継母だけど娘が可愛すぎる

継母だけど娘が可愛すぎる【143話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。

今回は143をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

<鏡よ 鏡 この世で一番美しいのは誰?>

子供服のデザイナーとして生きていた私は過労死ししてしまい、気がつくと童話に入り込んでしまった。

しかも、美しい連れ子に嫉妬し、毒殺して夫に処刑される残忍な悪女になっていた!

可愛くて愛らしい我が娘ブランシュと仲良くなって愛情を注ぎたいのに…。

「君がブランシュの心配をするとは面白いな」

クズみたいな夫がいつも私の邪魔をしてくる!

「私もブランシュの親です。私を疑ったことを謝ってください」

「謝らなかったら?」

「今夜、殿下の寝所へ伺います」

アビゲール・プリドキン:本作の主人公。白雪姫ブランシュの継母。転生前はデザイナーで、ブランシュのことを気に入っている。

ブランシュ・プリドキン:アビゲールの義理の娘。自分を虐げてきたアビゲールの突然の変貌に困惑している。

セイブリアン・プリドキン:ネルゲン王国の国王。ブランシュの父で、アビゲールの夫。

クララ:新人侍女。

ミラード:セイブリアンの側近。

ジェレミー夫人:ブランシュの家庭教師でありシッター。

ストーク:公爵。セイブリアンに側室を迎えるように何度も勧めてくる。

ヴェリテ:真実を告げる鏡。

ミリアム:前王妃。ブランシュを産んで間もなくこの世を去った。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

143話 ネタバレ

継母だけど娘が可愛すぎる【142話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は142話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side レイブン

「ヴェリテの話がよく通じるようで嬉しいですね」

「はい!私も気が合う友達ができて嬉しいです!」

ふふふ、こんなに喜ぶのを見ると、もっと早く紹介してあげれば良かったと思う。

10年近く友人なしに過ごしてきたので、どれほど寂しかっただろうか。

「いっそのこと鏡部屋にある本体をブランシュの部屋に移してあげましょうか?」

「い、いいえ!大丈夫です」

ブランシュがビックリして手を振り、純朴に微笑む。

「ヴェリテはもともとお母様の友達じゃないですか。だから大丈夫です!後で3人で一緒に話したいです」

「それなら今から鏡の部屋に行きましょうか?」

「はい、もちろんです!」

ヴェリテも多分退屈しているだろう。

ブランシュは私が立ち上がる前に鏡の部屋の方に向かった。

ニヤリと笑いながら足を運ぶ途中、私を目を刺すような光に顔をしかめる。

ううん、なんだ?

片目だけを何とか開けたまま窓際を眺めた。

先ほど私の目を刺した光源は消え去っている。

「お母様?どうしたのですか?」

鏡の部屋に入ろうとしたブランシュが私の方を振り向く。

光がもたらした痛みは消えていなかった。

きっと何かがキラキラしたはずなのに・・・?

「ああ、ごめんなさい、ブランシュ。今行きます」

窓ガラスに日光が差したようだ。

私は瞬きをしながらブランシュと一緒に鏡の部屋い入る。

 



 

小鳥が羽ばたいていた。

日光を浴びた翼が目を刺すように鋭く輝く。

羽の色は黄金のように煌びやかな黄色。

いや、羽毛というには無理があるかもしれない。

その鳥には柔らかい羽の代わりにガラス張りの羽があった。

体の中を埋め尽くしたのも、やはり暖かい血ではなく黄色の魔力。

アビゲールの部屋の窓際にいた鳥は宙を飛びどこかに向かう。

鳥が向かう方向は宮殿の一番離れた場所。

偶然にも足が届かない部屋は窓が開いたままだった。

ガラスの鳥がその中に入る。

部屋の中で何かを夢中になって読んでいたレイブンが頭を上げた。

「来たんだ」

優しい声で歌うと、鳥がレイブンの人差し指に座る。

彼はそっと鳥の頭を撫でた。

一見ペットを大事にしている人のように見えたが、目つきは乾燥している。

「彼女は何の話をしていた?」

レイブンの声は鉄や銅板のように無気力で冷たくて強圧的だった。

そしてしばらくして、鳥のくちばしから誰かの声が流れ始める。

[・・・レイブン公爵様は・・・]

[・・・お世辞ではなくて・・・]

アビゲールとクララの声がちらほら聞こえてきた。

しかし、きちんとした内容は確認できない。

まるで遠くから盗み聞きしているようなものだ。

「やはり近くに置いておかないと無理だな」

レイブンの顔に失望した様子は見られない。

すでに予想していた結果だったからだ。

アビゲールにガラスの鳥をプレゼントして機能を説明するとき、彼は最も重要なことを説明しなかった。

この鳥が周辺の音を記録できるということを。

あの時、鳥の口から流れてきた演奏も鳥のものではなかった。

他の演奏者の演奏を記録しておいただけ。

アビゲールにガラスの鳥をプレゼントしたのも純粋な好意のためではない。

レイブンはガラスの鳥をアビゲールのそばに置いて、色々な話を盗み聞きする計画だったのだ。

断ってくるのを無理やり持たせたにもかかわらず、彼女は病気が治るや否や鳥を返してきた。

「クリーナーじゃなくて、これを最初に渡せば良かったかな?」

ガラスの鳥を返してもらった後、レイブンは今日のように時々鳥を飛ばしたりしている。

しかし、部屋の中に入ることはできないので窓際を回るのが精一杯だった。

しかし、関係なかった。

興味深い情報はこの前十分に得たのだから。

 



 

レイブンがもう一度鳥の頭を軽く触る。

すると、今回は先程よりハッキリとした音声が流れた。

[その鳥は一体何だ?]

[わぁ、ビックリした。何これ?]

それは少年の声。

最初はアビゲールの情夫だと思った。

続く話を聞く前までは。

[僕じゃなくて他の魔道具ができたの?]

[違うわ!さっきレイブンが強引に渡してきたものよ]

レイブンはヴェリテの声を聞きながらじっと笑う。

アビゲールの前で浮かべる能登は違う種類の微笑。

毒でも抱いたような陰険な微笑だった。

もともと彼が望んだ情報はセイブリアンに関するものだ。

アビゲール本人に大きな関心はない。

傲慢で愚かな女。

その程度が彼の感想だった。

死んだ後に蘇ったアビゲールが別人のように変わっても、特に興味はなかった。

しかし建国記念日。

セイブリアンがアビゲールと自分の間に割り込む姿を見て、彼の胸の中に微かな好奇心が湧いた。

「セイブリアンがああいう姿を見せるのは初めてだった。

レイブンは自分に向かっていた兄弟の瞳を思い出す。

普段の自分を見つめていたセイブリアンの瞳の中には湖があった。

凍った氷の湖。

どれほど厚く氷が張られたのか分からない湖が。

しかし、アビゲールを庇ったセイブリアンの瞳には湖がなかった。

ただ青い炎が灯っていただけ。

本当にセイブリアンは彼女を愛しているのだろうか?

その事実を確認したくてガラスの鳥をプレゼントしたのだ。

残念ながら寝室まで連れて行くことはできなかったので、二人の会話を聞くことは出来なかったが。

「それでも悪くはないね」

自我のある魔道具。

うまく利用すれば十分に面白い結果が得られるだろう。

レイブンは満足そうな声でアビゲールの声に耳を傾けた。

 



 

レイブン、アウト!

女性の部屋を盗聴するとは・・・、ドン引きです。

しかも、寝室まで盗聴するつもりでいたとは・・・。

セイブリアンに興味を示したのは、単なる好奇心?

それとも皇帝の座を狙って?

今のところは不明ですが、レイブンもヤバい人認定です。

継母だけど娘が可愛すぎる【144話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめまし...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...