悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【53話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

現在ピッコマでの最新話は18話、小説ですと約47話相当になりますので小説の48話から翻訳させていただきます。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

53話 翻訳

  • アリアは席から⽴ち上がり、アニーの頬を撫でました。
  • アリアは嘘をついていなかった。むしろ、アニーの肌はよく手入れされていました。
  • それはアニーがメイドとして働き稼いだお⾦のすべてを投資したように感じました。
  • アニーはアリアが思っていたよりもファッションに興味があるようでした。
  • 「今⽇は他に授業がないので、しばらく遊んでみませんか?」
  • アリアはアニーの⼿を掴んで、化粧台の前に座った。
  • アリアは、今まで使ったことのない引き出しの奥に置いていた化粧品を取り出しました。
  • それらはアニーを美しく⾒せるために⼗分な効果があります。
  • アリアはアニーの肌を整えた後、パールの粉を顔に塗り、眉⽑を整えました
  • 最後に、唇に⾚い口紅を塗って化粧を仕上げました。
  • 「どう?」
  • 「これ・・・本当に私ですか?」
  • 「あなたのそばかすを覆うと、とても素敵になるわね」
  • アリアはアニーの髪を優しくとかしました。
  • 「私はそれらを使⽤しないので、アニーに使わせてあげます」
  • 「・・・え?」
  • アリアがアニーに使⽤していた化粧品は、貴族限定の化粧品だった。
  • 密かにミエールの化粧品を数回盗んだアニーは、その価値を知っていました。
  • (私夢⾒てるの?)
  • 「それは私にとってそれほど⾼価ではありません、そして私が頼めば再び得ることが出来ます。私が誇りに思うことができるようなメイドがいれば」
  • アニーは悩みました。
  • アニーの髪をブラッシングしたアリアは、⼩さなヘアピンを取り出し、アニーの髪につけました。
  • 満⾜した表情のアリアがアニーの頬を撫でました。
  • 「このヘアピンは私のメイドであることへの贈り物です。ジェシーのような⻩⾦のブローチをあげたいのですが・・・」
  • 「・・・!」
  • アニーは「⻩⾦のブローチ」という⾔葉に反応しました。
  • 「けれど、それは出来ません。ジェシーは⻑い間私に仕えているので、彼⼥はそれだけの価値がありましたが、あなたは・・・」
  • アリアの優しく微笑んでいる目が、すぐに鋭くなりました。
  • 「まだ何もしていませんよね?」
  • 「ああ・・・」
  • アニーのはアリアの刺のあるスピーチに震えました。
  • 「ええと、誤解しないでください。私はあなたに何もするように求めていません。つまり、信頼を築く必要があります。私はまだあなたを知りません」
  • 「じゃあ、お茶会の練習をしてみませんか?私はあなたをお茶会に連れていくつもりなので」
  • アニーの化粧を施した後、アリアは彼⼥に⾃分の服をいくつか貸しました。
  • アニーはアリアと⼀緒にお茶を飲んでいるなんて信じられませんでした。
  • 「少し直す所もありますが、かなりお上手だと思うわ」
  • 「ありがとうございます、お嬢様」
  • 「もちろん、お茶会に参加するには少し不⼗分ですが。私を真似してください」
  • 「残りの⽇を休みにします。今⽇学んだことを忘れずに、練習してみてください」
  • アリアは静かな声で⾔いました。
  • 「私の⺟のようなケースがいつあるかわからない」
  • 「・・・!」
  • アリアは、いつもと違っていた彼⼥の表情を思い出しながら、アニーをあざけりました。
  • 「想像したように、彼⼥は⾮常に簡単な⼦供なので、砂時計を使う必要がありませんでした。馬鹿げている・・・アニーはその膨らんだ夢が決して実現することがない事を知らないのだから」
  • アリアは数⽇間、アニーと貴婦⼈の遊びを行いました。
  • アリアはアニーの着せ替えを⼿伝い、庭でお茶会のふりをして、⼀緒に授業に連れていきました。
  • もちろん、アニーはお茶を注いで聞くだけでしたが、真剣に⽿を傾けていました。
  • 「今⽇は授業でたくさん学びましたか?」
  • 「はい!ああ、神様!私は社会でこれほど多くのマナーを守ることを知りませんでした」
  • アニーは頬を紅潮させて答えました。