伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【28話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は28をまとめました。

2021年1月8日に販売停止となりました。

再開予定は未定となっておりますm(_ _)m

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...

 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

リツ:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...

 




 

28話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 首都のパレード

「ケイル、首都は何度か訪れた事が?」

ケイルはテイラーに⽬を向けた。

テイラーは、⼆⽇酔いに苦しんでいた巫⼥に⽐べて元気でした。

おそらく、この3人の中で一番アルコールに強いのは彼でしょう。

「宮殿に⾏くのは初めてです。数年前に北東貴族会議で⾏ったことがあるが」

「そうですか。今回のイベントは、現在の王の50歳の誕⽣⽇を祝うことです」

市民にとっても楽しいお祭りのはずですが、テロ事件が始まる事を知っているのはケイルだけでしょう。

(事件を防ぐつもりはあるが、俺が怪我をしたり疲れたりするように思う場合は考える)

それがテロ事件に関する彼の⾒解です。

「あなたにとってはお祭りではないですね、テイラー」

ケイルの⾔葉を聞いて、彼は微笑む。

「祝う前の最後の障害だと思っています」

穏やかな外⾒と⽐較して、テイラーは度胸があります。

「ケイル」

「はい?」

「皇太⼦殿下には注意してください」



  • 検問

皇太⼦のグリブタン。

彼は人を上手く扱うことに、非常に長けていました。

決して悪人ではありません。

リツを英雄として扱ったのは彼だから。

しかし、⼩説を読んでいたケイルは、皇太⼦が最も嫌いな性格の⼈でした。

「とにかく、ケイル。皇太⼦殿下とは、ええと、あなたがすでに知っているように、そのような⼈と関わるのは疲れると思うので」

「⼼配しなくても大丈夫。家に帰るまで静かに過ごすつもりです。派⼿なのは好きじゃない」

しかし、彼がそう言った後、沈黙が部屋を満たしていることに気づく。

⼆⽇酔いに苦しんでいたケージ、そして優しい笑顔を浮かべたテイラー。

彼らは皆、ケイルを唖然と⾒つめていました。

「・・・なんでそんな⾵に俺を⾒る?」

皇太⼦は⾃分と同じような性格の持ち主から遠ざかる傾向があります。

そう考えているケイルの表情は、二人から見れば悪役のような笑顔だった。

彼らは今、⾸都の⾨にかなり近づいていた。

ケールの⾺⾞が向かっていた⾨は、庶⺠が使っていた⾨とは別の⾨です。

「実物は違うな・・・」

⾸都を囲む⼤きな壁。

壁にはさまざまな彫刻がありました。

ケイルはポケットから丸いペンダントを取り出し、テイラーに向かって投げた。

「準備を」

テイラーとケージは頭を頷き、ペンダントを両⼿の真ん中に置いてお互いの⼿を握りました。

魔法の装置が作動し始めます。

しばらくして、⾺⾞は貴族の⾨の外で⽌まります。

「マスター、⾸都の警備員が中を確認したいと」

ケールの⾜が⾺⾞のドアを蹴って開く。

彼は⽚⼿にボトルを持ち、もう⽚⽅の⼿にアルコールでいっぱいのグラスを持っていた。

「どうぞ」

⾺⾞の中はお酒の匂いでいっぱいでした。

ケイルの顔は紅潮していて、馬車の悪臭が昨夜から飲んでいたことを⾮常にはっきりと⽰しました。

警備員もあまり中を確認したくない表情を浮かべています。

「急いでくれないか?」

警備員は馬車の中を簡単に確認し、問題無いと判断した。

全て順調です。

「⾸都へようこそ」

ドアは完全に閉まり、⾺⾞は⾨を通り抜けた。

「⾸都へようこそ、だとさ」

その言葉を聞き、二人は笑いを抑えることが出来ませんでした。

ケイルたちは⾸都に到着した。

今回の見せ場は首都での検問ですね。

酔っ払いと偽ることで、馬車の中の調査を見事に妨害しました。

ケイルを知らない相手から見れば、只のろくでなしですが、知り合いから見ればとても頼もしい人物でしょう。

いよいよ首都に乗り込む事が出来ました。

これから物語はどう進むのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【27話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は27話をまとめまし...
伯爵家の暴れん坊になった【29話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は29話をまとめまし...

 

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...