継母だけど娘が可愛すぎる

継母だけど娘が可愛すぎる【25話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。

今回は25をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

<鏡よ 鏡 この世で一番美しいのは誰?>

子供服のデザイナーとして生きていた私は過労死ししてしまい、気がつくと童話に入り込んでしまった。

しかも、美しい連れ子に嫉妬し、毒殺して夫に処刑される残忍な悪女になっていた!

可愛くて愛らしい我が娘ブランシュと仲良くなって愛情を注ぎたいのに…。

「君がブランシュの心配をするとは面白いな」

クズみたいな夫がいつも私の邪魔をしてくる!

「私もブランシュの親です。私を疑ったことを謝ってください」

「謝らなかったら?」

「今夜、殿下の寝所へ伺います」

アビゲール・プリドキン:本作の主人公。白雪姫ブランシュの継母。転生前はデザイナーで、ブランシュのことを気に入っている。

ブランシュ・プリドキン:アビゲールの義理の娘。自分を虐げてきたアビゲールの突然の変貌に困惑している。

セイブリアン・プリドキン:ネルゲン王国の国王。ブランシュの父で、アビゲールの夫。

クララ:新人侍女。

ミラード:セイブリアンの側近。

ジェレミー夫人:ブランシュの家庭教師でありシッター。

ストーク:公爵。セイブリアンに側室を迎えるように何度も勧めてくる。

ヴェリテ:真実を告げる鏡。

ミリアム:前王妃。ブランシュを産んで間もなくこの世を去った。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

25話 ネタバレ

継母だけど娘が可愛すぎる【24話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は24話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 小さな騒ぎ?

仕事が面倒になってしまったジェレミー夫人は内心で愚痴をこぼしていた。

ブランシュ姫が食べるべきだった料理をアビゲールが食べてしまうなんて予想外だったから。

下女に聞いた話によると、アビゲールはナッツマックのせいでうわごとを言って倒れたそうだ。

幸い、自分が疑われることはなかった。

疑惑の視線が全て料理長に集まったおかげで。

死刑宣告を受けたとも聞く。

しかし、それはジェレミー夫人が知るところではなかった。

計画が一瞬のうちに水の泡となり、小さくため息をついていると、誰かがノックして中に入ってくる。

彼女はジェレミー夫人の女中。

「どうしたの?」

「ええと、それが・・・。王妃様がジェレミー夫人をお探しです」

アビゲールが?

一瞬だけ動揺したが、彼女はすぐに落ち着きを取り戻す。

なぜ探しているのか分からないが、ナッツマックの件ではないはず。

あの愚かな女には分かるはずがないのだから。

さぞや料理長の悪口を言って地団駄を踏んでいることだろう。

「そう、すぐに行くわ」

 



 

アビゲールの部屋に入ると、ソファに座っている彼女の姿が。

病弱な様子は見られない。

普段のように華やかで優雅な王妃の姿そのままだった。

視線が合った瞬間、ジェレミー夫人は何かおかしいことに気づく。

空気が濁っているのだ。

明るい昼間なのに暗くて、息が詰まる。

いつも表情が凶悪な女だったが、今日は次元が違った。

全身でジェレミー夫人への敵意が溢れ出ている。

毒をたくさん含んだ視線で中毒になってしまいそうだ。

どうにか平静を保って尋ねる。

「なぜ呼んだか、分かっていますか?」

刺すような声。

「いいえ、よく分かりません」

「ジェレミー夫人、あなたがブランシュの食事にナッツマックを入れたことは知っています」

涼しい刀が心臓に突き刺されるようだった。

ジェレミー夫人の微笑んだ顔が一瞬崩れる。

この女がどうやってそれを?

いや・・・、わけもなく自分を探り当てているだけだ。

「殿下、どういう意味でしょうか?私を憎まれていることは知っています。けれど、陥れるのは酷いです」

彼女の演技は絶品だった。

他の人が見れば、本当に彼女が濡れ衣を着せられたと思うほどに。

しかし、アビゲールは動じなかった。

むしろ、ジェレミー夫人が哀願すればするほど怒りがこもっていた。

 



 

「クララ、彼女を連れてきて」

クララは頷いて、部屋の奥から誰かを連れてくる。

彼女は、食事を運んでいた女中。

彼女は顔色が真っ青になって、ブルブル震えていた。

自分を裏切った女の髪を掴みたかったが、ひとまず我慢することに。

「この女は誰ですか?」

「あなたが最もよく知っている人ではないですか。あなたがナッツマックの粉を撒いたときに、隣にいた女中ですよね?」

「私はこの女を知りません。私を乳母の座から追い出しただけでは足りず、こんな濡れ衣まで着せるのですか?」

ジェレミー夫人は目に涙を浮かべた。

最後まで否定し、足掻きをしなければならない。

どうせ物的証拠はない。

セイブリアンに報告しないところを見ると、アビゲールだって確信がないのだろう。

「ジェレミー夫人」

アビゲールがゆっくりと歩いてきた。

男たちが狩りから帰ってくる姿を思い出される。

なぜ、彼女が猛獣のように感じられるのか?

どうして血に濡れた狩猟の口元を思い出してしまうのか?

「これを見ても嘘と言えるのか気になるな」

アビゲールが何かを差し出す。

それは小さな宝石箱のような形。

箱が開くと、その中には鏡が入っていた。

困惑していると、鏡の中から聞き慣れた声が聞こえてくる。

[すべてを元に戻そうとするだけよ]

それは自分の声。

ジェレミー夫人が慌てて鏡を覗き込むと、自分と下女が話している光景が見えた。

鏡には客間以外の場所が映っている。

食堂と厨房の連絡通路。

そこにはジェレミー夫人が料理を見ていて、ガラス瓶を取り出す姿が映っていた。

自分の顔は、ナッツマックを使って笑みを浮かべている。

その場面を目撃して、彼女の顔は水死体のように血色が消えていた。

小さいお肉に粉を撒いている。

ブランシュ姫を狙ったことは明らかな状況。

カチッという音と共に箱が閉まる。

「何か言いたいことがあれば言ってみなさい、ジェレミー夫人」

ジェレミー夫人はアビゲールの前に座り込んだ。

そして、哀切な眼差しと声でしがみつく。

「お許しください、殿下。私はただ・・・、乳母の席を取り戻したかっただけなのです。それでブランシュ姫に小さな騒動を___」

「小さな騒ぎ?」

アビゲールは片方の膝を折り、ジェレミー夫人と視線を合わせる。

そして、彼女の顎に手を伸ばして、しっかりと握った。

顎の骨を砕くような勢いで。

「小さな騒ぎって言った?」

 



 

アビゲールの本気の怒り。

ジェレミー夫人は生きて帰ることができるのでしょうか?

継母だけど娘が可愛すぎる【26話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は26話をまとめました...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【俺だけレベルアップな件】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「俺だけレベルアップな件」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 [休載]漫...