悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【58話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

58話 翻訳

  • オスカーは夕食を食べたら帰る予定でした。
  • しかし、彼の思いとは逆の答えが自然と口に出ていました。
  • オスカー:(どうしてなのだろう?)
  • それは多分、期待の眼差しで自分を見つめるアリアを⾒たからだったのかもしれません。
  • 彼はどうしてか、彼⼥を失望させたくなかった。
  • そして、オスカーは、アリアともう少し会話をしたいと望んでいました。
  • アリア:「私は⾷堂で⼀⼈で⾷べていたので、最近寂しくて・・・。⽗はいませんでしたし⺟は忙しくて、そしてミエールは・・・体調が良くなかったので。今⽇は賑やかになると思うので嬉しいです」
  • アリアは喜びの笑みを浮かべた。
  • ますます、オスカーはアリアに夢中になりました。
  • しばらく⾒ていなかった間に成長した彼⼥は、オスカーの⼼を震わせるのに⼗分でした。
  • 出来れば、朝食も一緒に取りたいと思うオスカーだったが、彼は早朝の授業に出席しなければならなかったので、遅れることができなかった。
  • 何を⾔うべきか悩んだとき、オスカーの⽬はアリアの服に移りました。
  • それは彼が彼⼥に与えたドレスでした。
  • 本当は、オスカーは彼⼥にもっと豪華なドレスを送りたかった。
  • それは決して安っぽいドレスではなかったが、オスカーが彼のお気に⼊りとして選んだドレスではありませんでした。
  • お礼としてささやかなドレスでした。
  • しかし何故か、彼はそれを後悔した。
  • それにもかかわらず、そのドレスは、アリアの華やかな外観の恩恵を受けて、まるで世界で唯⼀の美しく⾼貴なものであるかのように⾒えました。
  • 本当に素晴らしいと、オスカーは心からそう思った。
  • オスカー:「そのドレスはあなたによく似合います」
  • 本来、彼はそんな事を⾔う性格ではなかったが、アリアの美しさに思わず賞賛せざるを得なかった。
  • オスカーはアリアが彼を不快だと思うかもしれないと⼼配していました、しかし彼⼥はただ賞賛されて嬉しかったようでした。
  • アリア:「あなたがそう⾔ってくれて嬉しいです」
  • ゆっくりと瞬きをするアリアのまぶたは、蝶の⽻のようであり、彼⼥の唇は⾮常にセクシーに⾒えました。
  • オスカーは何とも⾔えない何かを感じました。
  • ますますアリアが美しく⾒えたので、彼はしばしば無⾔でした。
  • オスカーは乾いた唾液を飲み込んだ。
  • 彼は喉の渇きを和らげるためにお茶を数回飲んだが、⼝は乾いたままでした。
  • こんな事は彼の人生の中で初めての経験でした。
  • あっという間に時間は過ぎました。
  • アリア:「⼣⾷時にまた会いましょう」
  • オスカーは静かにうなずいた。
  • 今、彼の表情は完全に落ち着いていて、彼の⽬はアリアを追いかけただけでした。
  • アリアは太陽のように笑ってその場を去り、穏やかな空気が彼⼥の後ろに残った。
  • まるで幻想のようでした。
  • オスカーは⼿を差し伸べてそれを握ろうとしたが、アリアはすでに姿を消していた。
  • オスカー:「この気持ちは⼀体何なんだ・・・?」
  • 彼の⼼はドキドキしました。
  • オスカーは⼈のいない静かな屋内庭園で、しばらく彼の空の⼿を⾒下ろしていました。
  • もちろん、⼣⾷の中⼼はミエールでした。
  • 分かっていた事でしたが、養父と⼀緒に来たレインという男のせいでなおさらだった。
  • 彼はミエールに多⼤な注意を払い、彼⼥に多くの質問をしました。
  • レイン:「私はあなたが何度かアドバイスをしたと聞きました。あなたはまだ若いのに、どうやってその膨⼤な量の知識を⾝につけたのですか?」
  • ミエール:「たまたま知っていただけです・・・」
  • ミエールは頬をほんのり⾚くして恥ずかしそうに答えました。
  • アリアは⿐で笑い、スープを⾷べました。
  • 彼⼥はいくつかの出来の悪いアイデアを提案しましたが、それらはまったく役に立ちませんでした。
  • 養父は彼のビジネスでそれらを使⽤したことは一度もありませんでした。
  • 彼を本当に助けたのはアリアだったので、彼女はなぜミエールがすべての功績を挙げたのか疑問に思いました。
  • レイン:「すべては、ごくわずかな知識を使⽤するかどうかにかかっています。どんなに多くの情報や知識を持っているとしても、それを使えないのでは無意味です。その点で、常に父親に助⾔をしてきたレディー・ミエールは卓越した能⼒を持っていると⾔っても間違いないでしょう」
  • ミエール:「そうでしょうか?」
  • レイン:「もちろんです、私の主はミエールお嬢様の事を聞いて⾮常に驚きました。彼は⾮常に難しい方ですが、あなたの事を素晴らしいと⾔っています」
  • ミエール:「あなたの主が誰なのかは分かりませんが・・・、そう言っていただけると嬉しいです」
  • レインがミエールを褒めているのを⾒ていた伯爵は、「私はまだ彼の主に会っていないが、彼はとても有能なので、彼の主は素晴らしい⼈だと思う」と述べた。
  • レイン:「本当でしょうか!?光栄です」
  • ミエール「はい。私もあなたの主に会ってみたいです」
  • レイン:「私の主のスケジュールは今忙しくて、少し時間がかかります。ですので、私は彼の代わりにあなたを訪ねる事になりました」
  • ミエール:「そうですよね。忙しい⼈には簡単に会えないと思います」
  • レイン:「私が近いうちにスケジュールを組みますね」
  • 養父:「これからも宜しくお願いします」
  • アリアはその光景を⾒て、静かに迷いました。
  • 彼はミエールを彼の主とくっつけたいのか?
  • それとも、彼⾃⾝がミエールの事を気に入っているのでしょうか?
  • それが何であれ、希望はありませんでした。
  • ミエールがオスカー以外の誰にも心を奪われないのは明白でした。
  • レインの主がどんなに優れていたとしても、彼は皇室に次ぐ権⼒を持っているフレデリク公爵の家族の相続⼈よりも優れているでしょうか?
  • もし彼の主が皇太⼦でもなければ、ミエールは彼に興味を示さないでしょう。
  • アリアはレインの無駄な努⼒を内心で笑い、無言で⾷べ続けました。
  • 彼⼥はその晩の⼣⾷時に⼀⾔も⾔わなかった。
  • 誰も彼⼥に話しかけませんでした、そして、彼女も⾔うことは何もありませんでした。
  • 哀れなふりをすることは、オスカーの同情心をさらに貰う事になるでしょう。
  • 案の定、オスカーは⾷事の間ずっとアリアを⾒ていました。
  • ミエールを含むロースチェント伯爵の家族のすべての⼈々がそこにいたので、彼はアリアと話すことができませんでしたが、彼⼥のことを意識するのを⽌めることはできませんでした。
  • アリアはオスカーからの視線を楽しみ、時々彼に微笑みました。
  • 「こんなふうに私を無視しているのですが、⼤丈夫です」と言うような笑顔でした。
  • アリアのその笑顔を見て、オスカーの顔は冷たくなった。
  • ミエール:「お兄様とオスカー様は、⾷事を終えたらアカデミーに戻られのですか?」
  • カイン:「そのつもりです。ここに来るために休暇を取ったのだから」
  • アリアがカインを⾒たとき、彼らの⽬は会った。
  • オスカーのように、彼も⾷事中ずっとアリアを⾒ていました。
  • ミエール:「忙しいのに、来てくれてありがとうございます。私はオスカー様の贈り物をとても愛しています」
  • ミエールは自分の⾸を指して⾔いました。
  • ⾸にかけられた、明るく光沢のあるネックレス。
  • それは、恋⼈からの贈り物のようでした。
  • けれど、アリアの気分は悪くなかった。
  • むしろ、少し興奮していました。
  • 何故なら、オスカーの目はそれまで一度もミエールを見ていなかったのだから。
  • 彼が姉妹二人に注意を払うことは、どれほど⾟いことでしょう。
  • ミエール「オスカー様?」
  • オスカー「え・・・ああ、そうですね。何でもありません。気に⼊ってもらえてうれしいです」
  • アリアに気を取られていたオスカーは、ミエールが彼の名前を2回呼ぶまで返事をしませんでした。
  • ミエールの表情はどんどんぎこちなくなりました。
  • オスカーではなくレインがミエールを落ち着かせたので、アリアはミエールの誕⽣⽇が台無しになるのを⾒て、笑いを堪えました。
  • ミエール:「・・・ところで、⽗がいない間にこれを作りました」
  • ミエールは気分をリフレッシュしようと、明るい話題に変えました。
  • その瞬間、アリアの⽬も含め、すべての⽬が彼⼥に移りました。

 

漫画版に並んだので、少しずつUP予定です。

漫画版では描かれていない場面もありますので、比較して読んでみてください♪