悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【56話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

現在ピッコマでの最新話は18話、小説ですと約47話相当になりますので小説の48話から翻訳させていただきます。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

56話 翻訳

  • 「・・・あれ、そのドレス・・・私のドレスに似ていますね。以前に頂いたオスカー様からのプレゼントでしょうか?」
  • 「・・・」
  • 「知りませんでした。私は⾃分の服をチェックして出かけただけですが、あなたにとても似合っています」
  • ミエールはよろめきました。
  • これからは、ミエールは何万もの推測や質問に苦しむことになります。
  • 「なぜ悪女は、オスカー様がミエール様に与えたものに似たドレスを持っているのですか?」
  • 「ですが・・・あのドレスは彼女には下品に⾒えます」
  • 「彼⼥にはあのドレスはあまり似合っていません」
  • 「たぶん彼⼥は嫉妬していて、ミエール様の後に買ったのでしょう」
  • 「彼女」
  • その会話が誰について⾔及しているかは⾮常に明⽩でした。
  • しかし、アリアはまったく気にしませんでした。
  • 彼⼥は離れた場所に立ち、⾳楽の演奏を聞いていました。
  • その⽇彼らが、アリアのドレスや他のものについて話すならば傷つくであろうのはミエールでした。
  • 貴族として立ち振る舞い、その姿は圧倒的にアリアが見エールに勝っていたからです。
  • 遠⽅からの訪問者に挨拶をしているミエールの笑顔は哀れだった。
  • 「さあ、最後の呪いをミエールに置いて出発しましょう」
  • その時、ミエールの顔は突然明るくなった。
  • 「誰が来たの?」
  • アリアは背の⾼い男を⾒つけました。
  • ⻑男のカインでした。
  • 「⽣涯カインと会うことができるのに、なぜミエールはカインに会えてとても幸せなのですか?」
  • ミエールの喜びを理解できないアリアは、ミエールがなぜそんなに興奮したのかを理解しました。
  • カインの後ろに別の⼈がいた。
  • (オスカー!何故!?)
  • オスカーはアカデミーで忙しいといつも⾔っていたので、ミエールのパーティーに出席したことは⼀度もありませんでした。
  • 「ああ、彼はプレデリック家の後継者だ」
  • 「彼はミエールお嬢様と婚約をされています」
  • 「彼らは婚約について話していると思います」
  • アリアはこぶしを握り締めました。
  • オスカーとミエールが話しているのを⾒て、アリアは遠くて聞こえない会話に注意を払いながら唇を噛んだ。
  • それはアリアだけではなく、ホールの全員が二人を⾒ていました。
  • 両者のイメージが良く⾒えただけでなく、オスカーが皇帝家に次ぐ権⼒を持つのプレデリック家の⻑男だったからです。
  • プレデリック家の⻑⼥も、皇太⼦との婚約の噂から⼤きな注⽬を集めました。
  • 彼らが婚約し、結婚すれば、帝国の⼒と富は⼀箇所に集まるでしょう。
  • 「彼らは本当に⾒栄えがいいと思いませんか?」
  • 「彼らは本当に美しいカップルだと思います」
  • オスカーが現れるとは思わなかったアリアは、その⽇の注⽬の中⼼を⾒ているだけで、⾒物⼈の1⼈になりました。
  • 急いで⾏動するのが困難になった今、アリアの⽬はカインの目と合った。
  • カインはミエールとの再会を終え、ホールを⾒回していた。
  • 「・・・!」
  • カインは驚いた表情でアリアを上下にちらりと⾒て、アリアが自分が知っているのと同じ⼥の⼦かどうか疑問に思った。
  • カインが不在の間にアリアの⾝⻑と体重の変化を⾒て、彼はかなり驚いたようだった。
  • アリアはまるで習慣のように、彼⼥の⻑いまつげが蝶の⽻のように羽ばたくようにそっと微笑んだ。
  • 「・・・カイン?」
  • オスカーの隣にいたカインは、オスカーが何度か名前を呼んでも呆けていました。
  • カインはオスカーの声が聞こえなかったのか、無視していたのか、動かなかった。
  • 何が起こっているのか疑問に思ったミエールも、カインの名前も呼びました。
  • オスカーはカインの⽬が向けられていた場所に⽬を向け、カインが集中していたものを⾒ました。
  • 「・・・!」
  • それから、カインのようにオスカーはアリアを⾒ました。
  • ほんの1か⽉前に出会った彼⼥のより成熟した外⾒は、オスカーの⼼を奪い去るのに⼗分でした。
  • アリアは楽しみながら⼆⼈に微笑んだ。
  • 「やっぱり、私は何も間違っていなかった」
  • アリアは⼀瞬失っていた⾃信を取り戻し、不安を取り除きました。