伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【21〜22話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は21〜22をまとめました。

2021年1月8日に販売停止となりました。

再開予定は未定となっておりますm(_ _)m

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...

 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

リツ:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...

 




 

21〜22話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 昨夜の報告

ケイルたちは夜中に抜け出した痕跡を消した筈でしたが、どうやらロンにはバレているようです。

彼らが向かっている次の都市はパズルシティ。そこが旅の中間地点です。

この町から首都までは道路が整備されており、山々に囲まれていますが、さほど苦労はしないでしょう。

「ケイルさん、帰りに子爵の別荘を見に行きました」

「それで?」

「彼らは皆、混乱しているように⾒えました。村を去る兵⼠や騎⼠もいます」

リツの調査によると、洞窟の一部も爆破されていたらしいです。

「恐らくドラゴンの仕業かと」

たった4歳でもドラゴンはとても頭が良く、逃げ道を塞ぎました。

一階に降りると、昨日洞窟で遭遇した騎士が副団長と話しています。

固くなるリツに対し、ケイルはリラックスしています。

騎士の話では、昨日、子爵の別荘に泥棒が侵入しました。

(恐らくドラゴンの事だな)

宿の主がタイミング良くお酒を提供してくれて、ケイルは酔っ払ったふりをして、昨日は宿から出ていないアピールをします。

暴れん坊と噂されるケイルは、泥棒の候補から外れるでしょう。

 



 

  • 目的

パズルシティは物資輸送の中⼼地であり、岩の塔で有名でした。

ケイルは未完成の岩の塔を⾒つける必要があります。

「⼼の活⼒」

それは不滅の盾を強化する古代の⼒の名称。

後継者としての地位を失った侯爵の⻑男テイラー。

彼は侯爵家の中で唯⼀の善⼈でしたが、彼の下半⾝はベニオンの策略で⿇痺しています。

小説では、彼は1ヶ月後に岩の塔で「心の活力」を入手することに成功しますが、それは役に立ちませんでした。

「心の活力」は既に負傷した傷を癒す事は出来ず、力を手にした後の傷しか癒せないからです。

テイラーは絶望に陥り、その1ヶ月後に亡くなります。

⾸都がテロ事件で混乱状態にあった間に、テイラーは秘密組織によって殺されます。

この脇役をケイルが覚えてた理由は、テイラーが彼の友⼈との強い友情のためでした。

狂った巫⼥。

彼⼥はテイラーの友⼈であり、テイラーの暗殺を⽣き延びた唯⼀の⼈物。

彼⼥は怒りで暗殺者の半分を殺し、寺院から破⾨されることになります。

ベニオンはドラゴン脱走の後始末で忙しい為、原作通りにはいかないでしょう。

テイラーに扱えなかった「心の活力」を得ることで、二人が生き延びた未来をケイルは知りたかった。

ケイルは⾜を叩く何かを感じた後、見下ろすと、⼦猫が話し始めます。

「ロックタワーで願い事をすると、それが叶うそうです」



 

  • 謎の行動

キャンプ地で迎えた翌朝。

「公子様」

「・・・これは何だ?」

ケイルは死んだ鹿と、地⾯にフォークとナイフの絵が描かれているのを発見します。

外でキャンプするたびに、新しい食料が彼らに届けられました。

イノシシ、ウサギ、そしてあらゆる種類の果物。

ケイルは今、後をついてくるドラゴンの存在を確信します。

リツによれば、ブラックドラゴンは遠くから彼らを追いかけ、早朝に⾷べ物を落として、そして離れているそうだ。

「可愛いじゃないですか。ドラゴンの恩返しみたいですね」

「別に・・・」

山を吹き飛ばす力を持つドラゴンを、ケイルは可愛いと思えません。

そして、何故ドラゴンがついてくるか理解も出来ません。

 



 

  • 伝承

パズルシティは岩の塔がたくさんある古代遺跡で有名でしたが、各家の前に⼩さな岩の塔があることでも有名でした。

だからこそ、ケイルが到着した宿の前に岩の塔があるのは当然のことです。

「ここに滞在するのか?」

ハンスはケイルの質問にすばやく答えました。

「リツ様は2日間予約し、私たちは滞在期間に応じて代金を支払うつもりです」

現在はお祭りの直前でしたので、宿の代金もそれほど高くありません。

ケイルが岩の塔に興味を示すと、ロンはこの街の過去について語り出しました。

「この街は、過去に神の恵みから生まれたと言われております」

岩の塔が建てられるのは、彼らを捨てた神に近づくための崇拝の行為らしいです。

「けれど、どの祈りも意味が無かったようです。だから、現在のパズルシティには寺院が1つもありません」

ハンスはパズルシティの奇妙なルールを説明しました。

「願いを叶えた⼈間は、岩の塔を破壊するそうです」

しかし、岩の塔が破壊されたことは一度もありません。

つまり、神はこの地を見捨てたのでしょう。

それでも願い事が叶うという伝承は、人々に希望を与え続けるという皮肉な話です。



 

  • 下見

ハンスが猫たちのおやつを買いに外に出かけます。

「ロン、あなたも休んで良いよ」

「リツ様は2日後に出発されるのですよね?」

「ああ」

ケイルは、ある考えが浮かんで笑います。

「ロンも彼と一緒に行きたいのですか?」

「どうしてですか、公子様?私はあなたの近くにいるのが好きです」

その言葉はケイルに悪寒を与えます。

「彼がここを去る前に、少し話をしたいと思ったからです。ビクロスは彼が去る事を寂しいと感じているでしょう」

ロン、リツ、ビクロスの間にある程度の友情が芽⽣えたようです。

ロンが退出した後、子猫たちはハンスに嘘を吐かれたと怒りを露わにします。

ケイルは彼らを無視して、街の一角にある洞窟を見ます。

その洞窟には、不完全な岩の塔と「心の活力」が存在します。

「ロックタワーを⾒に⾏こう」

ケイルはリツと子猫たちを抱えたハンスを連れて、洞窟に向かいます。

洞窟の入り口に到着島が、彼らはヘニトゥスの紋章をつけていません。

ケイルは更に、帽子を深くかぶっていました。

少し離れた場所には、車椅子に座る男性と女性がいます。

「どうして、この場所に?」

男性が女性に尋ねています。

「夢の中で予言があったの。今日この場所を訪れば、私たちの将来の恩人が現れると」

男はテイラーでした。

夢の予言を疑われイライラしている女性は、テイラーの親友であるケージです。

「ケージ、唐突にビールが飲みたくなったよ」

「本当?私はお肉が食べたいわ」

「なんて素晴らしい組み合わせでしょう。奢るから、早く行きましょう!」

「良いの!?私はあなたを護るために最善を尽くすわ」

遠く離れた場所なので、会話の全てを聞き取ることは出来ませんが、ケイルは彼らの笑顔を失わせないように決意しました。

伯爵家の暴れん坊になった【23話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は23話をまとめまし...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...