継母だけど娘が可愛すぎる

継母だけど娘が可愛すぎる【85話】ネタバレ




 

こんにちは、ちゃむです。

「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。

今回は85をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

<鏡よ 鏡 この世で一番美しいのは誰?>

子供服のデザイナーとして生きていた私は過労死ししてしまい、気がつくと童話に入り込んでしまった。

しかも、美しい連れ子に嫉妬し、毒殺して夫に処刑される残忍な悪女になっていた!

可愛くて愛らしい我が娘ブランシュと仲良くなって愛情を注ぎたいのに…。

「君がブランシュの心配をするとは面白いな」

クズみたいな夫がいつも私の邪魔をしてくる!

「私もブランシュの親です。私を疑ったことを謝ってください」

「謝らなかったら?」

「今夜、殿下の寝所へ伺います」

アビゲール・プリドキン:本作の主人公。白雪姫ブランシュの継母。転生前はデザイナーで、ブランシュのことを気に入っている。

ブランシュ・プリドキン:アビゲールの義理の娘。自分を虐げてきたアビゲールの突然の変貌に困惑している。

セイブリアン・プリドキン:ネルゲン王国の国王。ブランシュの父で、アビゲールの夫。

クララ:新人侍女。

ミラード:セイブリアンの側近。

ジェレミー夫人:ブランシュの家庭教師でありシッター。

ストーク:公爵。セイブリアンに側室を迎えるように何度も勧めてくる。

ヴェリテ:真実を告げる鏡。

ミリアム:前王妃。ブランシュを産んで間もなくこの世を去った。

【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

85話 ネタバレ

継母だけど娘が可愛すぎる【84話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は84話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 殺気の原因

彼らを罰しても腹いせに過ぎず、本質的な問題解決にはならない。

その事実を知りながらもセイブリアンは怒りを堪えることができなかった。

ミラードはその姿にあえて何も言わない。

ここまで怒気を現すセイブリアンを初めて見たようだ。

新婚当初、アビゲールが彼を何度も苦しめたときもこれほどではなかった。

今回の流行病はマシな方だ。

規模も大きくなく死亡者の数も少なくない。

不安な点があるとすれば、病気の原因が分からないということだけ。

それでもセイブリアンはいつにも増して鋭い殺気を放っている。

その殺気の起源をセイブリアンは知らなかった。

彼は不安だった。

怖かった。

絶壁に立った人が風一本にも震えるように危なかった。

もしアビゲールが死んだら・・・。

彼女が王宮から消えたら・・・。

彼はすでにアビゲールの死を一度経験していた。

今考えてみると、どうしてあんなに冷静だったのか理解できない。

当時アビゲールが死んだという知らせを聞いたとき、彼は悲しみやスッキリしない哀れみを感じた。

彼女を好きではなかった。

ただ可哀想に思った。

哀れな女で、権力の道具として利用され死んだ女性。

だから来世では二度と会わないようにしよう。

私たちはお互いに合う相手ではなかったから。

彼は棺に白いユリを投げ入れた。

けれど、もし今自分がアビゲールの棺の前に立つことになったら・・・。

あの時のように平然と棺の前に立っていられるだろうか?

アビゲールの葬式を思い出すと、お腹の中が焼けてしまいそうになる。

(絶対にダメだ。絶対に許されない)

絶対に彼女を死なせるわけにはいかない。

セイブリアンは歯軋りをした。

 



 

「今すぐ全ての大臣を呼べ」

「今すぐですか?」

秘書官はあえて反問した。

それは時刻が夜11時を過ぎているため。

「今すぐだ」

「殿下」

そばで見守っていたミラードが口を開く。

セイブリアンは睨みつけるように振り返った。

「落ち着いてください。明日の早朝に会議が予定されています。今彼らを呼ばなくても大きな差はないでしょう」

セイブリアンを近くで長い間補佐した者だけが言うべき忠言。

陳情せよという言葉だ。

セイブリアンの目が白々と覆われ、続く言葉に止まった。

「王妃様も殿下が冷静に対処することを願っているはずです」

アビゲールの名前はまるで雨のようだ。

乾いた野原を燃やしていた紅炎の上に雨が降るように、セイブリアンは冷静になる。

急に血が冷めると、彼はなぜかゾッとした。

先ほど興奮した自分を反芻したから。

彼が最も軽蔑する集団の一つは、感情に流されて物事を台無しにする者だ。

理性的に、冷徹に、王らしく・・・。

彼は常にそう生きてきた。

そうだったにもかかわらず、彼は一瞬すべてを忘れてしまった。

いつになく朧げで鈍く、臆病になっている。

なぜこんなに愚かになったのか?

なぜこんなにお転婆なことをしているのか?

セイブリアンはため息をついて口を開く。

「・・・退け。大臣たちは招集しなくてもいい」

「はい、分かりました」

甘雨のような下命。

秘書官は九死に一生を得た気持ちで、慌てて執務室を抜け出した。

 



 

辛うじてセイブリアンの胸を焦がしていた火は消えたが、煤は残っている。

「王妃様は大丈夫だと思います」

ミラードの慰めにも彼はしばらく答えなかった。

ただ自分の胸を撫で下ろすだけ。

「分かっている」

病気にかかっても死ぬものではない。

ブランシュも回復したので、アビゲールもすぐに病気を治すだろう。

十数人の人々が彼女のために働いているではないか。

けれどもしも・・・。

セイブリアンは唇を噛み締める。

本当に万が一、アビゲールが死んだら。

「退け、ミラード」

これ以上部下の前でおかしな姿を見せたくなかった。

ミラードは静かに立ち去る。

一人で残ると闇が重く感じられた。

怒りが漏れると、恐ろしさと懐かしさが空席を満たす。

アビゲールに会いたい。

いつも会いたかったが、今日は特に会いたい。

何度か彼女の元を訪ねたが、「今日は安静にしなければならない」という医師の言葉に、ドアの前で前でウロウロしていただけ。

話せなくてもいい。

遠くから髪の毛一本だけ見てもいいだろう。

これ以上我慢できなかった。

セイブリアンはアビゲールの寝室に向かう。

部屋に到着し主治医に話しかける。

「アビゲールは?」

「王妃殿下は今お休みになっておられます。今日の昼よりは調子は良くなりました」

その言葉を聞くと胸の中に空気が染み込んでいく。

「顔だけ見てくる」

最初から起こす気もない。

彼女がぐっすり眠っているなら良いことなのだから。

主治医は一度止めようとしたが、彼の人生のために口を開けられず頭を下げた。

セイブリアンは声を出さないように努力して中に入る。

 



 

アビゲールの死を一度経験しているセイブリアン。

再びアビゲールが死んだら、彼は立ち直ることができないでしょう。

体調は良くなったと言いますが、アビゲールの容態はどうなのでしょうか?

継母だけど娘が可愛すぎる【86話】ネタバレ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 今回は86話をまとめました...
【継母だけど娘が可愛すぎる】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「継母だけど娘が可愛すぎる」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【悪役のエンディングは死のみ】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪役のエンディングは死のみ」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【悪女が恋に落ちた時】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「悪女が恋に落ちた時」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【最強の王様、二度目の人生は何をする?】まとめ こんにちは、ちゃむです。 「最強の王様、二度目の人生は何をする?」を紹介させていただきます。 ネタバレ満...