伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【30話】ネタバレ




こんにちは、ちゃむです。

「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。

今回は30をまとめました。

2021年1月8日に販売停止となりました。

再開予定は未定となっておりますm(_ _)m

 

ちなみに韓国語は殆ど無知です。知り合いに韓国語を勉強していた方がいたので、協力してもらいながら勉強をしています♪

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...

 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

リツ:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...

 




 

30話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 原作とは違う展開

リツとラーク。そして、リツの後ろにはロザリンがいた。

「ハンス。何か飲み物を持ってきて」

「え?ああ、はい!」

ケイルはハンスを部屋に⼊れずにドアを閉めた。

「まずは彼を寝かせてください」

「はい」

リツは慎重にラークをベッドに寝かせる。

「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

ラークは苦しみから必死に耐えていた。

ケイルはそんな彼にリラックスするように言います。

「⽬を閉じて。我慢する必要はない」

自然とラークはその言葉に耳を傾ける事ができた。

狼族の王である彼の叔父も、ケイルと同じ言葉を言った事を思い出したから。

「ケイルさん、なぜラークはこんな状態に?」

リツはまだ不安なようだ。

⼩説の中で、彼はこの時点でラークに少しだけ⼼を開いていた。

「ポーションも効果が無いのです。ロザリンによると、狼族はポーションを使⽤できない部族らしくて。癒しの魔法も効かないようです。私は彼を守る必要があるのに」

「落ち着け」

「ケイルさん・・・」

「お前が俺を信頼しているなら、彼を俺に任せるんだ」

「・・・分かりました」

 



 

  • バーサクモード

ケイルはリツが落ち着いたことを確認した後、ロザリンに視線を向ける。

彼⼥はブレック王国の後継者です。

しかし、この天才魔導士はそのすべてを捨てる準備が出来ていました。

彼⼥はケイルよりもさらに明るい⾚い髪を持っていました。

彼⼥の視線は部屋の隅に集中していた。

「・・・このオーラ、この強いマナのオーラは!」

「はぁ」

ケイルの⼝からため息が出た。

ドラゴンはこの魔道⼠に興味を持っていたようです。

ブラックドラゴンはロザリンにマナを送り、ロザリンが夢にも思わなかったマナスキルを披露していた。

ケールは空っぽのテーブルに⽬を向け、静かに話し始めた。

「やめろ。じっとしなさい」

ほぼ瞬時に、ロザリンは深呼吸をして正常に戻りました。

「あなた一体」

ケイルは彼女の言葉を無視して、ラークを指さした。

「こっちの方が重要だ」

「そうね」

ロザリンの表情はすぐに落ち着きました。

「現在、ラークはどうなっているの?」

彼らがたった3⽇で⾸都に到着できたのは、おそらくロザリンがテレポート魔法を使ったからでしょう。

「あなたは魔道⼠ですよね?」

「ええ、そうよ」

「狼族のバーサクモードについて何か聞いたことは?」

「あ」

ロザリンは⼩さな⾳を出した。

「狼族のバーサクモードについて本で読んだことはあるわ。けれど、私はこのように熱くなり、痛みを感じることについて何も読んだことがない」

「それは彼が初めてだから」

「どういうこと?」

ケイルは部屋の中でラークを⾒ている⼈々に話した。

「獣⼈は⾝体の変化による⾁体的な痛みのために、初めてバーサクモードに⼊るときに正気を失う。彼らがこの最初の痛みを伴う変容を乗り越えれば、彼らはバーサクモードを武器として使うことが出来るでしょう」

ケイルは話し続ける前にラークの状況を観察した。

「彼はすぐに凶暴になるでしょう」

それから彼はロザリンを⾒た。

「あなたがどんな⼈かは分からないけれど、状況は分かったわ」

彼⼥はケイルに助けを求めていました、そして彼は助けることに同意していた。



 

  • 地下アリーナへ

ドアがノックされて、ハンスが飲み物と濡れたタオルを持ってきました。

ケイルはハンスに別の命令を出した。

「ハンス」

「はい、ケイル様」

「彼を地下訓練場に連れて⾏ってください。それと、すべての騎⼠がアリーナに入って来れないように」

「・・・かしこまりました」

様々な疑問がハンスの頭に浮かぶが、彼は自分の仕事を遂行することにした。

「リツ。それとあなたも」

「ロザリンよ」

「分かった、ロザリン」

⼆⼈はベッドから⽬をそらしてケイルを⾒た。

「⼆⼈は少し殴られる必要があります」

「・・・どういう意味?」

数秒の沈黙の後、ロザリンはショックを受けたように⾒えたが、リツはただ静かにケイルの続く⾔葉を待っていた。

「通常、狼族、虎族、熊族のような野獣の⾎を持った獣⼈が初めて凶暴になるのを経験するとき、彼らの両親と兄弟がその⼿伝いをします。彼らは全ての攻撃を受ける事で、バーサクモードを落ち着かせるのです」

ケイルは「破壊不可能な盾」を持っていたが、ラークのバーサクモードの世話をしたくなかった。

目の前に自分より強い⼈がいるのに、なぜ自分が介⼊しなければいけないのか?

ロザリンとリツはお互いを⾒つめた。

「ケイルさん、彼はどれくらいの間バーサクモードを維持しますか?」

「おそらく2時間くらいかな?」

ケイルはラークのベッドに近づき、リツの肩を軽く叩いた。

「他の⼈にとっては難しいでしょうが、リツ、お前にとっては簡単なはずだ。お前を信頼している」

「私は成功させます。私はラークの友人です」

ロザリンは奇妙な表情でリツに⽬を向けた。

常に周囲を警戒し緊張を保っていた彼が、目の前の相手に対しては非常にリラックスしているのだから。

「これが終わったら美味しいものを⾷べよう」

その瞬間にドアが開き、ハンスはラークを運ぶ準備が出来たと言う。

「行きましょう」

原作と展開が変わる事を、ケイルは想定済みだったようです。

原作通りだと、彼は首都に来ていませんしね。

これからも小説通りにはいかないでしょう。

まずはラークを元に戻すことが先決ですし、ケイルは盾を使用するのでしょうか?

ドラゴンに戦わせたら、ラークは無事では済まないでしょうし汗。

 

伯爵家の暴れん坊になった【29話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 今回は29話をまとめまし...

 

↓紹介している作品5つを僕の好きな作品順にしてみました^_^

ちゃむのおすすめランキング こんにちは、ちゃむです。 このサイトでは、漫画・小説アプリの「ピッコマ」作品の先の展開を紹介させていただいております。 ...

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「伯爵家の暴れん坊になった」の原作小説を紹介させていただきます。 2021年1...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語は殆ど無...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」の原作小説を紹介させていただきます。 ...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」の原作小説を紹介させていただきます。 ちなみに韓国語...