【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ




 

こんにちは、ちゃむです。

「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 



 

<鏡よ 鏡 この世で一番美しいのは誰?>

子供服のデザイナーとして生きていた私は過労死ししてしまい、気がつくと童話に入り込んでしまった。

しかも、美しい連れ子に嫉妬し、毒殺して夫に処刑される残忍な悪女になっていた!

可愛くて愛らしい我が娘ブランシュと仲良くなって愛情を注ぎたいのに…。

「君がブランシュの心配をするとは面白いな」

クズみたいな夫がいつも私の邪魔をしてくる!

「私もブランシュの親です。私を疑ったことを謝ってください」

「謝らなかったら?」

「今夜、殿下の寝所へ伺います」

 

アビゲール・プリドキン:本作の主人公。白雪姫ブランシュの継母。転生前はデザイナーで、ブランシュのことを気に入っている。

ブランシュ・プリドキン:アビゲールの義理の娘。自分を虐げてきたアビゲールの突然の変貌に困惑している。

セイブリアン・プリドキン:ネルゲン王国の国王。ブランシュの父で、アビゲールの夫。

クララ:新人侍女。

ミラード:セイブリアンの側近。

ジェレミー夫人:ブランシュの家庭教師でありシッター。

ストーク:公爵。セイブリアンに側室を迎えるように何度も勧めてくる。

ヴェリテ:真実を告げる鏡。

ミリアム:前王妃。ブランシュを産んで間もなくこの世を去った。

 



 

各話リンク

第3章 真夏の夜のダンス

21 ジェレミー夫人の暗躍
22 妖精の翼
23 ナッツマック
24 私への褒賞
25 小さな騒ぎ?
26 三つの選択肢
27 幸せな時間
28 跡継ぎ問題
29 ダンスのお誘い
30 私と踊りましょう
31 建国祭のアイドルに!
32 ブランシュのファン
33 父娘のダンス
34 小さな前進
35 憂鬱なセイブリアン
36 娘の成長
37 深夜の訪問者
38 セイブリアンの過去
39 毎晩の約束
40 一歩ずつ
41 ストーク家の野望
42 シュミーズ・ドレス
43 母娘のダンス
44 カリンの挑発
45 レイブン・プレドキン
46 ダンスのお相手は?
47 ダンスの始まり
48 決意に満ちた瞳
49 息の合うパートナー
50 シャンデリアの光
51 茶髪の男
52 手の温もり
53 side セイブリアン

 



 

第4章 ティーパーティーは犬猿の仲と共に

54 二つのドレス
55 レティキュール
56 壮大な誤解
57 夫婦仲は?
58 叔母と姪
59 姪の言葉
60 友達
61 親友
62 特別な存在
63 カリンの逆襲
64 暖かい風
65 令嬢たちへの贈り物
66 お茶会の終わり
67 お似合いの夫婦

第5章 流行が広がる時

68 流行りが広がる時
69 秋のシーズン
70 side セイブリアン
71 ブランシュの悩み
72 セイブリアンからの贈り物
73 セイブリアンの悩み
74 王妃の好きなもの
75 予想外のプレゼント
76 レイブンからの贈り物
77 緊張の夜
78 止まる世界
79 愛らしい音色
80 心を畳む
81 母の手は薬の手
82 ブランシュのお願い
83 父親の看病
84 名無しの病
85 殺気の原因
86 会いたかった
87 家族
88 お見舞いの品
89 綺麗な黄色
90 ヒ素中毒
91 鏡の中の私
92 目を開けると
93 最高の誕生日

 



 

第6章 愛する我が子へ

94 結婚
95 原作の展開
96 大事な時間
97 政略結婚
98 婚約提案(漫画の続き)
99 過去、戦争、約束
100 魔法の時間
101 明け方の大騒ぎ
102 邪悪な陰謀
103 さまざまな形の幸せ
104 新しい寝床への道のり
105 親子3人で
106 おやすみのキス
107 雪原
108 優しさと強さ
109 マゴ・フリードキン大妃
110 side セイブリアン
111 side セイブリアン②
112 優しくて間抜けな子
113 暗い森の奥深く
114 11歳のお姫様
115 年頃の子供
116 義務、義務、義務
117 遅過ぎた甘え
118 最も明るく暖かい夜
119 私の義務
120 3種類の足跡

第7章 鏡の向こうで

121 女中たちのお喋り
122 新しい先生
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...