習を始めた。

⼩さなヒントを与えながら、彼らを助けました。

巨⼤な鐘が鳴った後、クラスが短すぎると仲間に不平を⾔う⽣徒がいるのを聞いて驚く。

 



 

  • 再びトレーニングルームへ

私は広範囲にわたる監視を⾏った。

その為、ギデオンのクラスに遅れて到着しましたが、彼は席に急いで⾏くように言っただけです。

「ねえ。どうして遅れたの?」

エミリーが私に囁きます。

「委員会の任務だよ。授業が始まってから10分間は学校を回らなければならないんだ」

授業が終わり、昼食に向かおうとすると。

「パパ、アビエが私に再びトレーニングルームに向かうように⾔ったよ」

シルビーは私の注意を引くために、彼⼥の⾜で私の⿐を叩きました。

グッドスカイ学長のフクロウ?

どうやって話すことが出来るのでしょうか?

シルビーに尋ねましたが、彼⼥も知りませんでした。

「ねえエミリー、私は図書館に向かわなければならないので、昼⾷をとばします。私なしで食べていて下さい」

「⼀緒に行きましょうか?」

「⼤丈夫です。私のためにもイライジャを⾒つけてください。私がいなければ、彼は孤独になるでしょう」

そのまま訓練室に向かう。

「こんにちは、レイウィンさん」

クロエは裏⼝に移動する前に、プロの笑顔とお辞儀で挨拶しました。

「またお会いできて嬉しいです、クロエ」

今回はクロエの助けを借りずに階下へと向かった。

「上手くいけば、イライジャはエミリーと仲良くなれるでしょう、ねぇシルブ?」

「きゅ〜」

「だよね!」

私の絆は私を安⼼させました。

 



 

  • 非現実的な行動

「わぁ!!」

テシアは両⼿を⼤きく広げてドアの横から飛び出してきた。

「やぁ、テス」

「何だ・・・怖がらないの。⾯⽩くない」

彼⼥はシルビーを捕まえながら不平を⾔った。

「それより早く終わらせないと。さあ、同化を始めよう」

私は彼⼥をトレーニングルームの中央に向かって押した。

この部屋の空気のマナは密度が高くて驚きます。

「最近、あなたの体はどのように感じていますか?まだビーストの意志から拒絶の症状を感じていますか?」

テスが池の近くに座っている間に、私は尋ねました。

「前回ここにいた時から何も得られなかったわ」

そう彼⼥は答えたが、その後静かになる。

テスは肩越しに私を⾒つめた。

「ねえ、アート?」

「うーん?」

「ごめんなさい」

「何が?」

「えっと・・・あなたと⽐べると、私はとても感情的で、あなたが圧倒されて、私の我儘を受け入れてしまうような気がします」

テスの視線は下に移動しました。

「ああ、そうだね」

それに応えてにやにや笑い、彼女の腕を叩いた。

「私たちはどれくらいの間お互いを知っていると思うのですか、テス?私は感謝しています。私がしていることが義務感だとは決して思わないでください」

⼼の落ち着いた王⼥の髪を荒らし、私たちは同化を始めました。

テスのマナコアは⻑い道のりを歩んできた。

彼⼥の年齢では、オレンジ⾊のステージのコンジュラーであることは天才レベルです。

同化が終わるまで彼⼥はマナコアを洗練することは出来ませんが、それは彼⼥にあまり影響を与えないはず。

私の助けがあれば、彼⼥がビーストの意志に完全に同化するのにあと数週間しかかからないと推定します。

「今⽇はここで終わらせましょう」

テスを軽く叩いて、終わったことを知らせました。

「ありがとう」

テスは恥ずかしがり屋の笑顔を⾒せてくれました。

「私はあなたが時間を欲しいと⾔ったことを理解しましたが・・・、あなたの⼿を握ることは大丈夫ですか?少しだけでも良いので・・・。嫌だったら言って下さい。私は怒りません」

テスの前髪が彼⼥の顔を覆っている間、彼⼥は突き出ている⾚い⽿を隠すことが出来ませんでした。

テスの右⼿を左⼿でそっと握ります。

「これでいい?」

テスの顔を覗いてみたけど、すぐに頭を逸らされた。

彼⼥が頭を頷いたとき、私は微笑むしかなかった。

数秒間、⼿を握ってそこに座っただけで、時間が遅くなったように感じます。

⼀⾒⾮現実的な⾏動が、私を落ち着きのある感覚で満たすことが出来ることに興味が湧きました。

 



 

コンジュラーがマナを体内に取り込めば、相当強くなりますよね。

どんな距離からでも攻撃出来るのは理想の一つだと思いますから。

アーサーとテシアは年相応の恋愛に見えるので、とても微笑ましいです^_^

もう早く付き合っちゃえよ、君たち。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?【98話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...
最強の王様、二度目の人生は何をする?【100話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 今回...

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...