悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【54話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

現在ピッコマでの最新話は18話、小説ですと約47話相当になりますので小説の48話から翻訳させていただきます。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

54話 翻訳

  • アリアは少し笑って、贈り物のタルトを⼿に取り、アニーに⼿渡しました。
  • 「お嬢様・・・?」
  • 「食べましょう」
  • 「し・・・しかし!」
  • アリアが残した物なら問題ありませんでした。
  • ところが、主⼈と⼀緒に⾷事をする事は想像以上に⼤変でした。
  • 「パーティーやお茶会に参加する場合、私と⼀緒に何かを⾷べる必要があります。あなたの懸念は何ですか?」
  • 困惑したアニーとは異なり、アリアはまったく気にしていませんでした。
  • アニーはタルトを⼿に取り、⼝に⼊れました。
  • ⼝の中に広がる⽢さで泣きそうになったが、アリアに警告されたことを思い出し、表情をなるべく隠してタルトを飲み込んだ。
  • 「素晴らしいです。お茶会に連れて⾏くのに⼗分ですね」
  • 「ありがとうございます、お嬢様・・・」
  • (アリアは本当に私をお茶会に連れて⾏ってくれるのだろうか?)
  • それがアニーの最⼤の懸念でした。
  • しかし、アニーは邸宅の事実上のリーダーであるミエールから逃れることが出来ず、アニーの頭はその⽇どのような虚偽の報告をミエールにするか考えていた。
  • 「もうすぐ、ミエールの誕⽣⽇になります」
  • ミエールの名前がアリアの⼝から出たとき、アニーはピンと来ました。
  • 「彼⼥の準備は順調ですか?」
  • 「ええと・・・あまり、分からないです・・・」
  • 「本当に?久しぶりにお茶会に行きたいですね・・・連れていくなら知り合いの方が気が楽ですよね?」
  • アニーはアリアの発⾔に目を見開いた。
  • (アリアは本当に私を連れて⾏くつもりですか?)
  • 「あなたが知らなければ、私は連れていく事は出来ません。もうしばらく延期する必要があります」
  • 現時点で、アニーはミエールの誕⽣⽇パーティーの⼿配は順調に進んでいると知っていました。
  • けれど、アニーはそれを我慢し、⾔葉がこぼれないように飲み込みました。
  • アリアは、鈍い表情のアニーを見て、まだ彼⼥に打ち明ける準備ができていないことに気付きました
  • 「あなたはミエールの所に行ってください。ジェシーに連絡して」
  • ジェシーはアリアの配慮から数⽇間休んでいた。
  • アニーの背中は、ジェシーに連絡するように頼まれたとき、冷たい汗でびしょ濡れになりました。
  • アリアは、返事もなく唇を噛んでいたアニーを振り返り、ジェシーに再び連絡するように命じました。
  • 「・・・はい、分かりました」
  • 結局、アニーの選択はミエールでした。
  • 数⽇後、ミエールの誕⽣⽇がやってきました。
  • 邸宅は大勢のお客様で賑わっていました。
  • 早朝に⽬を覚ましたアリアは、窓際に座り、暖かいお茶を飲んで外を⾒ました。
  • 「贈り物が沢山ですね」
  • ジェシーはアリアの背中を見て、不安になった。
  • 幸い、アリアは何もしませんでした。
  • 今は我慢する時でした。
  • 愚かな過去とは異なり、彼⼥は未来を知っているだけでなく、砂時計を持っていたから。
  • アリアは招待状を受け取っていなかったが、ミエールの性格や家族であることを考えると、パーティーに出席しても問題はないと考えた。
  • もちろん、アリアはミエールを愛した⼈々の嫌悪に満ちた視線に耐えなければなりませんが。
  • 「もっと⼼配なのは・・・オスカーから返事が来ない」
  • 友達として最初の⼿紙を送ったアリアはまだ返事をもらっていませんでした。
  • オスカーがアリアをみる目は、好意を匂わせた目でした。
  • しかし、アリアはオスカーが自分に興味をなくしたのではないかと⼼配しました。
  • 「もしそうなら、私はオスカーを再び誘惑する必要があります」
  • アリアは⾃分を美しく飾りました。
  • あまり⽬⽴たないように、そして⾒落とされないように適度に⾝を飾った。
  • アリアはまだ若いのに⾒た⽬も素晴らしかったので、華やかに飾らなくてもみんなの注⽬を集めることができました。
  • それはアリアの得意分野の⼀つでした。
  • アリアの髪をとかしたジェシーからの賞賛が溢れ出ていました。
  • アリアは快適な⽣活を送った結果、背が⾼く、成熟していたので、とても美しくなりました。
  • ジェリーは毎⽇アリアを⾒たのであまり気づきませんでしたが、他の⼈の⽬は⾃然にアリアの⽅を向いていました。
  • それはミエールと同じ年齢に⾒えるほど⼗分に⼩さかったアリアにとって⼤きな成⻑でした。
  • アリアが成⻑し始めた今、ジェシーはアリアがすぐに⼤⼈に加わることを確信していました。
  • 皆がとても忙しかったので、アリアは朝⾷を済ませ、部屋で本を読み、ミエールの誕⽣⽇パーティーが始まるのを待っていました。
  • アリアは遠くの⾺⾞を⾒ました。
  • それはロースチェント家の⾺⾞であり、毎⽇の馬車とは少し違い、⼤きな馬車でした。
  • ミエールの誕⽣⽇に養父が戻ってくるとは夢にも思いませんでした。
  • アリアは⾺⾞から降りて⾃分の娘を抱きかかえた養父を⾒つめました。
  • ミエールとの見えない大きな差を知り、アリアは過去に感じた孤独を思い出しました。
  • 「どうして?」