悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【49話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

現在ピッコマでの最新話は18話、小説ですと約47話相当になりますので小説の48話から翻訳させていただきます。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

49話 翻訳

  • 「初めてのプレゼント・・・あなたが⾔っている事は本当ですか?」
  • 「そうです・だから、ちょっと豪華なプレゼントを⽤意しました」
  • オスカーは贈り物の交換をやめるべきだと考えていたが、アリアが頬を赤らめた表情を見て何も言えなかった。
  • 「ご負担に思わないでください。オスカー様からの贈り物は嬉しくて、私が舞い上がって贈らせていただいただけですので」
  • 「・・・」
  • 「オスカー様がブローチを付けているのが⾒たかったのですが・・・、持ってこられていないですよね?」
  • 「・・・いいえ、持ってきました」
  • オスカーはアリアにそんな事情があるとは知らず、本当なら今日ブローチをアリアに返そうと考えていた。
  • しかし、その行為はアリアに対して失礼だと考えを改めた。
  • 「もし良ければ、私がオスカー様の服にブローチを付けても宜しいですか?」
  • 「はい、お願いします」
  • オスカーに付き添っていた従者がブローチをアリアに渡した。
  • アリアは少し近過ぎると思うくらいの距離まで距離を縮めた。
  • 戸惑うオスカーに「オスカー様は背が⾼いので、どうしようもありません」とアリアは答えた。
  • オスカーは息を⽌め、⽬をそらしました。
  • アリアの⾹りがオスカーの鼻に届いたからです。
  • アリアは不器⽤のためにブローチをオスカーに取り付けるのに⻑い時間がかかりましたが、オスカーはアリアがブローチを付けるのを待っていました。
  • 「どうでしょうか?上手く付いていますか?」
  • ブローチが正しく付いているかどうか確認するためにブローチをチェックしたアリアは、満⾜しオスカーから離れました。
  • ブルーダイヤモンドはダークスーツによく溶け合い、美しく輝いていました。
  • ⽬の前で明るく笑ったアリアを見て、オスカーは思わず感謝の言葉を言いました。
  • 「・・・ ありがとうございました」
  • 「いいえ、ブローチがオスカー様に似合っていて、私も嬉しいです」
  • ⼆⼈は腰を下ろして向かい合ったが、何も⾔うことがなかったので、静かにお茶を飲んだ。
  • リラックスしてお茶を飲んでいるアリアとは異なり、オスカーは何故か不安を隠すことが出来ませんでした。
  • オスカーはしばらく悩んだ後、彼は少し前にミエールと⾏った会話を思い出しました。
  • 「今⽇はあなたの誕⽣⽇だと聞きました」
  • 「はい、そうです。私は初めて友達と⼩さなパーティーをしました。オスカー様も来てくだされば良かったのに、残念でした」
  • 「ええと・・・、遅れてすみません」
  • オスカーはパーティーに招待されていなかったが、アリアの素直な後悔を聞いた時、何故か謝らなければいけない気持ちになった。
  • もしオスカーがアリアの誕⽣⽇を知っていたら、彼はプレゼントを⽤意したでしょう。
  • 本来ここに訪れた理由は、もう贈り物の交換をしないことについて話し来たので、お詫びの気持ちとして花束を⽤意していました。
  • オスカーはアリアの為に他に何も準備していなかったので、ユリの花束をアリアに贈りました。
  • アリアは喜んでそれを受け取った。
  • 「ありがとうございます!なんて美しい花束でしょう!」
  • 「ユリの花束だけを⽤意してすみません。誕生日と知っていたら・・・」
  • 「いいえ、私にとって⾮常に貴重な花束です」
  • アリアは花束を両腕に抱え、ユリの⾹りを感じました。
  • 申し訳ない気持ちを隠すことが出来なかったオスカーは、アリアが望む他の贈り物があれば贈りたいと申し出た。
  • 無垢で⼥の⼦らしい表情を演じていたアリアが頭を上げ、オスカーと見つめ合った。
  • 「それじゃあごめんなさい、お願いをしてもいいですか?」
  • 「はい、僕に出来る事でしたら」
  • 「プレゼントはいらないので、手紙友達になってくれませんか?」
  • 「手紙友達・・・どういう意味でしょうか?」
  • 「私には友達がいないので、いつも⼀⼈です。私は元々、貴族出⾝ではないからだと思います。学ぶ事も多くありますが、今は少し寂しい・・・」
  • アリアの願いは単なる⼿紙の交換でした。
  • しかし、オスカーにはミエールとの婚約の話が出ている。
  • オスカーが何か誤解を招く行為をした場合、婚約が破棄される可能性があります。
  • アリアの願いをオスカーが断ろうと考えた瞬間。
  • 「迷惑なお願いをしてごめんなさい。こんなに楽しく会話をしたのは久しぶりだったので・・・。今日も同年代の女性と話したけれど、何か違和感が合ったの・・・」
  • アリアの⾔葉を聞いたオスカーは断固たる拒否をすることが出来ませんでした。
  • 涙⽬をした、⼩さくて優しい若い⼥性に誰が拒むことが出来ると言うのだろか?
  • 「ミエールはあなたと良い関係を持っているので、気が動転しますよね?
  • オスカーはその質問に答えることができませんでした。
  • 「何故?私が本当にミエールと仲良くしているからでしょうか︖
  • アリアは再び⼝を開いた。
  • 「私は持ってはならない感情を育てたに違いありません・・・。先ほど⾔ったことを忘れてください」
  • アリアの表情を見れば、誰も彼⼥を拒否することができなかったでしょう。
  • オスカーは時々なら⼿紙の交換をしても⼤丈夫だと答えた。
  • 「私達は友⼈同⼠の⼿紙になので、大丈夫です。ミエールお嬢様は⼼が広いので、理解してくれると思います」
  • 「・・・ありがとう、オスカー様」
  • アリアの⾚くなった⽬がきらきらと瞬きし、オスカーはその表情に心を奪われるのだった。
  • 砂時計は万能ではありませんでした。
  • その⼒には限界がありました。
  • 情報を⼊⼿したり、悪いことをしたりする場合には⾮常に便利でしたが、人と交渉する場合は不便でした。
  • オスカーと⼿紙を交換するという考えは間違っていた事を思い出して、アリアはオスカーへの最初の⼿紙を「友達」として書きました。
  • 彼が最初に手紙交換を拒否したとき、アリアは砂時計をひっくり返してその瞬間を巻き戻しました。
  • 次に、哀れな⼥性のように振る舞う事で交渉は成功しました。
  • しかし、もしアリアが2回間違えたとしたら、砂時計は何の意味も持たなくなります。
  • 「ジェシー、⼿紙をオスカー様に届けて」
  • プレゼントに貰ったユリの花束と、天気についてのささいな⼿紙をジェシーに与えたアリアは、再び考えました。
  • 砂時計に別の問題があります。それは時間を正確に推測することは困難な事。
  • 時間を5分巻き戻すことは⾮常に便利です。
  • しかし、物事がうまくいかなかった時間を忘れたり、時計のないときに砂時計を使⽤しなければならなかった場合、彼⼥は間違いを犯した可能性がある時間を正確に測定できませんでした。