継母だけど娘が可愛すぎる

継母だけど娘が可愛すぎる【104話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。

今回は104をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

<鏡よ 鏡 この世で一番美しいのは誰?>

子供服のデザイナーとして生きていた私は過労死ししてしまい、気がつくと童話に入り込んでしまった。

しかも、美しい連れ子に嫉妬し、毒殺して夫に処刑される残忍な悪女になっていた!

可愛くて愛らしい我が娘ブランシュと仲良くなって愛情を注ぎたいのに…。

「君がブランシュの心配をするとは面白いな」

クズみたいな夫がいつも私の邪魔をしてくる!

「私もブランシュの親です。私を疑ったことを謝ってください」

「謝らなかったら?」

「今夜、殿下の寝所へ伺います」

アビゲール・プリドキン:本作の主人公。白雪姫ブランシュの継母。転生前はデザイナーで、ブランシュのことを気に入っている。

ブランシュ・プリドキン:アビゲールの義理の娘。自分を虐げてきたアビゲールの突然の変貌に困惑している。

セイブリアン・プリドキン:ネルゲン王国の国王。ブランシュの父で、アビゲールの夫。

クララ:新人侍女。

ミラード:セイブリアンの側近。

ジェレミー夫人:ブランシュの家庭教師でありシッター。

ストーク:公爵。セイブリアンに側室を迎えるように何度も勧めてくる。

ヴェリテ:真実を告げる鏡。

ミリアム:前王妃。ブランシュを産んで間もなくこの世を去った。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

104話 ネタバレ

継母だけど娘が可愛すぎる【103話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は103話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新しい寝床への道のり

「はい、私は大丈夫です」

本当は大丈夫だと言う代わりに、セイブリアン、あなたは大丈夫かと聞きたかった。

しかし、この場所は目が多い。

セイブリアンは黙々とブランシュを眺めていた。

「ブランシュは大妃殿下を覚えているか?」

「実はよく思い出せません・・・」

「君が3歳の時に帰ったから、覚えていないのは当然だ」

特に責める口調ではなかったので、ブランシュの表情はすぐに解けた。

ブランシュは好奇心いっぱいの目つきで尋ねる。

「あ、お父様。大妃様はどんな方ですか?」

食堂に入った後、終始静かだったセイブリアンの表情。

しかし、ブランシュの質問を聞くと、彼の瞳に波紋が広がった。

彼は何と答えるべきか迷っていた。

しばらく苦悩した末、ようやく答えを出す。

「お前に名前をくれた人だ」

「大妃様が私に名前をくれたのですね。ぜひお会いしたいです!」

「期待するな。すぐに帰る人なのだから、関心を持つ必要はない」

自分の実母に向けられたとは信じられない程に痩せ細った言語。

ブランシュはかなり困惑した様子だった。

若い使用人たちも沈黙していたが動揺している。

そぶりを見せないが、皆が彼を冷血漢だと思っているのだろう。

いいや、皆ではない。

アビゲールだけは、セイブリアンを冷血漢だと思っていなかったから。

この食堂にいる人たちの中で、アビゲールだけが彼の本質を理解していた。

いいや、この空の下にいる人の中で唯一セイブリアンを理解している人かもしれない。

冷ややかな雰囲気の中でセイブリアンとアビゲールの目が合う。

彼は淡々としていた。

アビゲール、あなたが私を理解してくれているなら、すべてが大丈夫。

何だかそう言われているような気がした。

 



 

夕闇が降りると、瞬く間に闇が舞い降りる。

夜10時。

いよいよ10時だ。

セイブリアンは時計を眺めていた。

同室を考えると、緊張で顔が固くなる。

深呼吸をして、最後に鏡の前で身なりを確認した。

ナイトガウンを羽織り、香水をつける。

クララにあらかじめアビゲールの好きな香りを聞いていたのだ。

緊張しながら部屋を出る。

新しい寝所への道のり。

不思議なほど喉が渇いてきた。

それだけでなく、誰かがノックしているように心臓が痛い。

なぜ夜になると胸痛が感じられるのだろうか?

後で医者に診てもらった方がいいかもしれない。

セイブリアンは新しい寝室に到着し、立ち止まった。

今日は自分の部屋に戻らない。

アビゲールと夜通し同じベッドに横たわり、彼女の顔を見ながら眠るだろう。

朝目覚めた時、彼女が自分のそばにいたら。

目を覚ました時、一番最初に見るのが彼女の顔なら。

陽射しの中で眠っているアビゲールの顔を浮かべると、思わず笑みが溢れる。

ドアの前に立っていた侍女の存在に気づき、訳もなく咳払いした。

「アビゲールは中にいるのか?」

「まだ来ておりません」

彼は頷いて先に寝室に入る。

中を見回すと、花園のように数多くの花が飾られていた。

新しく用意された寝室は綺麗で良い香りが漂う。

セイブリアンは訳もなく緊張して手を握って伸ばすことを繰り返した。

香水をつけたのは少しやり過ぎたかもしれない。

窓ガラスに何度も自分の姿を映してみる。

綺麗に整えてきたから気になる部分はないが、なんとなく気になって前髪だけ触った。

 



 

時間がかなり経ったようだが、時計を見るとまだ10分も経っていない。

どうしてこんなに時間が遅く感じるのだろうか。

そう思いながら部屋の中をうろつく。

すでに数ヶ月はアビゲールと一緒にベッドを使用したが、不思議なことに緊張した。

初夜の時もこれほど緊張していない。

いいや、むしろ今日が初夜のようだ。

そんなことを考えていたら、ドアが開く音が聞こえた。

「アビゲール、いらっしゃいまし・・・」

後ろを振り向いて話しかけるセイブリアンの声が途切れる。

「はい、来ました。それと・・・」

アビゲールは彼女の背中に視線を向けた。

するとスカートの裾の後ろに隠れていたブランシュがちらっと顔を出す。

「お、お父様。私も来ました・・・」

ブランシュは少し落ち込みながら、セイブリアンの顔色をうかがう。

彼は驚いたようで、少し口が開いていた。

 



 

いよいよ同室の時が訪れました!

とても緊張しているセイブリアンの様子が微笑ましいですね。

ブランシュも一緒に訪れましたが、セイブリアンの反応は?

継母だけど娘が可愛すぎる【105話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は105話をまとめまし...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...