悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【55話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

現在ピッコマでの最新話は18話、小説ですと約47話相当になりますので小説の48話から翻訳させていただきます。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

55話 翻訳

  • 「・・・父親の愛」
  • それはアリアが感じたことのない愛でした。
  • 実の⺟親であった伯爵夫⼈でさえ、彼⼥の⼈⽣を⽣きるのに忙しかったので、彼⼥はアリアの世話をする余裕がありませんでした。
  • 過去のすべての男性は、アリアの外⾒に魅了されて、彼⼥にすべての財産を与えたように⾒えましたが、後に彼らは妻を見つけて離れていきました。
  • 結局、アリアに最初から最後まですべてを捧げた⼈はいませんでした。
  • アリアは愛を信じていませんでした、⺟と娘の間の愛さえ。
  • 養父は⼀⼈で戻って来ていませんでした。
  • 彼は20代の若者と⼀緒でした。
  • 彼は遠くの地⽅からの⼀般的な貴族として陽気な笑いでミエールに⾃⼰紹介しました。
  • 「私はピノ・レーンです。どうぞ、レーンと呼んでください」
  • アリアがこれまで聞いたことのない姓で、彼はミエールだけに意識を傾けていました。
  • レーンには明らかに何か目的がありました。そうでなければ、レーンはそんなに⼤きな贈り物を持って来なかっただろう。
  • レーンは、さまざまな宝⽯や珍しい装飾品をミエールに贈りました。
  • レーンは⾔った。
  • 「気にしないでください。これらは私の主人によって準備されました」
  • 養父はレーンが多くの⽅法で彼のビジネスを助けたと⾔ってレーンの背中を叩いた。
  • 「あなたには物語のように美しい娘がいらっしゃるのですね」
  • アリアは、ミエールを何度も賞賛する場面を⾒守らなければなりませんでした。
  • (ちょっと待って。以前にそのドレスを⾒たことがある・・・)
  • アリアは少し時間をかけて考えた後、ミエールのドレスを思い出しました。
  • (あのドレスはオスカーが私にくれたドレスに似ています)
  • そんな中、ミエールにお世辞を⾔っていたレーンは、ようやくアリアに会うことになりました。
  • 養父がアリアを他の娘として紹介したとき、レーンの口調は先ほどまで違った。
  • 「ああ、本当に・・・あなたには美しい娘がいます」
  • アリアはレーンの口調と表現から真実を読みました。
  • レーンがミエールに⽰したものとは異なっていました。
  • ミエールが貴族の間でよく見る美しさであったならば、アリアは貴族の間で容易に⾒つけられなかった美しさでした。
  • アリアの美しさは、性別に関係なく、性別を問わず誘惑したいと思わせる美しさでした。
  • アリアはそれが役に⽴たないことを前世で知っていましたが、アリアはユニークで魅⼒的な笑顔を⾒せざるを得ませんでした。
  • 「お父さまがここにいらっしゃるからですか?」
  • アリアはレーンに微笑んで、エロティックな表情で話した。
  • 「・・・」
  • アリアは⼀瞬でしたが、レーンの⽬が揺れたのをはっきりと⾒ました。
  • その瞬間の後、レーンはミエールを⾒つめ直しました。
  • レーンに困惑したのはアリアだった。
  • (何故?)
  • それは全く予想外でした。
  • アリアは自分の笑顔に魅了された後、ミエールを無視するだろうと考えていましたが、レーンは既にアリアを見ていなかった。
  • アリアはもう⼆⼈の間に介⼊することができないことに気づき、下唇を噛み、これ以上無意味な時間を無駄にしないことを決めました。
  • アリアが⼆階に⾏くと⾔って去ろうとしたとき、養父はアリアにプレゼントをくれました。
  • 過去にミエールにしか貰えなかった、宝⽯が詰まった宝⽯箱でした。
  • 「ありがとうございます、お父様」
  • 以前はいつも冷たかった養父の態度が変わり、時折アリアに温かみのあるまぶしさが映りました。
  • 以前とは違って優雅な笑顔で去ったアリアは、彼らの世界から脱出した。
  • アリアは急いで部屋に戻り、着替えた。
  • アリアはパーティーが始まる前にミエールが着ていたドレスを⾒た。
  • 「私が似たようなドレスを着てパーティーに現れた場合、ミエールはどう思うだろう?」
  • アリアは、まるで空を⾶んでいるかのように、気分が良くなりました。
  • ミエールの誕⽣⽇パーティーが始まったのは、昼ごろでした。
  • 養父の取引先や近親貴族が次々と集まり、ミエールと親交のある⼥性の多くも出席し、席を埋めました。
  • アリアは花束を腕に抱えて1階まで降りた。
  • パーティを楽しんでいる⼈の⽬が⾃然にアリアに引き寄せられた。
  • 腕の中に⾊とりどりの花の花束を持つ美しい少⼥に注意を払うのは当然のことだった。
  • ほとんどの⼈がアリアを⾒たことがなく、彼⼥に関する噂は豊富でした。
  • アリアがミエールに近づくと、皆が興奮して⾒守っていました。
  • 「ミエール!お誕⽣⽇おめでとうございます!」
  • 「・・・お姉さま」
  • ミエールは周りを⾒回し、不安とぎこちなさを隠すことができませんでした。
  • ミエールは、アリアの誕⽣⽇のときと同じように、アリアが不謹慎な発⾔をするのではないかと⼼配しているようでした。
  • 「花束は好きじゃない?頑張って準備したのだけれど」
  • 「いいえ・・・ありがとう、お姉様」
  • ミエールが姉という⾔葉を何度も⾔うと、会場の⼈々は美しい少⼥がアリアであることを悟りました。
  • 売春婦の母と同じぐらい魅⼒的であると認めて、悪女の噂と本人の違いを⾒てショックを受けた⼈々がいました。
  • アリアは周囲の状況をコントロールし、ミエールと自分が良い姉妹であることを⽰しました。
  • ミエールが花束を受け⼊れると、隠されていたアリアのドレスが現れました。
  • 最初にそれを⾒たミエールは呼吸を⽌め、部屋は静かになりました。
  • アリアはふわふわの雪のようにそっと微笑んで、ホールを輝かせました。