悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【50話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

現在ピッコマでの最新話は18話、小説ですと約47話相当になりますので小説の48話から翻訳させていただきます。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

50話 翻訳

  • アリアは、ボタンを押してちょうど5分で止まる時計があれば良いと考えた。
  • 「お嬢様・・・、最近は眠られる時間が多いと思います。大げさかもしれませんが、一度お医者様に診断してもらいましょう」
  • ⼿紙を渡して戻ってきたジェシーはアリアに温かいお茶を注いで⾔った。
  • しかし、アリアは今⽇も反抗的に⼿を振った。
  • 「私は大丈夫です」
  • 「しかし・・・、お嬢様は最近お痩せになっておられませんか?」
  • 「そんな事はありません。身長も体重も増えています」
  • 「私が⾒る限りでは、そう見えません」
  • ジェシーは少し怖い顔で、とても頑固でした。
  • 「分りました、医者を呼んでください」
  • ジェシーのしつこい気持ちに負けて、アリアは結局医者に会うほうが良いと決めました。
  • 幸いにも、医師の診察では何の問題もありませんでした。
  • 体⼒が無いので注意するように⾔われましたが、診察の後、アリアは笑いながらジェシーに大丈夫と言った。
  • 「何も問題が無くて良かったです」
  • ジェリーはアリアが健康であることを確認したのでとても幸せそうに⾒えました。
  • アリアは精神的な負担から解放されました。
  • 医者は全ての情報を持っている訳ではありませんでしたが、今は健康であると⾔っていたのでアリアは安⼼しました。
  • 結局、ジェシーが⾔ったように、医者に見てもらった事は正しい選択だった
  • これまで何度もジェシーにお世話になったお礼に、アリアは何かを報酬を与えたかった。
  • 「砂時計と誕⽣⽇に関連する多くのことで忙しかったので、私はまだジェシーにブローチを与えていません」
  • アリアは、宝⽯店で依頼したブローチの1つをジェシーにプレゼントする予定でした。
  • 目的は、屋敷内の⼈をアリア側に連れてくる餌でした。
  • それはアリアに良くすれば、富が来ることを意味しました。
  • ⾦のブローチにはそれだけの価値がありました。
  • 引き出しからブローチを取り出したアリアは、ゆっくりとジェシーに近づきました。
  • ジェシーはアリアのアプローチに突然驚いて、思わずカーテンにしがみつきました。
  • ジェシーは虐められると勘違いをしたのです。
  • アリアがミエールをどれだけ真似したとしても、未だに、ジェシーは虐められると勘違いしました。
  • 「私はジェシーを困らせるつもりはありませんが、時々はこうやって驚かせたいです」
  • 「・・・嫌?
  • アリアの突然の告白にジェシーの体はますます硬直した。
  • ジェシーはアリアが彼女にこれまで行った⾏為を思い出しました。
  • アリアはそれに気付いたとき、突然爆笑しました。
  • 「もちろん、過去のことを否定するつもりはありません。私は未熟でした。けれど、私は最近、過去の⾏動が間違っている事に気づきました。知ってますよね?」
  • ジェシーは頷いた。
  • 確かに、アリアの⾏動が⼤きく変わったのは本当だった。
  • 「私は過去の過ちを悔い改め、正しい道に進みます」
  • アリアは、彼⼥が読んだ本に書かれていたセリフを思い出してそう言った。
  • 「だから、恐れることは何もありません。私は過去に間違っていた事を反省しています」
  • 「そして私が何度も⾔ったように・・・私はジェシーが好きです」
  • アリアはブローチをジェシーの胸に留めました。
  • 光を反射して⾒事に輝いた⾦のブローチは、ジェシーの⾐服と⾮常によく調和していました。
  • 「ええと、お嬢様。これは・・・?」
  • 「それはあなたへの贈り物です。このブローチには、私がこれまでに⾏ったことに対する後悔を意味します」
  • メイドへの単なる贈り物としては、高価過ぎる程でした。
  • ジェシーの顔は奇妙に歪んでいて、笑っているか泣いているか分りませんでした。
  • 「負担に思わないで下さい。私はジェシーにこのブローチを付けて欲しいです」
  • 誰もがその金のブローチを⾒てうらやましく思うように・・・。
  • 数回ジェシーの肩を叩いたアリアはソファに戻り、優雅にお茶を飲みました。