継母だけど娘が可愛すぎる

継母だけど娘が可愛すぎる【26話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。

今回は26をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

<鏡よ 鏡 この世で一番美しいのは誰?>

子供服のデザイナーとして生きていた私は過労死ししてしまい、気がつくと童話に入り込んでしまった。

しかも、美しい連れ子に嫉妬し、毒殺して夫に処刑される残忍な悪女になっていた!

可愛くて愛らしい我が娘ブランシュと仲良くなって愛情を注ぎたいのに…。

「君がブランシュの心配をするとは面白いな」

クズみたいな夫がいつも私の邪魔をしてくる!

「私もブランシュの親です。私を疑ったことを謝ってください」

「謝らなかったら?」

「今夜、殿下の寝所へ伺います」

アビゲール・プリドキン:本作の主人公。白雪姫ブランシュの継母。転生前はデザイナーで、ブランシュのことを気に入っている。

ブランシュ・プリドキン:アビゲールの義理の娘。自分を虐げてきたアビゲールの突然の変貌に困惑している。

セイブリアン・プリドキン:ネルゲン王国の国王。ブランシュの父で、アビゲールの夫。

クララ:新人侍女。

ミラード:セイブリアンの側近。

ジェレミー夫人:ブランシュの家庭教師でありシッター。

ストーク:公爵。セイブリアンに側室を迎えるように何度も勧めてくる。

ヴェリテ:真実を告げる鏡。

ミリアム:前王妃。ブランシュを産んで間もなくこの世を去った。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

26話 ネタバレ

継母だけど娘が可愛すぎる【25話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は25話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 三つの選択肢

「小さな騒ぎって言った?」

両目には憎悪が、手には怒りが満ちていた。

今すぐにでも、ジェレミー夫人の首を折って殺したいくらいに。

アビゲールが噴き出す威圧感に、彼女の膝が震えてきた。

「その、ただ少し目眩を感じるように・・・、ううっ、王妃様。痛いです・・・!」

「痛い?たかがこれしきのことで?ブランシュは死ぬところだったのよ」

アビゲールは歯軋りする。

ジェレミー夫人は彼女を悪魔と見間違うほどだった。

八つ裂きにして人を殺す悪魔だと。

「大人の私が食べても気を失うほどの量だったのよ。それを子供のブランシュが食べたら、失神で終わったと思う?」

それを聞くと、ジェレミー夫人は心臓がヒヤリとなる。

ナッツマックを手に入れる時、彼女は薬剤師に助言を求めたのだ。

死なずに失神する程度の量を教えてくれと。

しかし、薬剤師にはその対象が誰かについては触れていない。

薬剤師は当然大人を対象に使うものと考える。

まさかあんなものを子供に食べさせるとは微塵も考えていなかったからだ。

「私はあなたに申し訳なかったのよ。ブランシュについての教育を全てあなたに任せていたのに、突然のことで、私が憎いだろうと思っていたわ」

煌めく紫の瞳は、まるで獣のよう。

割れた破片のような声が飛び続けた。

「最初から私のことを狙っていたのなら許していたわ。けれど、どうしてブランシュに・・・、あなたが10年間世話をしてきた子供にそんなことをできるの?」

「私はただブランシュ姫がお腹を痛めるくらいだと思っていたので・・・」

「お腹の痛みくらい?ブランシュがお腹を痛めるのは大丈夫だと?あなたが娘のように育ててきた子供なのに!?」

 



 

ジェレミー夫人はそれ以上何も言えなかった。

アビゲールの怒りは活火山のよう。

彼女と向き合うと全身が焼けていくようだった。

顎が壊れるような苦痛も恐怖によって包まれる。

アビゲールはジェレミー夫人を睨み続けながら、彼女の顎から手を放す。

「あなたに3つの選択肢をあげるわ」

「3つ?」

ジェレミー夫人は魂の抜けた表情で彼女を見上げる。

アビゲールはつっけんどんな表情で人差し指を伸ばす。

「一つ、セイブリアンに自首すること」

ジェレミー夫人は驚愕した。

それは話にならないこと。

セイブリアンは血と涙が流れない君主で有名だった。

自分がストーク公爵の甥であっても、あの証拠がある以上は責任を免れないだろう。

アビゲールは人差し指に続いて中指を伸ばす。

「第二に、私から直接伝えます」

ジェレミー夫人は激怒した。

一つ目も二つ目も同じだから。

いずれにしても自分が厳罰を避けることはできない。

しかし、そのようなそぶりを見せるわけにはいかなかった。

ジェレミー夫人が卑屈な笑顔で尋ねる。

「三つ目は・・・?」

その質問に、アビゲールは指を折った。

そして今回は親指だけを一つ伸ばして、首元で横へ引っ張る。

「三つ目。今ここで私の手で死ぬことよ」

猟犬の前に置かれた獲物の心情を、ジェレミー夫人は痛感した。

アビゲールは地獄から来た審判者のようだった。

あの女は悪魔だ。

悪魔が現身下に違いない。

そうでなければ、どうしてこんなに凶悪な気配を吐き出せようか?

体がブルブル震えて何も言えなかった。

「さあ、どうする?」

このまま威圧感で圧死してしまいそうだ。

ジェレミー夫人は、あえて四つ目の選択肢を求めることができなかった。

 



 

「王妃様、あの知らせを聞きましたか?ジェレミー夫人が刑務所に入れられたそうです」

クララは極秘情報でも伝えるかのように、慎重な表情で報告した。

もちろん、私は既に知っている話だったが。

ジェレミー夫人は、私が提示した三つの選択肢の一つ目を選んだ。

自首する方が情状酌量の余地があるかもしれないのだから、当然の選択肢だろう。

自首したが、セイブリアンは彼女に死刑を宣告した。

「首がぶら下がって死ぬか、首を切られて死ぬか程度は選ばせてやろう」と言われて。

結果だけ言えば彼女は死ななかった。

監獄に行っただけ。

それは全てブランシュのおかげ。

ブランシュがショックを受けるのではないかと私は事実を隠した。

だが宮殿に広まる噂をすべて止めることはできず、結局彼女も内情を知るようになってしまった。

ブランシュはジェレミー夫人が死ぬという話を聞き、一日中泣いた。

そして、ミラードを通じて手紙を送ったという。

ジェレミー夫人を殺さないでくれと。

いくら悪人だとしても、自分を10年間育ててくれた乳母を死なせるわけにはいかなかったようだ。

その手紙を受け取った後、セイブリアンは懲役刑に刑罰を変えた。

他の人々が減刑を要請した時は、聞く耳をもたなかったのに。

それでも、自分の娘だから心が揺れたようだ。

セイブリアンも少しは変わっているみたいね。

いずれにせよ、ジェレミー夫人は刑務所にいるのだから、二度とブランシュに会わせるわけにはいかない。

もしも、また彼女に触れたら、流石に私も黙っていないだろう。

「ところで料理長は無事に帰ってきたの?」

「はい、料理長も復帰しました」

「良かったわ」

もしもヴェリテがいなかったら、色々と大変なことになるところだった。

「ところで今日はブランシュ姫と散歩する日ですよね?」

あ、そうそう!

クララの言葉に慌てて我に返る。

重要なことをすっかり忘れていたわ!

慌てて席を立つ。

「外出の準備をしましょう。ブランシュ姫を待たせないように急がないと」

 



 

ブランシュに手を出してはいけないと分かりましたね・・・。

アビゲールがどれだけブランシュを可愛く思っているかが分かります。

セイブリアンも少しずつ変わっているようですし、今後が楽しみですね♪

継母だけど娘が可愛すぎる【27話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は27話をまとめました...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...