継母だけど娘が可愛すぎる

継母だけど娘が可愛すぎる【245話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。

今回は245をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

<鏡よ 鏡 この世で一番美しいのは誰?>

子供服のデザイナーとして生きていた私は過労死ししてしまい、気がつくと童話に入り込んでしまった。

しかも、美しい連れ子に嫉妬し、毒殺して夫に処刑される残忍な悪女になっていた!

可愛くて愛らしい我が娘ブランシュと仲良くなって愛情を注ぎたいのに…。

「君がブランシュの心配をするとは面白いな」

クズみたいな夫がいつも私の邪魔をしてくる!

「私もブランシュの親です。私を疑ったことを謝ってください」

「謝らなかったら?」

「今夜、殿下の寝所へ伺います」

アビゲール・プリドキン:本作の主人公。白雪姫ブランシュの継母。転生前はデザイナーで、ブランシュのことを気に入っている。

ブランシュ・プリドキン:アビゲールの義理の娘。自分を虐げてきたアビゲールの突然の変貌に困惑している。

セイブリアン・プリドキン:ネルゲン王国の国王。ブランシュの父で、アビゲールの夫。

クララ:新人侍女。

ミラード:セイブリアンの側近。

ジェレミー夫人:ブランシュの家庭教師でありシッター。

ストーク:公爵。セイブリアンに側室を迎えるように何度も勧めてくる。

ヴェリテ:真実を告げる鏡。

ミリアム:前王妃。ブランシュを産んで間もなくこの世を去った。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

245話 ネタバレ

継母だけど娘が可愛すぎる【244話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は244話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 火傷患者②

「殿下、入ってもいいですか?」

それを聞いた後、セーブルの瞼がゆっくりと開く。

昼寝を邪魔された猛獣のように、彼は低くつぶやいた。

「許せない」

「殿下」

私が慌てて囁くと、彼はじっと目を丸くして私を見る。

「私が時間を奪いすぎているようですね。政務を妨害したくありませんので、これで失礼します」

「・・・そうですか」

物足りなさが濃く感じられたが仕方がない。

彼の邪魔にはなりたくなかったので、私は彼をなだめるように笑う。

「そして私も準備をしなければなりません。使節団を迎えるためには、たくさん勉強して勤勉に動かなければなりません」

その言葉に、セーブルはしばらく躊躇いながら口を開いた。

「正直に言って、あなたに使節団の接待をお願いしたくありませんでした」

「私のせいでナディアが宮殿を壊すんじゃないかと思ってですか?」

その言葉にセーブルは辛うじて笑う。

彼は首を横に振り、話し続けた。

「外部の人に宮殿が解放される時期は、様々な危険に晒されます。どんな者たちがこの機会を狙うか分かりません。ビビを暗殺しようとした者も捕まっていませんし」

「・・・」

「もちろん、二度とあなたをそのような危険に晒すことはありませんので、安心してください。実はそれより他のことが心配なのです」

「何が心配なのですか?」

「アトランシアは我々に敵対しているので、間者を植え付けたり、悪巧みを企てる可能性があります」

セーブルは心配そうに私を見つめる。

「あなたが彼らと好意と愛情で接しているのに、傷に戻されるのではないかと心配なのです」

 



 

セーブルが言ったように、私は今まで平和な交流だけを考えていた。

人魚と人間が敵対関係なのに。

私がこの件をあまりにも軽く考えていたようだ。

セーブルは私の手を注意深く取りながら言った。

「だから、あなたにこの仕事を任せたくありませんでした」

「命令を下してもよかったのに」

「私はビビの持ち主ではありませんから」

彼はそう言って、私の手を自分の頬に上げる。

「あなたが私の主人です」

セーブルがじっと目を閉じた。

私がどんな選択をしても尊重するように。

ああ、さっきキスをしてもいいって言えばよかった。

後悔が深い。

セーブルの口と頬、額すべてにキスしたかった。

私は辛うじて欲望を抑える。

「そう言ってくださって本当にありがとうございます」

「当然のことです。もしかしたら私が訳もなく怖がらせたのではないかと心配になります」

「少し心配です。私がミスをして両国の外交を台無しにするのではないかと怖くもあります。でも・・・」

以前ブランシュが言った言葉を思い出す。

王になりたい、王になってこの国を守りたい、私とセーブルが住むこの国を守りたいと言った。

「私は自分の手で、人魚たちがあなたの王国を愛させたいのです」

私は人魚と人間が和合することを望んだ。

人魚たちが人間たちを、この国を、セーブルの国を愛させたかった。

「この地に住む生命だけでなく、海のすべての生命まであなたを愛するようになればと思います」

私はこの世界があなたを愛するようにしたかった。

誰かは嘲笑うかもしれないこの猛々しい利己心が私の愛だ。

セーブルはしばらく黙って私を見ていた。

彼は私の空虚な言葉に添言する代わりに微かに笑う。

「本当にあなたを愛さずにはいられませんね」

 



 

ネルゲンにアトランシアの魚が到着した日。

夜明けの川は水の音もなく静寂だった。

そうするうちにふと、静けさの間で水面に映った月影が容赦無く揺れ始める。

しばらくすると、水の泡の間から人の形が現れ始めた。

水から上がってきた彼らは足を持っていたが、耳と首の付近を見ると人魚だった。

「やっぱり陸は気持ち悪いですね」

ある人魚が呟くと、他の人魚たちも同意するかのように頷く。

「グンヒルド王女様、着てください」

グンヒルドと呼ばれた者は、人魚の中で最も背が高く体格がよかった。

ナディアと同様に、濃い赤髪が印象的な女性。

「ありがとう、パノ」

一歩遅れてパノはここが陸地であることに気づき慌てた目になる。

「上下に動けないなんて、やっぱり地上は気持ち悪いところだね」

「申し訳ありません」

「よせ、お前のせいではない。ここがネルゲン王宮から一番近い川かな?」

「はい。今から歩き出せば、日が昇る頃に到着するはずです」

「じゃあ、早く出発しよう」

薄暗い夜明けの月明かりの下で、グンヒルドは一本の大剣のように忽然と輝いていた。

いいや、実際に剣が輝いていた。

彼女は波のような短剣を描き、憎しみと復讐心に目を光らせている。

「人間の王を殺してナディアを救わなければならないからね」

 



 

アビゲールは無事に準備を終わらせることができるのでしょうか?

そして人魚側の雰囲気が不穏です。

彼らはセイブリアンを殺そうとしているのでしょうか?

継母だけど娘が可愛すぎる【246話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は246話をまとめまし...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...
【できるメイド様】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「できるメイド様」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...
【優しいあなたを守る方法】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「優しいあなたを守る方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【セイレン〜悪党と契約家族になった〜】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載...