悪女は砂時計 翻訳

悪女は砂時計をひっくり返す【59話】小説の翻訳ネタバレ&感想

こんにちは、ちゃむです。

現在ピッコマで掲載されている漫画【悪女は砂時計をひっくり返す】の小説を翻訳しています。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

漫画のネタバレを読みたくない方はブラウザバックを推奨しております。

 

 

 

 

 

登場人物の紹介

  1. アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。
  2. ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。
  3. ジェシー:アリアの専属メイド。
  4. ロースチェント伯爵:アリアの養父。
  5. ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。
  6. カイン:アリアの義兄。
  7. サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。
  8. プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。
  9. アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。
  10. エマ:ミエールの専属メイド。 

59話 翻訳

  • 養父が不在の間、ミエールは刺繍を学んでいました。
  • ミエール:「少し遅いですが、ハンカチを刺繍しました」
  • ミエールの侍女のエマが、養父に渡しました。
  • 彼はアリアから遠くに座っていたので、詳しくは⾒えませんでしたが、ミエールの年齢を考えると、彼⼥が作った刺繍のハンカチは素晴らしかったです。
  • 養父の満⾜した笑いは⾷堂を満たしました。
  • 養父:「なんて素晴らしいんだ!」
  • ミエール:「本当ですか?上手く出来ているか心配です」
  • 養父:「そんな事はないよ!世界で一番美しいユリだ!」
  • 彼はアリアが渡したハンカチを忘れたかのように賞賛しました。
  • 母は驚いたふりをして、レインとカインはそのハンカチに賞賛を送りました。
  • アリアはみんなからやってきたハンカチを⾒つめていた。
  • アリア:(どうすれば、こんなに上手に出来るの!?)
  • 以前と違い、ハンカチの刺繍は良く出来ていました。
  • 前世のミエールは、数年の練習を経て初めて、このレベルに到達することができました。
  • アリア:(本当にこれをミエールが?・・・彼⼥は嘘をついていませんか?これは誰かが作ったのではないですか?)
  • それでも確たる証拠は無いので、アリアは素直にミエールを称賛するしかありませんでした。
  • アリア:「・・・すばらしいわ、ミエール」
  • アリアは、なぜ彼⼥が急に成⻑したのかを推測できませんでした。
  • ミエール:「本当ですか?私はとても嬉しいです・・・。お姉さまが褒めてくださるなんて!」
  • ミエールはアリアが彼⼥を決して賞賛しなかったかのように話しました。
  • アリア:(女狐め・・・)
  • アリアは顔が震えないように懸命に努⼒しました。
  • ミエール:「褒めていただいた事をう嬉しく思います。いくつか作りましたので、今⽇のお祝いのプレゼントとして皆様に贈りたいと思います」
  • エマは全員にミエールのハンカチを渡した、母親、カイン、オスカー、レインに。
  • そしてアリアの順番になりましたがは最後でしたが、エマは申し訳なさそうにお辞儀をしました。
  • エマ:「・・・申し訳ありません、ハンカチが⾜りません」
  • 予想通りでした。
  • ミエールは嘘をつきました。
  • もし彼女がアリアより素晴らしいハンカチを作っていたら、彼⼥はそれを渡していたでしょう。
  • ミエールの刺繍スキルはアリアより劣っていた為、彼女はアリアにハンカチを渡す事が出来ませんでした。
  • アリア:「私のハンカチは無いのね?」
  • ミエール「すみません・・・」
  • 正直、アリアはそのハンカチを欲しいと思いませんでした。
  • 彼⼥はサラのハンカチを持っていたので、ミエールのハンカチはぼろきれ同然でした。
  • アリア:「⼤丈夫です、ミエール。私たちは毎⽇会いますので、次を楽しみしていますね」
  • アリアの返事に、ミエールはぎこちなく笑った。
  • ミエール:「ごめんなさい。私は本当にハンカチをあげたかったのに・・・」
  • アリア:「⼤丈夫です。次回の刺繍がどれほど素晴らしいものになるか楽しみです」
  • ミエール:「・・・そうですか?」
  • ミエールの反応は苦かった。
  • 彼⼥は予想していた反応と違う事にガッカリしたようだ。
  • しかし、彼⼥はすぐに切り替えました。
  • ミエール:「あなたの期待に応えるために⼀⽣懸命努⼒します」
  • アリア:「⼼配しないでください。努⼒しなくても、あなたは大丈夫なのだから」
  • ミエールのスキルに関係なく、あなたはいつも周りから褒められるでしょう。
  • あなたの周りの⾺⿅があなたを元気づけようとしているので、あなたは何も⼼配する必要はありません。
  • ロースチェント家の邪悪な姉妹たちは、⾷事が終わるまで笑顔を保ちました。
  • ミエールの誕⽣⽇後、年が変わりました。
  • その間、アリアはオスカーに⼿紙を送り、密接な関係を保ちました。
  • 結局、彼⼥はミエールからハンカチを貰わなかった。
  • アリアは別に期待していませんでしたが、その結果から、ミエールがどれほど愚かであるかを改めて悟りました。
  • アリア:「なぜ私は、前世の彼⼥にとても嫉妬していたのだろうか?」
  • 前世のミエールは、とても素晴らしかった。
  • 幼い頃からあらゆる教育を受けてきたので、⾺⿅な売春婦の娘よりも知識が豊富で、マナーも素晴らしかった。
  • かつてアリアが何も知らなかったとき、ミエールは⾒栄えがよく、アリアは今とは異なり、その間に⼤きな壁があるように感じていました。
  • アリア:「けれど、私はすでに彼⼥を⾶び越えたかもしれません」
  • あの誕⽣⽇を通して、アリアはミエールが未熟な⼦供のように幼稚な性格を持っていることに気づきました。
  • 今年、社交界デビューが⾏われるセレモニーが⾏われます。
  • アリアはアニーに連絡しました。
  • 彼⼥はこれまでずっと連絡していませんでした。
  • アニー「お嬢様・・・」
  • 彼⼥はとてもみすぼらしい表情をしていた。
  • アリア:「忙しくて、連絡をすることができませんでした」
  • ドアのそばに立つジェシーとは異なり、アニーはソファーに座っていました。
  • アニーはいつも特別でした。
  • アリアは彼⼥を特別な気持ちにさせる⽅法で彼⼥を扱いました。
  • そして彼⼥はそれを望みました。
  • アニーがアリアとミエールを⽐較するのは簡単です。
  • アニーの肌荒れを撫でて、アリアはアニーを気の毒に思うように囁きました。
  • アリア:「あなたの柔らかい肌はどこに行ったのですか?とても可哀想です・・・」
  • アニー:「お嬢様・・・」
  • アニーは自分を心配してくれるアリアにとても感動しました。
  • アリア:「でも、私にできることは何もありませんでしたね。2⼈のメイドを選ぶ必要性を感じません」
  • アリアがアニーに求めたのは彼⼥の奴隷ではなかったので、彼女はアニーを選ぶ必要がありませんでした。
  • アニーもそのことをよく知っていました。
  • アリア:「まもなくお茶会があります。私はあなたを連れて⾏こうと考えています」

 

漫画版に並んだので、少しずつUP予定です。

漫画版では描かれていない場面もありますので、比較して読んでみてください♪